白バイ野郎ジョン&パンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

白バイ野郎ジョン&パンチ(しろバイやろうジョンアンドパンチ、CHiPs)は、1977年から1983年までNBCで放映された、アメリカテレビドラマシリーズである。全6シーズン。北海道のみ、「ハイウェイパトロールCHiPs」のタイトルで放送されている。

概要[編集]

Kawasaki Police

カリフォルニア州フリーウェイ(主にロサンゼルス近郊)を舞台に、カリフォルニア・ハイウェイパトロール (California Highway Patrol) (CHP、これを現地では "CHiPs" の愛称で呼んでおり、これが原語のタイトルとなっている)セントラル分署の面々の活躍を描く物語。主人公の二人が乗る白バイはよく言われるハーレーダビッドソン・ツーリング(FLHTCポリススペシャル)ではなく、当時実際にCHPで採用されていたカワサキZ1000POLICE(Z1000Aの警察仕様)だった。

製作当時、従来の刑事ドラマ暴力的な印象が強かった。警察の広報担当官をしていた事のあるリック・ロズナー(Rick Rosner)は現実の警察とドラマの中の警察のイメージのギャップに違和感を覚え、暴力シーンや銃撃戦を排した明るい警察のドラマ作りを目指した。制作会社「ロズナー・テレビジョン」まで立ち上げて生み出された本作は明るく親切な警察(主として交通取締りや事故の処理、日々の生活の中のドタバタ)を描いている。

劇中では名コンビであるジョンとパンチではあったが、演じるラリー・ウィルコックスエリック・エストラーダは実際には不仲であったと言われる。特にパンチの人気が上昇するにつれ亀裂はさらに深まり、第5シーズンの終了とともにウィルコックスが降板、ジョンは退職して帰郷というクリフハンガーで中断となった。第6シリーズではトム・ライリー演じるボビー・ネルソンを新しい相棒に迎えて製作された。なお、日本では主役キャラクターの変更により第6シリーズは「白バイ野郎パンチ&ボビー」と邦題が改められた。

1998年には帰ってきた白バイ野郎ジョン&パンチ (原題: 『CHiPs '99』) というテレビ映画がTNTにより製作された。なお、日本語吹き替えのキャストは主役であるジョンとパンチについてはレギュラーシーズンと同一であったが、他のメンバーのキャストが変わってしまっている。

2005年に、パンチ役にウィルマー・バルデラマを起用した劇場版リメイク映画の製作が発表された。

キャスト[編集]

主役[編集]

ジョン[編集]

本名、ジョナサン・アンドリュー・ベイカー (Jonathan Andrew Baker)

演:ラリー・ウィルコックス英語版、吹替:田中秀幸

通称ジョン。ジョンは一般的な綴りJohnと違って、Jon(邦題「緊急通報大騒動」で言及)。“Jonathan”から拘っているらしい。

カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール、セントラル分署モーターサイクル・オフィサー(白バイ隊員)。コールサインは「メリーセブン3号 (7 Mary 3)」、パトカー警官だった際には「アダム6」

ワイオミング州出身の白人。ベトナム戦争に従軍、除隊後にCHPへ入った。実家はワイオミング州で農場を経営している。金髪碧眼、黄色(一部で「白」の表記あり)の鹿革手袋を使用。

パトカー警官時代に、違反切符を切ったのが縁でパンチと知り合い、その後、パンチを白バイ警官に誘うことになる。特殊車両や小型飛行機の免許を所持しており、ボーリングの指導員の経験もあるなど、なんでもそつなくこなす。模範的な警官で、真面目、几帳面、温厚。上司や同僚たちからの信頼も厚いが、怒らせると恐い面もある。

第1シーズンから第5シーズンまで登場。第5シーズンの後、実家の農場を手伝うために退職するが、後に復職する。「帰ってきた〜」では警部 (Captain) まで昇進している。

パンチ[編集]

本名、フランシス・ルエリン・パンチョレロ (Francis Llewellyn Poncherello)

