Jak X: Combat Racing

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック×ダクスター > Jak X: Combat Racing
Jak X: Combat Racing
ジャンル レース
対応機種 プレイステーション2
開発元 ノーティドッグ
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
人数 1 - 2人
メディア DVD-ROM
発売日 アメリカ合衆国の旗 2005年10月18日
日本の旗 未発売
対象年齢 ESRB : T (13歳以上対象)
テンプレートを表示

Jak X: Combat Racing』(ジャックエックス コンバットレーシング)は、2005年10月18日ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)によって北米などで発売されたプレイステーション2レースゲーム。開発はノーティドッグ

ジャック×ダクスターシリーズの第4作目。日本未発売。


概要[編集]

『Jak X』は前3作と異なり、一貫してレースのみを行う。シリーズのストーリーとしては一旦完結を迎えた『Jak 3』の1年後という設定。本筋のストーリーは存在するものの、事実上プレイヤーが行うのはレースのみで、アドベンチャーステージは存在せず、メニューからレースコースを選択する形式である。また、BGMはポップス系のハイテンポな曲がほとんどで、以前の作品にあった神秘的な雰囲気は皆無と言える。 また、シリーズで唯一「ローディング」表示がある。

『Jak 3』と違い、アジア向けのローカライズ版が1つも作られなかったため、本作を日本語版プレイステーション2でプレイすることはできない。

シリーズの1作目、2作目、3作目をアクションゲームとして発売し、4作目をレースゲームにシフトして世に送り出す経緯は、同じくノーティドッグが開発したクラッシュ・バンディクーシリーズと似通っている。

ストーリー[編集]

ジャックらはかつてヘブンシティの裏社会を牛耳っていたクルーの遺言状が読まれる場に呼ばれた。クルーの娘だという女性Raynにすすめられた飲み物を飲み終わると、クルーのホログラムが現れ、その飲み物には毒がもられていたのだと告げる。解毒剤を手に入れるためには、各シティで行われるグランプリレースに優勝しなくてはならない。ジャック、トーン、アシュリンらは、解毒剤を手に入れるためにレースに参加することになる……。

基本システム[編集]

  • レースをある程度進める度に、マシンのアップグレードパーツを入手できる他、レース終了時にもらえる「オーブ」を支払い、直接マシンを強化することもできる。プレイヤーは、自分のマシンを武装・強化し、ライバルを攻撃しながらレースを進めていく。
  • 今作では、第1作『旧世界の遺産』に登場した各種エコが再登場している。また、特定の条件を満たすと、ダークエコによってパワーアップした武器を使えるようになる。
  • 全作品に登場しているプリカーソル・オーブは、通貨としての役割を担っている。各レースでのプレイヤーの成績に応じて、レース終了後に一定数のオーブがもらえる。ガレージに戻り、それらのオーブでマシンの追加パーツを購入する。
  • その他にも 第1作における最重要アイテムであったパワーセルが別の形で再登場している。

レースコースに登場するアイテム[編集]

Green Eco(緑のエコ)
これまでの作品同様「命を司るエコ」という位置づけは変わらず、とるとマシンに蓄積していたダメージが一定量回復する。
Blue Eco(青のエコ)
動きを司るエコ。とると加速エネルギーゲージが溜まっていき、好きなタイミングでエネルギーを消費することでマシンの急激な加速が可能になる。
Red Eco(赤のエコ)
後方攻撃用の火器、いわゆる「地雷」アイテムと同じ効果をもち、一回とるごとに1つのアイテムが手に入る。
Yellow Eco(黄のエコ)
こちらは前方攻撃用の「ミサイル」アイテム。連射が可能なマシンガン型のものもあれば、一撃必殺の「ピース・メーカー」などもYellow Ecoから入手可能。
Power Cells(パワーセル)
特定のレース形式のみに登場。とると特殊なメーターが現れ、メーターが満タンになるまで加速し続けることが可能になる。メーターが満タンになるまで加速すると、パワーセルを1つ消費したとしてカウントされる。

キャラクター[編集]

Jakチーム[編集]

Jak(ジャック)
本シリーズの主人公。以前の作品では、体術の腕に長けており、銃やビークルも使いこなす戦士として描かれていたが、本作ではレーサーとして活躍する。
髪がかなり短くなっており、以前と比べて身長がかなり伸びたように描写されている(公式設定では身長185cmである)。レース中はこれまでのようにダクスターを肩に乗せることはない。
Daxter(ダクスター)
ジャックの相棒。レース中はジャックの肩ではなく、ジャックが運転するマシンのウイング部分にしがみついている。『Jak 3』のエンディングで手に入れた彼専用のジーパンを常時着用している。
シークレットで「Daxtermobile」というダクスター型のマシンを使用可能にすることができる。
Samos The Sage(セイジィ)
ジャックとダクスターの師匠。ジャックとダクスターが大人になったからか、以前のように彼らを怒鳴ることはない。その影響もあり、本作での出番は乏しい。
Keira(ケイラ)
セイジィの娘でメカニックの天才。本作のヒロインであるにもかかわらず、前作『Jak 3』での出番は皆無であったが、本作ではそれなりに登場。その才能を生かし、ジャックをサポートする。
Torn(トーン)
かつてのアンダーグラウンドのナンバー2。顔に入れ墨のある男。今回はレーサーとして参戦。
Ashelin(アシュリン)
ヘブンシティを指揮しているタフな女性。トーンと同じく、レーサーとして序盤から登場する。
Sig(ジーグ)
これまでジャックらと幾多のミッションを共に切り抜けてきた勇敢な戦士。中盤からレースに参戦。
Kleiver(クリーヴァー)
Spargus City出身。嫌味ったらしい性格は前作と変わらずである。中盤からレースに参戦。

