ドアをノックするのは誰?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドアをノックするのは誰?
Who's That Knocking at My Door
監督 マーティン・スコセッシ
脚本 マーティン・スコセッシ
製作 ヘーグ・マヌージアン
ベツィ・マヌージアン
ジョセフ・ウェール
出演者 ハーヴェイ・カイテル
ジーナ・ビートゥン
Anne Collette
撮影 マイケル・ウォドリー
リチャード・コル
マックス・フィッシャー
編集 セルマ・スクーンメイカー
公開 アメリカ合衆国の旗 1967年11月15日(シカゴ)
日本の旗 劇場未公開
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 7万5000ドル
テンプレートを表示

ドアをノックするのは誰?』(Who's That Knocking at My Door)は、1967年に公開されたマーティン・スコセッシ監督初のフィーチャー映画で、最初は『I Call First』というタイトルがつけられていた。後年のスコセッシの映画『ミーン・ストリート』のテーマと同様のカトリック教徒の罪悪感というテーマを追求しつつ、本作品の物語はイタリア系アメリカ人のJ.R.(ハーヴェイ・カイテル。本作でデビューした)が、彼のガールフレンド(ジーナ・ビートゥン)が隠している秘密を受け入れようともがく様子を扱っている。本作品は1967年のシカゴ国際映画祭で受賞した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]