明日に処刑を…

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
明日に処刑を…
Boxcar Bertha
監督 マーティン・スコセッシ
脚本 ベン・ライトマン(著書『Sisters of the Road』)
製作 ロジャー・コーマン
出演者 バーバラ・ハーシー
デイヴィッド・キャラダイン
音楽 ギブ・グヴィルボー
サド・マクスウェル
撮影 ジョン・M・スティーヴンス
配給 アメリカン・インターナショナル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1972年6月14日
日本の旗 1976年11月20日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 60万ドル
テンプレートを表示

明日に処刑を…』(: Boxcar Bertha1972年)は高評価を受けているマーティン・スコセッシ監督の最初期の映画作品群のうちの一本であり、小説『Sister of the Road』のかなり自由奔放な映画化である。この本は過激派にして渡り労働者であるバーサ・トンプソンについての自伝小説であり、作者は医師のベン・ライトマン。この映画はプロデューサーロジャー・コーマンの有名なエクスプロイテーション映画のうちの一つであり、60万ドルというかなりの低予算で作られた。スコセッシはこの作品から映画をすばやく経済的に作る方法を学んだ。

登場人物のバーサ・トンプソンは実在の人物だと長いあいだ一般に思われてきたが、実際はライトマンが自分の身の上話とさまざまな知人の女性たちの身の上話を組み合わせて創作した人物である。

キャスト[編集]

あらすじ[編集]

1930年代のアメリカで、ホーボーのバーサは、労働組合の活動家で無政府主義者のビルと恋に落ちたが、ビルはいずこへと去ってしまった。 レイクとともにイカサマをはたいていたところ、バーサはビルと再会するが、ビルとレイクは逮捕された。

エピソード[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ebert, Roger; "Boxcar Bertha"; July 19, 1972 Review at Roger Ebert's website

関連項目[編集]

外部リンク[編集]