リアリティ・バイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リアリティ・バイツ
Reality Bites
監督 ベン・スティラー
脚本 ヘレン・チャイルドレス
製作 ダニー・デヴィート
マイケル・シャンバーグ
製作総指揮 ステイシー・シェール
ウィリアム・バークレイ・マルコム
音楽 カール・ワリンジャー
主題歌 リサ・ローブ
撮影 エマニュエル・ルベツキ
編集 リサ・ゼノ・チャーギン
ジョン・スペンス
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年2月18日
日本の旗 1994年12月10日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $11,000,000
興行収入 $33,351,557[1]
テンプレートを表示

リアリティ・バイツ』(Reality Bites)は、1994年アメリカ合衆国の映画恋愛映画青春映画ベン・スティラーの初監督作品。

概要[編集]

1990年代のいわゆるジェネレーションXMTV世代を描いた映画。原題の "Reality Bites" からも分かる通り、厳しい現実(現実が噛み付いてくる=現実に直面する=厳しい現実)に立ち向かう4人の若者を描いた青春群像劇

ザ・ナックビッグ・マウンテンU2レニー・クラヴィッツダイナソーJr.リサ・ローブ&ナイン・ストーリーズらの曲が全篇を彩っている。

ストーリー[編集]

大学を総代で卒業したリレイナはTV局の契約社員として働き始めるが、ひょんなことからクビになってしまう。そんな時、同じように仕事をクビになった大学生時代の男友達トロイとサミーが、リレイナと親友のヴィッキーが住むアパートに転がり込んでくる。4人は半ば強引に共同生活を始める。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

主な登場人物

リレイナ (Lelaina Pierce) : ウィノナ・ライダー(日本語吹き替え:小林優子)
大学を総代で卒業した優秀な学生だった自分と、現実のつまらない仕事(TV局のAD)の狭間で悩む。ドキュメンタリー制作の仕事を夢見ており、自分たちの生活をビデオカメラで時折撮影している。
トロイ (Troy Dyer) : イーサン・ホーク(日本語吹き替え:関俊彦)
リレイナの男友達。哲学科に在籍していたが、中退してしまう。頭は良いようだが、現実を斜めから見ているひねくれ者。真面目に働くのがバカらしいと感じている。バンドボーカルをしている。
ヴィッキー (Vickie Miner) : ジャニーン・ガラファロー(日本語吹き替え:喜田あゆみ)
リレイナの女友達。リレイナと共同生活をしている。大学卒業後はGAPで働いている。男性経験は豊富だが、真剣な恋愛には無関心。HIVへの感染を心配している。
サミー (Sammy Gray) : スティーヴ・ザーン(日本語吹き替え:高木渉)
トロイの男友達。ゲイである自分と両親との関係に悩んでいる。
マイケル (Michael Grates) : ベン・スティラー(日本語吹き替え:堀内賢雄)
MTVの編集局長。ひょんなことからリレイナと出会う。

その他

サウンドトラック[編集]

  1. My Sharona / ザ・ナック
  2. Spin The Bottle / Juliana Hatfield Three
  3. Bed Of Roses / The Indians
  4. When You Come Back To Me / World Party
  5. Going, Going, Gone / The Posies
  6. Stay / リサ・ローブ&ナイン・ストーリーズ
  7. All I Want Is You / U2
  8. Locked Out / Crowded House
  9. Spinning Around Over / レニー・クラヴィッツ
  10. I'm Nuthin' / イーサン・ホーク
  11. Turnip Farm / ダイナソーJr.
  12. Revival / Me Phi Me
  13. Tempted / スクィーズ
  14. Baby, I Love Your Way / ビッグ・マウンテン
    本編ではオリジナルのピーター・フランプトンのヴァージョンが使われている。
  15. Rock & Roll (Part 2) / ゲイリー・グリッター

参考文献[編集]

  1. ^ Reality Bites”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年2月6日閲覧。

外部リンク[編集]