ウェイ・オブ・ザ・ウォリアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウェイ・オブ・ザ・ウォリアー』(Way of the Warrior)は、ノーティドッグが開発し、ユニシス1995年5月26日にリリースした3DO用2D型対戦型格闘ゲーム

概要[編集]

モータルコンバット』の影響を受けて制作された格闘ゲーム。相手にトドメを刺す「致命傷」と、「マジックポイント」というシステムが存在し、挑発中にコマンドを入力することによって様々な効果が得られる。BGMはホワイトゾンビが担当している。

登場キャラクター[編集]

ニンジャ(Ninja)声:坪井智浩
文字通りの忍者。シタケ派忍者の首領であること以外の素性は不明。
ニッキー・チャン(Nikki chan)声:山脇小径
中国出身の女性。神の愛人であるため年を取らない。
ザ・ドラゴン(The doragon)声:坪井智浩
香港出身の拳法家でカンフーの使い手。
コーノトリ(Konotori)声:坪井智浩
扇子を使って闘う菅笠をかぶった男。アメリカの実業家だったのだが、4歳の時に飛行機事故で日本の山奥に取り残されて、農家に拾われての養子になる。養父から武術を叩き込まれたが、養父がニンジャに殺されたため復讐の為にニンジャを追っている。
ノブナガ(Nobunaga)声:坪井智浩
サングラスをかけた侍。ニッキー・チャンに片思いをしている。
ゲインズ大佐(Mejor Gains)声:Hideki Ono
名前の通り軍人。体を肥大化させることができる。
マルカム・フォックス(Fox)声:Chris Sanford
スーツを着た黒人男性。舌を切られたため喋ることができない。
シェイキー・ジェイク(Shaky Jake)声:坪井智浩
オーストラリア出身の棒術使い。
クリムゾン・グローリー(Crimson)声:山脇小径