ケープ・フィアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケープ・フィアー
Cape Fear
監督 マーティン・スコセッシ
脚本 ウェズリー・ストリック
製作 バーバラ・デ・フィーナ
製作総指揮 キャスリーン・ケネディ
フランク・マーシャル
出演者 ロバート・デ・ニーロ
ニック・ノルティ
ジェシカ・ラング
ジュリエット・ルイス
音楽 バーナード・ハーマン
撮影 フレディ・フランシス
編集 セルマ・スクーンメイカー
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニヴァーサル映画
日本の旗 ユニヴァーサル映画/UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年11月15日
日本の旗 1991年12月21日
上映時間 127分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000 (概算)
興行収入 $79,091,969[1] アメリカ合衆国の旗
$182,291,969[1]
テンプレートを表示

ケープ・フィアー』(Cape Fear)は、1991年アメリカ映画1962年に公開された『恐怖の岬』のリメイクである。

憎悪と復讐心を蓄えた服役中の男とその復讐相手にされてしまった担当弁護士及びその家族を描くサイコスリラー映画

両作品とも英語圏での公開作品名(原題)は "Cape Fear" である。邦題は『ケープ・フィアー』が1991年のものを指している。以下では、この区別に従って1991年の作品について主に記述する。

概要[編集]

1962年の『恐怖の岬』(J・リー・トンプソン監督)をマーティン・スコセッシ監督がリメイクしたものである。ロバート・デ・ニーロが異常で執念深い犯罪者を演じ、マックスの素性を知らない時点での出会いから本性を現す時点までを接することとなる弁護士の娘をジュリエット・ルイスが演じ、それぞれアカデミー賞候補になったが受賞は逃した。

オリジナル版で主人公の弁護士役だったグレゴリー・ペックが犯人の弁護士を演じ、犯人役のロバート・ミッチャムが主人公の友人の警部、主人公の友人の警察署長役のマーティン・バルサムが犯人に有利な採決を下す裁判官役というひねりの効いた役でカメオ出演している。また、ロバート・デ・ニーロの身体に彫られた派手ないれずみは『狩人の夜』でロバート・ミッチャムが演じたいかさま牧師のいれずみに基づいている。

音楽はオリジナルのバーナード・ハーマンによるスコアをエルマー・バーンスタインが編曲・指揮したものが用いられている。また同じくバーナード・ハーマンアルフレッド・ヒッチコック監督『引き裂かれたカーテン』のために作曲しながら未使用になっていた曲もクライマックスで使われている。撮影に英国の60年代ホラー映画で名高いフレディ・フランシス、美術にヒッチコック監督『めまい』のヘンリー・バムステッド、タイトル・シークエンスにはやはりヒッチコック作品で知られるソウル・バスが起用されるなど、古典的なスリラーの伝統を踏まえながらも、それらを再構築する演出意図が随所に見られる。

製作総指揮の一人には(ノン・クレジットで)スティーヴン・スピルバーグも含まれている。製作会社はスピルバーグのアンブリン・エンターテインメントである。当初は彼が再映画化権を取得、自分で監督しようと考えていたが、最終的にはスコセッシが撮ることになった。スピルバーグはマーティン・スコセッシに『シンドラーのリスト』の方を監督して欲しいと依頼していたのだが、スコセッシがこれはスピルバーグ自身が監督すべき映画だと応え、代わりに本作の演出を引き受けたからである。

あらすじ[編集]

マックス・ケイディが刑務所から出たその日、空には不吉な暗雲が立ち込めた。そして彼の心の中にも、同じようなどす黒い思いが満ちていた。

14年前、マックスは16歳の少女に暴行を働いた罪で逮捕され、法廷で裁かれた。強姦ではなく暴行に対する判決が下った。犯した罪に比べ軽微に済んだとも言えたが、彼は実刑が確定したことに不服を感じていた。そこでマックスは刑期を勤めながら、読み書きを習い、法律を学び、自らを弁護する手続きをとって社会復帰を試みてきた。しかしそれらが無駄に終わり、なお続く屈辱的な境遇を呪ったとき、心の中に一人の男への復讐の念が芽生えた。それは裁判のとき、自分を庇わなかった弁護士のサム・ボーデンである。

公選弁護人のサムは、マックスよりもむしろ無残に傷つけられた少女の方に思い入れ、依頼人の罪が重くなるように立ち回った。少女が性的に素行不良だったという証言も、少女の不利になると考え握りつぶした。マックスはそれを知り、許されざる裏切りと考えた。サムに対する復讐の念は、いつしか身体中に彫りこまれた刺青の文字そのままに、彼の心にも深く、強く刻み込まれた宿願となった。

