カジノ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カジノ
Casino
監督 マーティン・スコセッシ
脚本 ニコラス・ピレッジ
マーティン・スコセッシ
製作 バーバラ・デ・フィーナ
出演者 ロバート・デ・ニーロ
シャロン・ストーン
ジョー・ペシ
音楽 ロビー・ロバートソン
撮影 ロバート・リチャードソン
編集 セルマ・スクーンメイカー
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル
日本の旗 ユニバーサル/UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年11月22日
日本の旗 1996年4月20日
上映時間 178分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $52,000,000
興行収入 $116,112,375[1]
テンプレートを表示

カジノ』(Casino)は1995年アメリカ映画。監督マーティン・スコセッシ、主演ロバート・デニーロ。ある天才賭博師を通じて、まだマフィアの支配下にあった70年代のラスベガスを描く。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
サム・”エース”・ロススティーン ロバート・デ・ニーロ 津嘉山正種
ジンジャー・マッケナ・ロススティーン シャロン・ストーン 勝生真沙子
ニコラス・”ニッキー”・サントロ ジョー・ペシ 樋浦勉
レスター・ダイアモンド ジェームズ・ウッズ 田中正彦
フランキー・マリーノ フランク・ビンセント
ビリー・シャーバート ドン・リックルズ 島香裕
レモ・ガッギ パスケル・カヤーノ 藤本譲
ドナルド・”ドン”・ウォード ジョン・ブルーム
フィリップ・グリーン ケヴィン・ポラック 伊藤和晃
パット・ウエブ L・Q・ジョーンズ 水野龍司
アンディ・ストーン アラン・キング 宝亀克寿
ジョン・ナンス ビル・アリソン
ドミニク・サントロ フィリップ・スリアーノ
アーティ・ピスカノ ビニー・ベラ
K.K.イチカワ ノブ・マツヒサ
チャーリー・”クリーン・フェイス”・クラーク リチャード・リール
ハリソン・ロバーツ上院議員 ディック・スマザーズ

物語[編集]

1970年代。全米で唯一賭博が合法な街ラスベガスはギャングに支配されていた。ベガス一のカジノ「タンジール」を仕切る"エース"ことサム・ロススティーンはプロのギャンブラー。かつてはシカゴで不法賭博で稼いでいたが、警察に追われ、賭博が許されるベガスにやってきて生活が一変。ただのノミ屋から、ロススティーン氏と呼ばれるほどにまでなった。

エースにとってギャンブルは仕事。確固たる情報を掴み理論的に賭け、ツキなどは一切信じない性格。そのため、次第にギャングから一目置かれるようになる。彼の助言に従えば確実に儲かるからだ。ギャングのボスを稼がせ喜ばせるのはエースにとって最高の安全保障であった。ボスたちにとって得がたい存在のエースに用心棒として幼馴染のニッキーが抜擢される。ニッキーは手の付けようがない悪党だった。

ボスたちの手下だったトラック運転手年金協会「チームスター」の会長アンディー・ストーンはフィリップ・グリーンに6275万ドルを融資し、グリーンは4件のカジノを買収する。しかしこれは売上金の横流しのためにグリーンを社長に据えただけで、すべてはアンディーの意図であった。そこでアンディーはカジノを仕切れるノミ屋を探しているときに、エースに白羽の矢を立てた。エースは過去の逮捕歴のためライセンスが下りないことを理由に断るが、ライセンスを申請中でもカジノを運営できることを知り了解する。ちなみにライセンスを申請するだけで定期的に肩書きを変えるだけでいい、とも助言を受けた。

こうしてエースはタンジールを仕切ることになった。エースにとって客は「ただツキだけに頼って賭けるカモ」でありたちまち店の売り上げは倍増。エースは客に賭けさせ続けるテクニックを持っていた。それだけでなく、スポーツブックや派手な興行なども発案しエースはベガスに新時代を到来させてタンジール帝国の実質のボスに。

そんなエースに転機が訪れたのはシカゴからニッキーがベガスに移り住むことになってからのこと。順風満帆だった生活に波風が立ち始める。 そしてエース自身も自らの「ツキなんてものは信じない」という掟を破り、自分を愛してもいない金の亡者のジンジャーとの結婚という大穴に手をだしたのが運の尽き。ベガスもエースもダイスと共に予期せぬ方向へと転がっていくことに・・・。

実在の話[編集]

この物語は、実際にあった70年代から80年代のベガスの激動の時代にあった話を題材にしており、"エース"も存在する。 モデルになった人物は、フランク・"レフティー"・ローゼンタールFrank Rosenthal、以下"レフティー")。 レフティーは当時、北ストリップ地区を代表するカジノスターダストに勤め、物語同様実質的なボスの座に就いていたが、ライセンスの関係上、雇われ社長としてアレン・グリック(物語上ではフィリップ・グリーン)が社長を勤めたが、実際にはレフティーが仕切っていた。

