クラッシュ・バンディクー3 ブッとび!世界一周

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラッシュ・バンディクーシリーズ > クラッシュ・バンディクー3 ブッとび!世界一周
クラッシュ・バンディクー3
ブッとび!世界一周
Crash Bandicoot 3: Warped
ジャンル アクション
対応機種 PlayStation[PS]
開発元 ノーティドッグ
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
人数 1人
メディア CD-ROM1枚
発売日 [PS] 1998年12月17日
[PS one Books] 2001年12月6日
[PSP,PS3] 2007年9月27日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
ESRB:E(Eneryone)
売上本数 150万本[1]
テンプレートを表示

クラッシュ・バンディクー3 ブッとび!世界一周』(クラッシュバンディクースリー ブッとび!せかいいっしゅう、Crash Bandicoot 3: Warped)は、ソニー・コンピュータエンタテインメントが発売したプレイステーション用のアクションゲーム

概要[編集]

クラッシュバンディクーシリーズの三作目。ゲームシステムはほぼ前作を継いでおり、ワープルームでのステージ選択、パワーストーンの収集等、前作同様の流れとなる。

今作ではクラッシュの妹のココを操作するステージが存在し、ステージの種類もより多彩となっている。クリアしたステージではタイムアタックに挑戦する事も可能であり、記録を更新すると成績に応じたトロフィーが貰える。このトロフィーはダイヤ同様、完全攻略に必要な要素となっている。また、各エリアのボスを倒すとクラッシュの新アクションのスーパーボディプレス、ダブルジャンプ、たつまきスピンアタック、リンゴバズーカ、スピードシューズを習得でき、新アクションを活用したステージが登場するようになった。

ゲームを進めると観られるおまけムービーが収録されていたり、PocketStationにも対応しているなど、本編以外の要素も充実している。

更には、前作同様エンディングで表示されるコマンドを入力することにより、実写ムービーが再生される。今作の隠しムービーはクラッシュ(着ぐるみを着用)が本物のバンディクーを探しにオーストラリアに向かうと言う内容であり、実際に現地で撮影が行なわれたものである。さながら『わくわく動物ランド』や『どうぶつ奇想天外!』と言った動物バラエティー番組のような構成であり(教育番組的な側面も持つ)、隠しムービーにも関わらず非常に凝った作りとなっている。ナレーションは古川登志夫が担当している。

ストーリー[編集]

クラッシュの活躍により、ネオ・コルテックスの野望は再び阻止された。しかしクラッシュの破壊した宇宙ステーションの残骸がとある神殿に墜落したことにより、遠い昔アクアクとの戦いで封印された邪悪な精霊「ウカウカ」を復活させてしまう。ネオ・コルテックスを操ったウカウカは「タイム・ネジネジマシーン」を使い、クラッシュ達のいない時代の地球へと行ってパワーストーンを手に入れようと企む。クラッシュ・ココ・アクアクはパワーストーンを守るため、タイム・ネジネジマシーンを使いウカウカとネオ・コルテックスに戦いを挑む。

登場キャラクター[編集]

登場キャラクター 登場人物 日本版声優 現地声優
通常キャラクター クラッシュ・バンディクー 山口勝平 ブレンダン・オブライエン
アクアク 緒方賢一 メル・ウィンクラー
ココ・バンディクー 池澤春菜 なし
ネオ・コルテックス 飯塚昭三 クランシー・ブラウン
エヌ・ジン 中多和宏 ブレンダン・オブライエン
タイニータイガー 立木文彦
ポーラ なし なし
グリン
新しいキャラクター ウカウカ 大友龍三郎 クランシー・ブラウン
エヌ・トロピー 池田勝 マイケル・エンサイン
ディンゴダイル 石田圭祐 ウィリアム・フットキンス
ニセクラッシュ 山口勝平 なし
プーラ なし
ベイビーT

アイテム[編集]

