クリスピン・グローヴァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスピン・グローヴァー
Crispin Glover
Crispin Glover
本名 Crispin Hellion Glover
生年月日 1964年4月20日(50歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州
ジャンル 俳優
作家
映画監督
活動期間 1981年-
主な作品
バック・トゥ・ザ・フューチャー
ギルバート・グレイプ
デッドマン
チャーリーズ・エンジェル

クリスピン・ヘリオン・グローヴァーCrispin Hellion Glover,1964年4月20日 - )はアメリカ合衆国ニューヨーク市出身の俳優映画監督である。

略歴[編集]

1964年ニューヨーク市に生まれ、5歳のときにロサンゼルスへ家族で移る[1]。父親も俳優のブルース・グローヴァー。そのため、幼い頃から俳優を志したという。13歳のときから芸能界に身を投じ、主にテレビ中心で『ファミリー・タイズ』や『ハッピーデイズ』などのシットコムやテレビドラマへ出演。その後、活動の場をテレビから映画業界へ移す。

数本の映画に出た後、1985年に大ヒット作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で、負け犬のジョージ・マクフライを演じて注目された。彼はこの続編への出演を断ったが、制作者は無断でパート1の映像と老けメイクの宣材写真を流用した(その他の登場シーンは別人の代役)。クリスピン・グローヴァーはこれに対して、無許可で自身の肖像を使用されたとして訴訟を起こしたが、示談で解決している。これは、俳優のイメージの使用に関しての新しいガイドラインを作るきっかけとなった。

ハリウッドきっての変人ということも世間には浸透しているようで、1980年代後半にデヴィッド・レターマンが司会を務める人気番組『デヴィッド・レターマン・ショー』へゲスト出演。明らかに時代遅れな変装と挙動不審なキャラクターでのレターマンとのトークも微妙に噛み合わず、力自慢の話でヒートアップして自分の強さをアピールするあまりレターマンの頭に向かって空振りキックを披露。当たりこそしなかったがそのことがレターマンの逆鱗に触れ、まだ時間があるにもかかわらず別のコーナーへ移ってしまい、CM中にスタジオをつまみ出されてしまったことがある。だがその後、その変わったキャラクターが受けたことにより同番組には再びゲスト出演している。

作家でもあり、"Rat Catching"と"Oak-Mot"という本を出版している。また、ミュージシャンとしても活動している。

近年は、「IT三部作」と称する自主制作の、過激なアート映画を制作中。「ビッグ・スライドショウ」という方式(自身の小説作品を朗読しながらのスライド映写、映画上映、Q&A、本へのサイン会、という構成)での各地の巡業方式でのみ上映しており、ソフト化も行っていない。なお、2008年のカナザワ映画祭に出席するため来日[2]。同方式にて「IT三部作」の2作品が公開された。来日は他にも2000年に『チャーリーズ・エンジェル』のプロモーションでルーシー・リュードリュー・バリモア、そしてトム・グリーンと共に果たした。

2007年に出演したパロディ映画の『鉄板英雄伝説』においては、『チャーリーとチョコレート工場』に登場するウィリー・ワンカのパロディ版“ウィリー”役で登場。後に『アリス・イン・ワンダーランド』で本家の監督ティム・バートンに起用され、本家ワンカ役のジョニー・デップと共演を果たした(ただし、彼は過去に『ギルバート・グレイプ』でデップと共演しており、今作が初共演という訳ではない)。同作品ではハートのジャックを演じている。

ヴェルナー・ヘルツォークデヴィッド・リンチ、ダニエル・クロウズ等と親交が深い。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1983 個人授業
My Tutor
ジャック
ティーン・ヒーローJ.J.
High School U.S.A.
アーチー テレビ映画
1984 月を追いかけて
Racing with the Moon
ギャツビー・ボーイ
13日の金曜日・完結編
Friday the 13th: The Final Chapter
ジミー
りんご白書
Teachers
ダニー
1985 バック・トゥ・ザ・フューチャー
Back to the Future
ジョージ・ダグラス・マクフライ
1986 ロンリー・ブラッド
At Close Range
ルーカス
リバース・エッジ
River's Edge
ライン
1990 ツイスター/大富豪といかれた家族たち
Twister
ハウディ
女神たちの季節
Where the Heart Is
ライオネル
ワイルド・アット・ハート
Wild at Heart
デル
1991 ドアーズ
Doors
アンディ・ウォーホル
1993 カウガール・ブルース
Even Cowgirls Get the Blues
ハワード・バース
ギルバート・グレイプ
What's Eating Gilbert Grape
ボビー・マクバーニー
1994 逃げる天使
Chasers
ハワード・フィンスター
1995 デッドマン
Dead Man
トレイン・ファイヤーマン
1996 ラリー・フリント
The People vs. Larry Flynt
アーロ
2000 ベティ・サイズモア
Nurse Betty
ロイ
チャーリーズ・エンジェル
Charlie's Angels
痩せた男
2002 ロスト・キッズ
Like Mike
スタン
2003 ウィラード
Willard
ウィラード
チャーリーズ・エンジェル フルスロットル
Charlie's Angels: Full Throttle
痩せた男
2005 セクシー・ボディ・スナッチャーズ
Drop Dead Sexy
エディ
2006 罰ゲーム
Simon Says
サイモン/スタンリー
2007 鉄板英雄伝説
Epic Movie
ウィリー・ウォンカ
血の魔術師
The Wizard of Gore
ベオウルフ/呪われし勇者
Beowulf
グレンデル
2009 9 〜9番目の奇妙な人形〜
9
#6 声の出演
2010 アリス・イン・ワンダーランド
Alice in Wonderland
ハートのジャック
オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式
Hot Tub Time Machine
フィル
2012 セブン・サイコパス
Seven Psychopaths

監督作品[編集]

  • What Is It? (2005)
  • It Is Fine! Everything Is Fine. (2007)

参照[編集]

  1. ^ index magazine interview”. Indexmagazine.com. 2009年7月14日閲覧。
  2. ^ クリスピン・グローヴァーのビッグ・スライドショウ”. カナザワ映画祭2008. 2012年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]