シャロン・ストーンが演じるジンジャーもジェリー・マクギー(Geraldine McGee)という実在する人物で、ベガスの古豪カジノ「トロピカーナ」でレフティーと出会いシーザースパレスで結婚式を挙げる。

レフティーはベガスに来る以前には故郷のシカゴで有名なノミ屋だったが、シカゴ、マイアミを経て60年代末にベガスに移り住み、友人の紹介で「スターダスト」での仕事を紹介される。 「スターダスト」はトラック運転手組合の委員長ジミー・ホッファが握る年金基金6200万ドルの融資を受けたアレン・グリックが経営した4軒のカジノのうちのひとつ。 やがてカジノを任されるようになったレフティーは出世をし、シカゴ時代からの幼馴染のアンソニー・"トニー"・スピロトロ(Anthony Spilotro、映画の中でのニッキー・サントロ)はレフティーの出世に刺激されてベガスに移り住み、レフティーの築いた地上の楽園を崩壊へと導いてしまう。

逸話[編集]

  • ニッキーを演じたジョー・ペシはモデルになったトニー・スピロトロと偶然にも体格が酷似しており(ペシは身長158cm、スピロトロは157cm)、関係者の中には本人と間違えてしまうほどだった。
  • 映画のエンディングテーマは物語のモデルになったカジノ「スターダスト」と同じホーギー・カーマイケルの"STARDUST"である。
  • カジノを映画化するにあたり、脚本家のニコラス・ピレッジはレフティーに取材を申し込んだが当初は拒否される。後に、デ・ニーロが主演で映画化されると発表されるとレフティーは喜んで取材を受け入れた。
  • 映画化された一連の出来事の後、レフティーはベガスから追放されたが、後に本人曰く「変装して何度か行った」と告白している。
  • 映画の撮影に使われたカジノ「リビエラ」はモデルになったレフティーの勤めていた「スターダスト」の向かい側に位置し、映画の中では「タンジール」という架空の名前になっている。
  • 映画の中で何度か描かれているデ・ニーロが乗ったキャデラックが爆破されるシーンは実際にあった出来事で、レフティー自身奇跡的に助かった。
  • 劇中に登場する日本人ギャンブラーK・K・イチカワは、山梨県の不動産会社社長・柏木昭男がモデル。カジノでの賭けの積極さから「戦士」と呼ばれたが、1992年1月3日に自宅兼事務所で何者かに殺害された(犯人は見つからず2007年に時効)。アメリカで有名となった料理人「ノブ・マツヒサ」こと松久信幸がイチカワを演じている。
  • レフティーらマフィア関係者の弁護を担当したオスカー・グッドマンは、彼本人が実名で演じている。彼は1999年から2011年までラスベガスの市長を務めた。
  • ニッキーとドミニクのサントロ兄弟の殺害シーンは、実際のスピロトロ兄弟の殺害事件を基にしている。アンソニー・スピロトロと弟マイケルは、1986年6月14日インディアナ州ジョゼフ・アイウッパ(映画の中でのレモ・ガッジ)が所有していたハンティングロッジへ呼び出され、バットで殴打された挙句にトウモロコシ畑に生き埋めにされ殺害された。

ベガスと登場人物(本人)のその後[編集]

  • トニー・スピロトロは上記の通り、トウモロコシ畑において弟のマイケルと共に撲殺され生き埋めにされる。
  • ジェリー・マギーは薬物の過剰摂取が原因で1982年11月9日にロサンゼルスで死亡。
  • レフティーは1988年に過去の些細な犯罪歴が原因でベガスから追放され、スターダストを去る。2008年死去。78歳没。
  • 「チームスター」のジミー・ホッファ会長は1975年7月30日に自宅を出たきり行方不明、1982年に死亡認定される。
  • マフィアのボスのジョゼフ・アイウッパは1986年に懲役28年の有罪判決を受け服役、89歳で出獄。1997年老衰で死去。
  • 「スターダスト」ホテル&カジノは2006年に営業停止、2007年3月に爆破解体。現在はスターダストを運営していたBOYD Gaming社が再開発プロジェクト「エシュロンプレイス」を建設中だが、不況の影響で建設工事が中断。当初2010年開業予定だったが、2009年度中の工事再開の見通しまでもたっていない。
  • 「カジノ」のロケが行われた「リビエラ」は2009年3月末に約400万ドルの利払いの債務不履行に陥る。破産手続きが取られているが営業は続けている。

脚注[編集]

  1. ^ Casino (1995)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月4日閲覧。

外部リンク[編集]