リンゴ
ステージの至る所に浮いている。100個集めると残り人数が一人増える。スピンアタックが当たると飛んで行ってしまう。
クラッシュプレート
取ると残り人数が一人増える。スピンアタックが当たると飛んで行ってしまう。
パワーストーン
各ステージ(普通のステージ)に1個存在する。これを全て回収することがゲームの目的であり、回収できなければゴールにたどり着いてもクリアしたことにはならない。尚、今作から特定の種類のステージによって入手方法が異なる(後述)。
ダイヤ
ステージ内の全ての箱を壊すと手に入る。また一部のステージでは特定のコースを通ると手に入る「2個目のダイヤ」も存在する。カラーダイヤ含め全部集めると真のエンディングが見られる。
カラーダイヤ
特定の難度の高いドクロコースをクリアすると手に入る特別なダイヤ。の五種類があり、持っていると隠しダイヤを入手できるコースへのルートが開く。
ストップウォッチ
一度クリアステージのスタート付近にあり、取るとその時点でタイムアタックが始まる。アクアクがいる場合はタイムアタックが始まるとアクアクが消えてしまうので注意。タイムアタック中にミスをしても残機は減らず、ポーズメニューで最初からやり直すこともできる。規定タイム内でクリアするとトロフィーがもらえる。なお、タイムアタック中は進路上のリンゴはなし。(1ステージだけ例外あり。)木箱は普通の箱とタイム箱、ニトロ箱、アクアク箱、鉄ワク箱のみある。
トロフィー
タイムアタッククリアの証。サファイアゴールドプラチナの3種類あり、高ランクほど基準が厳しくなる。全てのダイヤをとるためには必然的にトロフィーを25個取る必要がある。また、全てゴールド以上を取れば隠しエンディングが見られる。なお、サファイア・ゴールドは基準タイムが表示されるが、プラチナはある条件を満たさなければ表示されない。
木箱  
リンゴが1個又は8個入っている。
シマ箱  
踏みつけ又は頭突きでぽんぽん跳ねる箱。一回跳ねるごとにリンゴが2個得られる。最高10個得られる。
1UP箱  
クラッシュの顔が描かれた箱。クラッシュプレートが一個入っている。
鉄ワク箱  
頑丈な箱。ボディプレスか、スーパーボディプレス、頭上から落ちてきたとき、無敵状態でしか壊せない。リンゴが入っている。
アクアク箱  
アクアクが1枚入っている。アクアクはクラッシュまたはココがダメージを受けた時に身代わりになってくれて、このゲームやそのステージに関係した助言を言ってくれる。3枚集めると20秒間無敵状態となり、足も速くなる。今作では強制スクロールとなるステージでもアクアクが維持するようになっている。ただし、アクアクがいても身代わりの出来ないミスや、特定のステージとタイムアタックではアクアクが消えてしまうので注意。
C箱  
「チェックポイント」。ミスをした時、最後にC箱を壊した場所からやり直す事ができる。
↑箱   
踏むと高く飛び上がれるジャンプ台になる箱。×ボタンを押し続けると、より高く飛べる。壊すと基本的にリンゴ1個が入っているが、クラッシュプレートが入っている↑箱がある。
?箱  
リンゴかクラッシュプレートが入っている。
スロット
箱の絵柄が常に変わっている箱。タイミングを合わせることで好きなものを手に入れられるが、バクダン箱も混じっているので注意。また、待ち過ぎると回転が速くなり、最終的にはブロックになってしまい(破壊不能)、パーフェクトにすることが出来なくなるので注意。
バクダン箱  
踏むと一定時間後に爆発する箱。攻撃すると強制的に爆発したり爆発範囲内にいるとダメージになってしまう。
ニトロ箱  
触っただけで爆発する箱。ピョコピョコと跳ねている。
タイムストップ箱
1~3までの数字が書かれている箱。タイムアタック時のみ出現。取ると表示された時間分タイマーが止まる。
ブロック  
何をやっても壊れない金属のブロック。主に足場として利用する。
Cブロック
C箱のブロック版。ダイヤコースやドクロコースにある。従来のシリーズではドクロコースやダイヤコースの一部には箱は無く(設置するとパーフェクトの難易度が大幅に上がってしまうため)C箱も設置されていなかったがその場合該当コースをノーミスでクリアしなければならないという事態を配慮し、新たに登場した。
↑ブロック
ジャンプ台になるブロック。×ボタンを押し続けると、より高く飛べる。
!ブロック  
踏むか攻撃するとスイッチが入り、何かが起こる。
 !ブロック(緑)  
スイッチを入れると、ステージ内のニトロ箱が全部爆発する。