Mizoチーム[編集]

Mizo
Cutter、Edje、Shivを雇い、レースをさせていた。ストーリー終盤まで姿を現さず、謎の多い人物である。
Razer
Mizoのチームの凄腕レーサー。煙草を吸っている。真っ赤な服が特徴的。
Cutter
Mizoのチームに属するエンジニア。素顔を隠している。序番からレースに参加する。
Edje
Mizoのチームのメンバーの1人。Cutter同様序番から登場する。
Shiv
Mizoのチームのメンバーの1人。Spargus City出身のレーサー。Cutter、Edjeらとともに序番から登場。
UR-86
ストーリー中盤からレースに参戦するロボット。かつての『Jak 3』に登場したKrimzon Death Botで、バロン軍の赤いカラーをしている。

その他[編集]

G.T. Blitz
軽快なノリでレースの司会進行を務めるエンターテイナー。レース中の実況も彼が行っている。
Rayn
クルーの娘。クルーと違ってかなりの美人。
Pecker(ペッカー)
ダクスター同様しゃべることのできる鳥。軽い口調や発言は相変わらずである。
本来は預言者オニンの通訳係だが、そのオニンは本作には登場しない。G.T. Blitzと一緒に登場することが多い。
Krew(クルー)
今回のレース騒動を引き起こした張本人。以前同様、超肥満体である。
本来『ジャック×ダクスター2』で死亡しているが、ホログラムとして登場する。

シークレットレーサー[編集]

本作では、PS2にセットされたメモリーカード内の他のゲームのセーブデータ、およびUSBケーブルで接続したPSP内のゲームデータを読み込むことで、読み込み元のゲームのキャラクターをレーサーとして出現させることが可能である。特定のモードでそれらのキャラクターをプレイヤーキャラクターとして使用可能になる。ただし、日本語版のセーブデータを読ませることはできない。

これらのシークレットキャラクターはストーリー本編には登場せず、ストーリー無関係のカジュアルレースで遊ぶ際にセレクト可能となる。

Jak I(ジャック1)
旧世界の遺産』姿のジャック。
PS2ソフト『Jak and Daxter: The Precursor Legacy』(邦題:ジャック×ダクスター 旧世界の遺産)のセーブデータを読み込むことで使用可能になる。
Jak II(ジャック2)
Jak II』姿のジャック。
PS2ソフト『Jak II』(邦題:ジャック×ダクスター2)のセーブデータを読み込むことで使用可能になる。
Jak III(ジャック3)
Jak 3』姿のジャック。
PS2ソフト『Jak 3』(日本未発売)のセーブデータを読み込むことで使用可能になる。
Ratchet(ラチェット)
ラチェット&クランクシリーズの主人公。
ラチェット&クランクシリーズの第4作『ギリギリ銀河のギガバトル』におけるラリタリウムのバトルスーツをまとって登場。
PS2ソフト『Ratchet: Deadlocked』(邦題:ラチェット&クランク4th ギリギリ銀河のギガバトル)のセーブデータを読み込むことで使用可能になる。相棒のクランクは登場しない。
Kaeden
Osmo Drawers
Taryn
Ximon Drawers
上の4名は本作の約半年後にプレイステーション・ポータブルで発売されたシリーズ第5作『Daxter』に登場するキャラクターである。詳細はDaxter#キャラクターを参照。

ステージ[編集]

Spargus(スパーガス)
第3作『Jak 3』で登場した砂漠の民の村。Jak 3での小規模さとは裏腹にかなり広い。
Kras City(クラスシティ)
ネオンや高層ビルで溢れている高度発達した街。ここではCombat Racingが盛んに行われているが、不正や違反などの影の側面も併せ持っているようである。
Haven City(ヘブンシティ)
第2作の主要ステージであった巨大都市。ポートエリアやダスティエリアなど、シリーズのプレイヤーにはおなじみとなった風景が多数登場する。なお、第3作では廃墟と化していたスタジアムは復旧した模様。
「ヘブンシティ」そのものの他に区域内には、「Forbidden Jungle」(第1作で登場した「キンダンの森」)、「Clifftop Battlefield」など、いくつかのサブエリアが存在する。
Icelands(アイスランド)
前面が雪に覆われた雪山。第2作に登場したエリアであるドリルプラッツの近くにあるようで、ヘブンシティの西側に位置する。地面は凍結しているので、当然マシンはスリップする。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]