ジョー・ドン・ベイカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョー・ドン・ベイカー
Joe Don Baker
生年月日 1936年2月12日(78歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカテキサス州
ジャンル 俳優
活動期間 1967年 -
配偶者 マリア・ドロレス・リヴェロ=トーレス
主な作品
007 リビング・デイライツ
007 ゴールデンアイ
007 トゥモロー・ネバー・ダイ
マーズ・アタック!
ケープ・フィアー

ジョー・ドン・ベイカーJoe Don Baker, 1936年2月12日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州生まれの俳優

来歴[編集]

1936年テキサス州グローズベックに生まれる。カレッジ在学中から演技を始め、カレッジ卒業後に軍隊へ入隊した後は、軍の演劇学校に入学する。除隊後は様々な職をこなす傍ら、アクターズ・スタジオで演技を本格的に勉強し始める。

1964年にニューヨークで初舞台を踏み、テレビなどで活動した後に、1967年暴力脱獄』で映画デビューを果たす。1969年には、ブロードウェイデビュー。1972年に出演したサム・ペキンパー監督の『ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦』では再びスティーブ・マックイーンと共演し、劇中ではマックイーンの弟役を演じた。

それ以後も個性的な役柄で、アクション西部劇など多くの映画で活躍している。『007』シリーズではティモシー・ダルトン版とピアース・ブロスナン版の両方において、敵側と味方側とそれぞれ違う役柄で登場している。

出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1967 暴力脱獄
Cool Hand Luke
1969 新・荒野の七人 馬上の決闘
Guns of the Magnificent Seven
1972 ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦
Junior Bonner
1973 突破口!
Charley Varrick
モリー
組織
The Outlift
ウォーキング・トール
Walking Tall
1976 アドベンチャー・ラリー
Crash
1977 怒りの群れ
The Pack
1983 死霊のかぼちゃ 13回目のハロウィーン
Wacho
1984 ナチュラル
Natural
1985 フレッチ/殺人方程式
Fletch
1987 007 リビング・デイライツ
The Living Daylights
ブラッド・ウィティカー
ビル・コスビーのそれ行けレオナルド
Leonard Part 6
1991 ケープ・フィアー
Cape Fear
カーセク
1992 ホワイトハウス狂騒曲
The Distinguish Gentleman
オラフ・アンダーソン
1994 リアリティ・バイツ
Reality Bites
リレイナの父
1995 007 ゴールデンアイ
Goldeneye
ジャック・ウェイド
コンゴ
Congo
R・B・トラヴィス
パンサー
Panther
ブリマー
1996 マーズ・アタック!
Mars Attacks!
リッチーの父
1997 007 トゥモロー・ネバー・ダイ
Tomorrow Never Dies
ジャック・ウェイド
2005 デュークス・オブ・ハザード
The Dukes of Hazzard
ジム・アップルホワイト
2012 MUD -マッド-
Mud
キング

テレビシリーズ[編集]

公開年 日本語題
原題
役名 備考
1966-1969 ガンスモーク
Gunsmoke
計2話出演
1968 ボナンザ
Bonanza
ルーク・ハーパー 第10シーズン第4話「The Real People of Muddy Creek」
1970 FBI
The F.B.I
第5シーズン第22話「Summer Terror」
1971 スパイ大作戦
Mission Impossible
第6シーズン第6話「奇跡の心臓移植」
1972 鬼警部アイアンサイド
Ironside
第6シーズン第5話「Camera... Action... Murder!」
1979 特捜警部アイシャイド
Eischied
アール・アイシャイド 計13話出演

外部リンク[編集]