ステージ一覧[編集]

  • 中世風ステージ
奥に見えるお城に向かって進むステージ。敵も魔法で王子が変えられたカエルや魔法使いなどファンタジーチック。
  • 海中ステージ
海の中をアクアパックで進むステージ。ディープアップルをゲットすればミサイルによる攻撃が出来る。
ココがプーラに乗って万里の長城を駆ける強制スクロールステージ。(前作のしろくまステージと同じ)今回はジャンプ台なども設置されている。
  • 古代ステージ
古代、恐竜が栄えた時代がモチーフのステージ。トリケラトプスに追われる前スクロールやベイビーTと進む奥スクロール、中間地点の横スクロールも存在するなどバリエーション豊かなステージ。クラッシュのご先祖様もいる。
  • カリブ海ステージ
ココがココマリンに乗って進むステージ。海賊たちの妨害を避けながらジャンプ台で華麗なアクロバットを決めていく。
中東のアラビアンナイトがモチーフのステージ。前作にもあった金網渡りや魔法のじゅうたんが待ち構える。
クラッシュがバイクにまたがりレースを行うステージ。1位になればパワーストーンがもらえる。このステージのみ穴に落ちても死なないので人数稼ぎには最適。
ピラミッドの中を進むステージ。落石毒矢、浮き沈みする床など古代の罠が待ち受ける。前作で苦しめられた暗闇ステージに加え、水位が変動する(水に浸かったら溺死)新たな難関も登場。
  • 空中ステージ
クラッシュ・ココが空中でのドッグファイトを行うステージ。全ての敵を撃ち落とせばクリア&パワーストーン。自機の耐久力が0なるとミス。1ステージだけレースステージがある。
  • 未来ステージ
近未来をモチーフにしたステージ。レーザーのゲートや回転床、コンベアなどのトラップがたくさん。構成は奥・横・奥の前作氷山ステージと同じ。

クラッシュのアクション[編集]

今作と次回作の4では基本的なアクションとボス戦をクリアするとクラッシュの新アクションを習得することが出来るが、一部のアクションは新アクションを習得すると出来なくなる。

基本アクション
  • 移動
方向キーで移動出来、デュアルショックのアナログスティックでは滑らかな移動が出来る。
  • スピンアタック
□ボタンでスピンして敵を倒したり箱を壊せるが、誤って行うとリンゴやクラッシュプレートが飛んでいってしまう。水中ステージでも出来る。
  • ジャンプ
×ボタンでジャンプする。長く押すほどより高くジャンプ出来る。
  • しゃがむ
R1か○ボタンでしゃがんで避けられる。
  • ハイハイ
R1か○ボタンを押しながら方向キーかデュアルショックのアナログスティックでしゃがみながらハイハイで低い所を通ることが出来る。
  • ハイジャンプ
R1か○ボタンを押しながら×ボタンでジャンプすると通常より高いジャンプが出来、普通のジャンプでは届かない所へ届ける。スライディング中にジャンプするとこのジャンプとなって、より遠くへ飛ぶことが出来る。
  • スライディング
移動しながらR1か○ボタンを押すと低い体勢の状態でスライディングをし、敵を倒したり箱を壊せる。
  • ボディプレス
ジャンプ中にR1か○ボタンを押すとボディプレスをして、箱を壊したり敵を倒せる。ボディプレスでしか壊れない鉄ワク箱を壊せる。スーパーボディプレスを習得すると出来なくなる。
新アクション
  • スーパーボディプレス
タイニータイガーを倒すと習得。ボディプレスのパワーアップ版で、ボディプレスの攻撃範囲が広くなって落下速度が速くなっている。
  • ダブルジャンプ
ディンゴダイルを倒すと習得。ジャンプ中にもう一度×ボタンを押すとさらにジャンプして、ハイジャンプよりさらに高く飛ぶことが出来る。ハイジャンプと組み合わせばより高くジャンプ出来、スライディング中にハイジャンプとの組み合わせをすればさらに遠くへ飛ぶことができる。
  • たつまきスピンアタック
エヌ・トロピーを倒すと習得。スピンアタックのパワーアップ版で、□ボタンを連打すれば長くスピンアタックが出来、ジャンプ中にたつまきスピンアタックをすれば滞空時間が長くなってより遠くへジャンプ出来る。スライディング中にハイジャンプしてダブルジャンプとの組み合わせをすればより遠くへ飛ぶことができる。ただし、長くたつまきスピンアタックをした場合は連続で行うことは出来ない。また、水中ステージでは出来ない。
  • リンゴバズーカ
エヌ・ジンを倒すと習得。止まっている状態でL2ボタンを押すとバズーカを構えて照準が出て、方向キーかデュアルショックのアナログスティックで照準を動かして○ボタンでリンゴを発射して攻撃する。リンゴバズーカでのリンゴは無限で、持っているリンゴは減らない。強力だが、特定のステージやボス戦では使用できない。このアクションはストップウォッチの当たり判定があるので、ストップウォッチがギリギリ見える所でこのアクションで当てることで、タイムアタックをより早くスタートすることができる。
  • スピードシューズ
ネオ・コルテックスを倒すと習得。R2を押しながら移動するとダッシュして、より早く移動出来る。このアクションでタイムアタックでトロフィーを獲得しやすくなる。
水中ステージでのアクション
  • 向きを変える
方向キーで泳ぐ向きを変える。
  • 泳ぐ
×ボタンで泳ぐ。

