パロディ映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パロディ映画(パロディえいが)とは、ヒット作、有名作、カルト作などの全編またはワンシーンや、時事ネタなどをパロディにした、コメディ映画の1ジャンルである。

中にはシリーズ化されるものもあり、主にヒット作を中心に、随所にストーリーとは直接関係のないところまで、パロディにしていくものも少なくない。そのため、一般には予備知識がなくとも楽しめるように作られてはいるが、元ネタを知っていればいるほど、より楽しめるようになっていることが多い。

次項で、パロディ映画と言われる作品を例示する。

パロディ映画の例[編集]

007 カジノ・ロワイヤル(1967年)
イアン・フレミングの原作の正式な映画化権により作られた映画だが、内容はそれまでの007映画のパロディ。
0093 女王陛下の草刈正雄
「日本初、本格スパイパロディ映画」と銘打っている。
アイダホ・ポテト・ライブ
テレビ番組のパロディなどで構成されている。
オースティン・パワーズシリーズ
007シリーズを初めとするスパイ映画のパロディ。
ヤング・フランケンシュタイン
フランケンシュタイン』を初めとするフランケンシュタイン映画のパロディ。
キャノンボール・シリーズ
007役者のロジャー・ムーアが実名で登場し、ボンドカーのような車でレースに参加するなどのパロディが見られる。
金田一耕助の冒険
犬神家の一族』(1976年)と同じ角川春樹の製作で、テレビ版で金田一耕助を演じた古谷一行が主演。金田一耕助シリーズだけでなく、それまでの角川映画のパロディにもなっている。
クイーン・コング
キング・コング』のパロディ映画。
ケンタッキー・フライド・ムービー
燃えよドラゴン』などの映画を始め、・テレビ番組CMなどのパロディが満載。
シベリア超特急シリーズ
映画評論家水野晴郎が製作・原作・脚本・監督・出演した作品。ヒッチコック監督作を始め、さまざまな映画のパロディが散りばめられており、カルト的な人気を得ている。
下落合焼とりムービー
タイトルは『ケンタッキー・フライド・ムービー』のパロディだが、内容自体は必ずしもパロディでない。
13日は金曜日 PART25/ジャクソン倫敦へ
13日の金曜日』のパロディ。
大英雄
香港のパロディ映画。過去の香港映画のパロディ。
チキン・パーク
ジュラシック・パーク』のパロディ。
ドムドム・ビジョン
テレビ番組のパロディなどで構成されている。
日本以外全部沈没
筒井康隆の原作が小松左京小説日本沈没』のパロディであるばかりでなく、映画版も1973年の映画『日本沈没』や、テレビ版『日本沈没』の主演俳優が登場するのを始めとして、徹底したパロディになっている。
裸の銃を持つ男シリーズ
フライングハイ』を手がけたデヴィッド・ザッカーが監督。刑事映画を始め、さまざまな映画のパロディ。デヴィッドの弟ジェリー・ザッカーが監督したヒット作『ゴースト/ニューヨークの幻』までパロディにしている。
パロディ放送局 UHF
ランボー』や『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』のパロディがある。
フライングハイ・シリーズ
エアポート・シリーズを初めとする航空パニック映画のパロディ。
名探偵登場シリーズ
サム・スペードなどの世界の名探偵をパロディにしたキャラクターが登場。
メル・ブルックス/新サイコ
ヒッチコック映画のパロディ。
スペースボール
スター・ウォーズ』を中心に、多数のパロディが盛り込まれている。
親指タイタニック
タイタニック』の全キャラクターが、人間の「親指」で演じられている。
最終絶叫計画シリーズ
ホラー映画のパロディをベースに様々なパロディを盛り込んだ作品。
ロビン・フッド/キング・オブ・タイツ
ロビン・フッド』のパロディ。
レスリー・ニールセンのドラキュラ
魔人ドラキュラ』を初めとするドラキュラ映画のパロディ。
ショーン・オブ・ザ・デッド
ジョージ・A・ロメロのゾンビ映画三部作と『ドーン・オブ・ザ・デッド』のパロディ。
ジョニー・イングリッシュ
『007』シリーズのパロディ。
アホリックス
マトリックスシリーズのパロディ。

パロディ映画監督の例[編集]