演:エリック・エストラーダ、吹替:古川登志夫

通称は、原語版ではフランク(Frank)、日本語吹き替え版ではパンチの愛称が用いられている。

カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール、セントラル分署モーターサイクル・オフィサー。コールサインは「メリーセブン4号 (7 Mary 4)」(第1〜5シーズン)、「メリーセブン6号 (7 Mary 6)」(第6シーズン)

ヒスパニック。最終学歴はレハイ実業高校卒。かつてはバイクを乗り回す不良であったが、違反切符を切ったパトカー警官のジョンにバイクの腕を見込まれて、誘いを受け警官になった。白バイ警官の訓練所は仮卒業で、補助隊員として採用されている。

お調子者、自信過剰、押しが強いといったCHPの問題児であり、上司のギトレア警部(部長)にとっては頭痛の種。ユーモラスで憎めない性格のためか、同僚からは好かれている。美人に目がなく、秘密の手帳には、女の子の電話番号がびっしりと書き込まれている。しかし、正義感は強く、不平を言うことはあっても警官の仕事を好いている。

歌やダンスも得意で、空手黒帯。多くの女の子とデートして決まった相手はいなかったが、ヴァネッサという女性と真剣な恋をする。しかし、ヴァネッサとの結婚を決意した矢先にヴァネッサは事故死してしまうことになる。

当初はトレーラーハウス住まいであったが、話数を重ねるにつれ生活レベルが向上しアパート暮らしをするまでになる。

全シーズンに登場。「帰ってきた〜」では、長い休職を経て復帰。かつて事故から救った女性と結婚、一子を設けているが妻は病死している。

ボビー・ネルソン[編集]

本名、ロバート・トーバルド・ネルソン (Robert Torvald Nelson)

演:トム・ライリー英語版、吹替:太川陽介

通称ボビー(Bobby)。すぐ熱くなる性格で“ホットドッグ”の異名もある。

カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール、セントラル分署モーターサイクル・オフィサー。コールサインは「メリーセブン7号 (7 Mary 7)」

第6シーズンに登場。退職したジョンに代わりパンチの相棒となった。

ブルース・ネルソン[編集]

本名、ブルース・ペンウェイ・ネルソン (Bruce Penway Nelson)

演:ブルース・ペンホール英語版、吹替:塩屋翼

原語版では"Fag"の通称(愛称)が使われるが、日本語版では特に通称は無い。

カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール、セントラル分署モーターサイクル・オフィサー見習い。後、正式に隊員となる。コールサインは「メリーセブン8号 (7 Mary 8)」

第6シーズンに登場。ボビー・ネルソンの弟である。正式に隊員となってからはパンチの相棒になった。

「帰ってきた〜」では巡査部長に昇進している。

カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール[編集]

ギトレア部長[編集]

本名、ジョセフ・ギトレア(Joseph Getraer)

演:ロバート・パイン英語版、吹替:嶋俊介

カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール、セントラル分署・巡査部長。コールサインは「S4」または「S1」。自ら出動する際には白バイを使っている。

全シーズンに登場。放送初期の日本語吹き替えは、第1シーズンでは「警部」、第2シーズン以降は「部長」。のち分署長。

原語版での通称はジョー(Joe) 。

パンチやジョンの直接の上司にあたる。妻と娘・エレン、息子・ティミーがおり、シーズンの後半でクリストファーという息子が産まれる。優秀ではあるが厳格なため、特にパンチからは煙たがれることもある。本質的には部下思いの人物であり、いざとなったらちゃんと部下をかばう。

CHPのチェストーナメントでは優勝したこともある。アレルギー持ち。

「帰ってきた〜」ではCHP長官に昇進している。

アーティ[編集]

本名、アーサー・リー・グロスマン (Arthur Lee Grossman)

演:ポール・リンク英語版、吹替:山田俊司(現:キートン山田)

カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール、セントラル分署白バイ・パトカー隊員。コールサインは「メリーセブン5号 (7 Mary 5)」(第1〜5シーズン)、「メリーセブン9号 (7 Mary 9)」(第6シーズン)

全シーズンに登場。愛称はグロッシー。日本語吹き替え版ではアーティの愛称が用いられている。

大食漢であり、肥満体質である。さまざまな方面の知識に長けており、クイズ番組に出場した際には賞金を手にする一歩手前までたどり着いた。知識をひけらかすタイプ。薀蓄をたれてはみんなに煙たがられることも多い。既婚者。

「帰ってきた〜」では刑事 (Detective) になっている。

その他[編集]

ジーン・フリッツ (Gene Fritz)
演:ルー・サンダース、吹替:長堀芳夫(現:郷里大輔
カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール、セントラル分署パトカー要員。コールサインは「デイヴィッドセブン(7 David)」または「デイヴィッドファイブ(5 David)」。
第1シーズンから第2シーズンまで登場。
第1シーズンの半ばで妊娠中の妻がいた。
バリー・バリクザー (Barry Baricza)
演:ブロディ・グリア英語版、吹替:塩沢兼人
カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール、セントラル分署パトカー要員。コールサインは「アダムセブン (7 Adam)」。
第1シーズンから第5シーズンまで登場。
「帰ってきた〜」を除くシリーズの中で、唯一銃を抜いたシーンがある警官。
シンディ・ケーヒル
演:ブライアン・リーリー英語版、吹替:水沢有美
カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール、セントラル分署パトカー要員。コールサインは「チャールズセブン (7 Charles)」。
第2シーズンに登場。
志望は白バイ警官だが、若年のため養成所に入れない。バイクの技術は高く、軽量バイクを使った丘陵パトロールで特別に任務に加わったこともある。
ジェベディア・ターナー
演:マイケル・ドーン、吹替:長堀芳夫
カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール、セントラル分署パトカー要員。コールサインは「デイヴィッドセブン(7 David)」
第3シーズンから第5シーズンまで登場。
スティーブ・マクリーシュ
演:ブルース・ジェンナー、吹替:?
第5シーズンに登場。
ボニー・クラーク
演:ランディ・オークス英語版、吹替:水沢有美
カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール、セントラル分署パトカー要員。
第3シーズンから第5シーズンまで登場。
キャシー・リナハン
演:ティナ・ゲイル、吹替:佐々木るん
第6シーズンに登場。
ベンジャミン・ウェブスター
演:クラレンス・ギルヤードJr.英語版、吹替:竹村拓
第6シーズンに登場。
ハーラン・アーリス
演:ロウ・ワグナー英語版、吹替:小野丈夫
カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール、セントラル分署メカニック。
第2シーズンから第6シーズンまで登場。
身長が低いことをたびたびアーティにネタにされている。ロサンゼルス市警察に憧れており採用試験を受けたが、視力が基準に満たず不合格。

製作[編集]

  • アメリカ ロズナー・テレビジョン、MGM-TV
  • プロデューサー リック・ロズナー
  • 劇伴は複数の作曲者が手掛けているが、アラン・シルヴェストリJ・J・ジョンソンらも名を連ねている。メインテーマ曲はアラン・シルヴェストリの作曲によるもの。

放送局[編集]

外部リンク[編集]

日本テレビ 日曜22:30 - 23:24枠(1981年8月~1982年1月)
前番組 番組名 次番組
白バイ野郎ジョン&パンチ
(第4シーズン)
日本テレビ系 日曜22:30 - 23:24枠(1984年4月~9月)
【海外ドラマ再開】
海外新事情
(22:30 - 22:54)
ミニ番組
(22:54 - 23:00)
ビッグイベントゴルフ
(23:00 - 23:30)
白バイ野郎ジョン&パンチ
(第5シーズン)
日本テレビ系 日曜22:30 - 23:24枠(1985年7月~12月)
パトカーアダム30
(第1シーズン)
白バイ野郎パンチ&ボビー
(第6シーズン)