乗り物[編集]

クラッシュのみ使用可能
ココのみ使用可能
  • プーラ
ココが上にまたがり、突っ走る。
  • ココマリン
  • ココウイング
  • コスモココ

前作からの変更点[編集]

新たに導入された「タイムアタックモード」や新アクションやアイテムを除き、その他前作から変更された点を紹介する。

シマ箱を1回跳ねてもらえるリンゴの数
前作まではシマ箱を1回踏んで跳ねるとリンゴを1個入手できたが、今作からシマ箱を1回踏んで跳ねると2個入手できるようになり、最大バウンド数が10回から5回に短縮された。
C箱を壊した時にジングルが鳴る
本作からC箱を壊した時にジングルが鳴るようになった。
パワーストーン&ダイア&トロフィーの入手時にジングルが鳴る。
本作からパワーストーン&ダイア&トロフィーの入手時にジングルが鳴るようになった。
パワーストーンの入手方法
本作からパワーストーンの入手方法が異なるステージが登場した。バイク系ステージでは1位になると、グライダー系ステージでは特定のターゲットを撃墜すると入手できる。
カラーダイヤの入手方法
前作はドクロコースをクリアしたり特定条件を満たしたりなどでカラーダイヤを入手出来たが、本作からはドクロコースと隠しルートへいくステージをクリアするだけでカラーダイヤを獲得するようになった。
「ステージ中の箱の数」の表示
前作ではアクション画面に表示される「壊した箱の数」に、本作から新たに「ステージ中の箱の数」が表示されるようになった。
隠しステージの入り方
前作の特定条件を満たすと入れるステージに加えて、一定の数のトロフィーの数に応じて隠しステージのある隠しワープルームへ行けるようになった。
プレイヤーキャラにココを追加
本作から特定ステージのみココをプレイヤーキャラとして操作出来るようになった。ステージは乗り物のみであり、アクションは移動とジャンプでしかできない。
ボーナスチャレンジの入り方
前作はボーナスチャレンジの入り方は色々あったが、本作からは「?」の台に乗るだけになった。

おまけ[編集]

