ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト
Shine a Light
監督 マーティン・スコセッシ
出演者 ミック・ジャガー
キース・リチャーズ
チャーリー・ワッツ
ロン・ウッド
ジャック・ホワイト
バディ・ガイ
クリスティーナ・アギレラ
撮影 ロバート・リチャードソン
公開 ドイツの旗 2008年2月7日BIFFアメリカ合衆国の旗 2008年4月4日
日本の旗 2008年12月5日
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』(Shine a Light)は、2008年アメリカ映画ローリング・ストーンズが、2006年に行ったビーコン・シアターでの慈善コンサートの模様を舞台裏も交えて収録した、音楽ドキュメンタリーである。監督は、アカデミー賞監督のマーティン・スコセッシ。『ディパーテッド』でのアカデミー賞監督賞受賞後、初の作品でもある。

2008年2月7日にベルリン国際映画祭で先行上映され、その後一般公開された。

曲目[編集]

特筆無い限りジャガー/リチャーズ作詞作曲。

  1. ジャンピン・ジャック・フラッシュ - Jumpin' Jack Flash
  2. シャッタード - Shattered
  3. シー・ワズ・ホット - She Was Hot
  4. オール・ダウン・ザ・ライン - All Down the Line
  5. ラヴィング・カップ(with ジャック・ホワイト) - Loving Cup
  6. アズ・ティアーズ・ゴー・バイ(涙あふれて) - As Tears Go By (Jagger/Richards/Oldham)
  7. サム・ガールズ - Some Girls
  8. ジャスト・マイ・イマジネーション - Just My Imagination (Norman Whitfield/Barrett Strong)
  9. ファー・アウェイ・アイズ - Far Away Eyes
  10. シャンペン・アンド・リーファー(with バディ・ガイ) - Champagne & Reefer (Muddy Waters)
  11. ダイスをころがせ - Tumbling Dice
  12. バンド紹介 - Band introductions
  13. ユー・ガット・ザ・シルヴァー - You Got the Silver (曲の途中で1999年のインタビューが入る)
  14. コネクション - Connection
  15. 悪魔を憐れむ歌 - Sympathy for the Devil
  16. リヴ・ウィズ・ミー(with クリスティーナ・アギレラ) - Live With Me
  17. スタート・ミー・アップ - Start Me Up
  18. ブラウン・シュガー - Brown Sugar
  19. サティスファクション - (I Can't Get No) Satisfaction
  20. ライトを照らせ - Shine a Light (音声のみ。曲の途中でフェードアウト)

なお、以下の曲目も、終わりのスタッフ・ロールで流れる。共に、アコースティックでインストゥルメンタル。

  • ワイルド・ホース - Wild Horses
  • Only Found Out Yesterday (Richards)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]