ハスラー2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハスラー2
The Color of Money
監督 マーティン・スコセッシ
脚本 リチャード・プライス
製作 バーバラ・デ・フィーナ
アーヴィング・アクセルラッド
出演者 ポール・ニューマン
トム・クルーズ
音楽 ロビー・ロバートソン
撮影 ミヒャエル・バルハウス
編集 セルマ・スクーンメイカー
配給 アメリカ合衆国の旗 タッチストーン・ピクチャーズ
日本の旗 東宝
公開 アメリカ合衆国の旗 1986年10月17日
日本の旗 1986年12月23日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000
興行収入 $52,293,982[1]
前作 ハスラー
テンプレートを表示

ハスラー2』(The Color of Money)は、ウォルター・テヴィスの小説(角川文庫)。およびそれを原作にした、1986年制作のアメリカ映画。ポール・ニューマン主演の1961年公開の映画『ハスラー』(The Hustler)の、25年越しの続編である。ポール・ニューマンは本作の演技で、アカデミー主演男優賞を受賞している。


映画版は、日本で公開されると[2]ビリヤードブームを巻き起こし、都市部ではプールバーと呼ばれるビリヤードホールが相次いで開店した[2]。それまで主流だったキャロム・ビリヤードに代わりポケット・ビリヤード(別名プール)が台頭する契機となった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語版
ファースト・エディ ポール・ニューマン 川合伸旺
ヴィンセント トム・クルーズ 堀内賢雄
カルメン メアリー・エリザベス・マストラントニオ 高島雅羅
ジャネル ヘレン・シェイヴァー 来宮良子
ジュリアン ジョン・タトゥーロ
路上プレイヤー イギー・ポップ
アモス フォレスト・ウィテカー
演出:小山悟、翻訳:岩本令、調整:小野敦志、制作:東北新社、担当:山形淳二


ストーリー[編集]

原作の小説と映画では、かなりストーリーが異なる。原作では初老になったエディが主人公で、ヴィンセントはまったく出てこない。映画版はトム・クルーズ演じるヴィンセントが主役で、ポール・ニューマンのエディは脇役である。

映画[編集]

前作でミネソタ・ファッツと死闘を演じてから25年の歳月が経ち、かつて「ファースト・エディ」と異名をとった凄腕ハスラー、エディ(ポール・ニューマン)はいまや、頭には白いものがまじる50代。今は賭けビリヤードから足を洗い、セールスマンとして平凡に生計をたて、愛人のジャネル(ヘレン・シェイヴァー)との老後の生活のことなども考えていた。

ある日、エディは若いビリヤード・プレイヤー、ヴィンセント(トム・クルーズ)と出会った。天性を感じさせる腕前に、エディは若い頃の自分を思い出す。数カ月後にアトランティックシティでナインボールの大会があり、エディとヴィンセントは、その大会に参加することにした。ヴィンセントの恋人カルメン(メアリー・エリザベス・マストラントニオ)も加わり、アトランティックシティを目指す3人の武者修行の旅が始まった。この旅で、エディはヴィンセントにゲームの勝ち方、負け方、そして負けて金をかせぐ方法など、自分の知っていることをすべて伝え、一流の勝負師に育てようと思っていた。ヴィンセントはエディの指導を受け、また全米各地の強豪と野試合を重ね成長していく。だが2人のあいだにすれ違いもあり、アトランティックの大会には別々に参加することになった。勝ち上がっていった2人は、大会の準決勝で対戦する。


小説[編集]

前作でミネソタ・ファッツと死闘を演じてから25年の歳月が経ち、かつて「ファースト・エディ」と異名をとった凄腕ハスラー、エディはいまや頭には白いものがまじる50歳。今は賭けビリヤードから足を洗い、平凡な女性と結婚し、ビリヤード場を経営して生計をたてていた。だが彼の店は経営不振で人手にわたり、妻ともすれ違いから離婚する。昔のようにビリヤードで生計を立てようにも時代は変わり、また長年の市民生活のうちに彼のビリヤードの腕はすっかりなまっていた。

ある日、エディは今は海岸に隠棲してバード・ウォッチングをして暮らしているミネソタ・ファッツを訪問する。プロのビリヤード・プレイヤーになり、賞金を稼ぎたいと言う彼にファッツは「今の君には無理だ。昔の腕を取り戻したかったら、一日に8時間練習しろ。そして金を賭けて、いろいろな相手と勝負しろ」と忠告する。数カ月後にアトランティックシティで、ナインボールの大会があり、エディはその大会に参加することにした。愛人のアラベラとともに、アトランティックシティのビリヤード大会を目指すエディの武者修行の旅が始まった。

全米各地の強豪と野試合を重ね、徐々に勘を取り戻してゆくエディだったが、ある日エディは若いビリヤード・プレイヤー、クーリーと勝負した。天性を感じさせる腕前に、エディは屈辱的に敗れ去る。ショックでいったんはプロのビリヤード・プレイヤーになる夢をあきらめ、エディはレキシントンの町で、有り金をはたいてアラベラと小さな画廊を開く。うまくいきかけたその矢先、彼の画廊は放火されて全焼する。すべてを失ったエディは、ただひとつ残った愛用のバラブシュカを抱えてアトランティックシティの大会にやってきた。勝ち上がっていったエディは、大会の決勝戦でクーリーと対戦する。

脚注[編集]

  1. ^ The Color of Money (1986)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月4日閲覧。
  2. ^ a b CUE'S 2010年10月号(p.93)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]