刑期を終え、ついに自由を手に入れたマックス。彼は平和に暮らすサムとその家族の前に姿を現し、さっそく行動を開始する。とどまることなくエスカレートしていく陰湿な嫌がらせに恐怖を感じたサムは家族を守ろうと奔走するが、マックスの力を押しとどめることはできず、やがてその恐ろしい本性に打ちのめされていく。

登場人物[編集]

  • マックス・ケイディ
凶悪な暴行魔。14年間服役したが、その間、自分の弁護をまともにしなかったサムを逆恨みし、刑務所内で読み書きと法律を学び、出所後、お礼参りとして法に触れない様々な形でサムに嫌がらせをする。
  • サム・ボーデン
弁護士。マックスが起こした暴行事件の裁判で彼の弁護を担当したが、レイプ犯罪を憎むあまり、被害者にも問題があった事をもみ消す。その結果、マックスは有罪となり服役、彼の逆恨みを買う事になる。
  • リー・ボーデン
サムの妻。グラフィック・デザイナー
  • ダニエル・ボーデン
サムの娘。高校生。問題を次々に起こし、退学寸前にまで追い込まれている。マックスに惹かれる。
  • クロード・カーセク
私立探偵。裏の世界にも顔が利く。サムの依頼でマックスを様々な形で遠ざけようと画策するが、いずれも失敗、最後はマックスを不法侵入に対する正当防衛で殺害しようと試みたが、逆にマックスの罠にはまり、殺された。
  • エルガート
地元警察の警部。サムの協力者。
  • リー・ヘラー
マックスの弁護人。サムを暴行教唆で告訴する。
  • ローリー・デービス
サムの同僚で不倫相手。そこに目を付けたマックスの罠にはまり暴行を受け重傷を負ったが、サムからの告訴の勧めをかたくなに拒否する。
  • 裁判長
サムの暴行教唆に対し、サムにマックスへの接近を禁ずる判決を下す。この時、マックス・“キャディ”と名前を言い間違える。
  • トム・ブロードベント
サムの同僚弁護士。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日
マックス・ケイディ ロバート・デ・ニーロ 樋浦勉 磯部勉
サム・ボーデン ニック・ノルティ 小川真司
リー・ボーデン ジェシカ・ラング 一城みゆ希 高島雅羅
ダニエル・ボーデン ジュリエット・ルイス 松本梨香 渕崎ゆり子
クロード・カーセク ジョー・ドン・ベイカー 飯塚昭三 増岡弘
エルガート ロバート・ミッチャム
(オリジナル版ではマックス役)
加藤精三 小林清志
リー・ヘラー グレゴリー・ペック
(オリジナル版ではサム役)
内田稔 大木民夫
ローリー・デービス イリーナ・ダグラス 鵜飼るみ子
トム・ブロードベント フレッド・トンプソン 藤本譲
グラシエラ スリー・モンテロ
フルーツスタンドの客 チャールズ・スコセッシ
裁判長 マーティン・バルサム
(オリジナル版では警察署長役)
筈見純
制作:グロービジョン、演出:左近允洋、翻訳:平田勝茂、調整:高橋久義、プロデューサー:圓井一夫

ソフト化[編集]

VHS
  • ケープ・フィアー(字幕スーパー版・日本語吹替版・ワイドスクリーン版)(CICビクター・ビデオ、1992年8月16日・1993年7月21日発売)
DVD
  • ケープ・フィアー デラックス・コレクターズ・エディション(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、DVD2枚組、2001年11月22日発売)
  • 「ケープ・フィアー」「恐怖の岬」ツイン・パック (ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、DVD3枚組、2001年11月22日発売)
  • ザ・インタープリター + ケープ・フィアー(ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン、DVD3枚組、2001年11月22日発売)
  • ケープ・フィアー <期間限定生産>(ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン、DVD1枚組、2003年4月18日・2005年7月1日発売)
  • ケープ・フィアー <【UPJ】1枚買って1枚もらえる!キャンペーン第4弾商品>(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、DVD1枚組、2004年11月26日発売)
  • ケープ・フィアー <初回限定生産>(ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン、DVD1枚組、2006年11月30日・2008年7月10日・2009年3月12日発売)
  • ロバート・デ・ニーロ ベスト・パフォーマンス・コレクション(ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン、DVD6枚組、2008年9月11日発売)
  • ケープ・フィアー(ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント、DVD1枚組、2012年9月26日発売)
BD
  • ケープ・フィアー(ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント、BD1枚組、2011年11月23日・2012年9月26日発売)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Cape Fear (1991)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月4日閲覧。