本作のみ、本編とは別に「おまけ」が用意されている。タイトル画面の「おまけ」を選ぶことで様々なモードが遊べる。

PocketStation
PocketStationで遊べる「どこでもクラッシュくん」に関連したモードで、ダウンロードしたり曲の選択などが出来る。
あたらしくダウンロード
ダウンロードすることで「どこでもクラッシュくん」がPocketStationで遊べるようになる。PocketStationの空ブロックが12ブロックあればダウンロードできる。
本編のセーブデータと連動しており、記録されている全てのセーブファイルの残機を「どこでもクラッシュ」のミニゲームをクリアすることで増やすことが出来、本編で聞いたアクアクの助言を見直すことが出来る。また、本作のセーブデータ以外に1と2のセーブデータがあれば、クラッシュがにせクラッシュに変化するようになる。
ゲームアーカイブスではPocketStationの連動が削除されているため、選ぶことが出来ない。
どこでもクラッシュくんで遊べるモードは以下の通り
  • どこでもダンシン
タイミング良く決定ボタンを押して踊り、枠に表示された方向と同じ向きの方向キーを押しながら踊れば高得点が得られる。1回ミスをした場合は途中まででしかプレイ出来ず、2回ミスすると終了となる。最後まで踊ってミスをしないで踊りおえばクリアとなり、初回クリアのみとしてクリア画面のアルバムと残機が1人増える。また、一定スコアを達成するとダンスが変化して、この状態でクリアすると初回クリア時のみ変わったクリア画面のアルバムが追加される。
遊べる曲は1曲だけだが、「おまけ」の「ダンスのせんたく」で別の曲をダウンロードすることで別の曲でプレイすることが出来る。選べる曲は本編を進めることで増えていき、達成率が一番高いセーブファイルが反映される。
  • どこでもゴロゴロ
本編と同じような強制スクロールステージのミニゲーム版。方向キー左右で移動して決定ボタンでジャンプして、穴に落ちないように気をつけてゴールを目指す。ステージ内にリンゴが落ちていて、リンゴの数に応じてルートが分岐され、1つも取らなかったり全部取るなどで変化する。最終的にゴールすればそのルートの初回クリア時のみクリアしたルートに応じたクリア画面のアルバムが追加され、クリアするたびに残機が1人増える。
  • どこでも8
スライドパズルのミニゲーム。バラバラになったパネルを空いている部分に方向キーでスライドしてパズルを完成する。問題が難しくなるほどパネルの数が増える。クリアすると初回クリアのみとして完成したパズルがアルバムとして追加されて残機が1人増える。
  • どこでもアルバム
今まで集めた画面を見ることが出来る。
  • どこでもアクアク
今まで本編で聞いたアクアクの助言を見直すことが出来る。助言の数は達成率が一番高いセーブファイルが反映される。
  • クラッシュくん
メニュー選択画面で上を押すことでクラッシュの様子を見ることが出来る。棒立ち以外の場面でシャッターチャンスの合図が出て、合図が出ている間に決定ボタンを押すことで撮影してアルバムに追加される。一部の場面は同じでも別バージョンのアルバムが用意されており、該当する場面の場合は再度シャッターチャンスの合図が表示される。クラッシュの様子は時間に応じて変化する。
ダンスのせんたく
どこでもダンシンが遊べる曲は1度に1曲だけで、別の曲を遊べるようにするのがこのモードである。本編を進めることで選べる曲が増え、達成率が一番高いセーブファイルが反映される。
きねんびのとうろく
自分にとっての記念日を登録することで、登録した日にどこでもクラッシュくんをプレイするとクラッシュくんがお祝いをしてくれる。
つかいかた
「どこでもクラッシュくん」の操作方法と内容を見ることが出来る。
おまけムービー
約1分で終わるショートムービー式の「おまけムービー」を見ることが出来る。見ることができる「おまけムービー」は本編を進めることで増えて、最終的に4つまである。達成率が一番高いセーブファイルが反映される。
おためしクラッシュくん
おまけメニュー内には無く、本体管理のメモリーカードにおいて、ダウンロードした「どこでもクラッシュくん」を別のPocketStationにコピーすることで「おためしクラッシュくん」に変化して、その方法でのみ遊べる。
このゲームは「どこでもクラッシュくん」の体験版に相当するもので、遊べるのは「どこでもダンシン」の最初の曲と「どこでも8」の最初の問題と「クラッシュくん」しか選べない。また、本編のセーブデータがあっても連動されない

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ GEIMIN.NET/国内歴代ミリオン出荷タイトル一覧、GEIMIN.NET、2013年2月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]