探偵ハード&マック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

探偵ハード&マック』(HARDCASTLE AND McCORMICK) は、アメリカアクションドラマ

アメリカでは1983年9月18日から1986年3月5日まで全66話が放映された。

日本では日本テレビ系列(一部の系列局は除く)で、シーズン1を「探偵ハード&マック」のタイトルで、1985年12月13日に、金曜ロードショーで『探偵ハード&マック 流線形スポーツ〝コヨーテ〟爆走』のタイトルでパイロット版が放送され、その後、12月15日からからテレビシリーズが、日曜夜10時30分枠で放映された。シーズン2&3は「新探偵ハード&マック」のタイトルで大阪の朝日放送で放映された。

シーズン1の別タイトルは「スーパーライダー 探偵ハード&マック」。

タイトルは「探偵」だが、主人公は2人とも探偵のライセンスは持っておらず、互いの経歴・特技などを活用し、活躍するコンビの物語である。

内容[編集]

警察官から裁判官になったミルトン・ハードキャッスルは、ロサンゼルス上級裁判所で判事として活躍していた。引退後何らかの事情で解決できなかった事件を洗いなおす為、パートナーとして最後の事件を担当した自動車窃盗前科のあるカーレーサーのマーク・マコーミックを選んだ。ハード・キャッスルの保護監察下にあるマコーミックは、反抗しながらも判事と共に絶妙のコンビネーションで悪党たちに立ち向かう。

登場人物[編集]

ジャッジ・ミルトン・ハードキャッスル
演:ブライアン・キース Brian Keith、吹替:富田耕生(探偵ハード&マック) / 中庸助(新探偵ハード&マック)
マーク・マコーミック(マック)
演:ダニエル・ヒュー・ケリー Daniel Hugh Kelly、吹替:安原義人(探偵ハード&マック) / 大塚芳忠(新探偵ハード&マック)

スタッフ[編集]

  • 製作総指揮 - スティーブン・J・キャネル
  • 企画 - パトリック・ハズバーグ、スティーブン・J・キャネル
  • 音楽 - マイク・ポスト、ピート・カーペンター
  • 製作 - スティーブン・J・キャネル プロダクションズ
  • 放映 - 米国ABC

劇中車(コヨーテ[COYOTE])の特徴[編集]

  • コヨーテの母体となったのはマクラーレンM6BGTをベースとするキットカーをマンタ・カーズ社が「モンタージュ」のネーミングで販売した車である。
    • ヘッドライト・ルーフ・トランク周りをカスタム(ルーフのみシーズン1の第9話から変更)、エンジンはモンタージュの場合は通常V8が搭載されているがコヨーテの場合VW社製のオイルパンポルシェ914の2.7ℓエンジンが詰まれている。車体寸法は「全長×全幅×全高=4318×1930×1092mm」。車重=763kg

主題歌[編集]

  • 「Drive」 David Morgan(シーズン1、シーズン2・第13話~)
  • 「Back to Back」 Joey Scarbury(シーズン2・第1~12話)

エピソードリスト[編集]

シーズン1(探偵ハード&マック)[編集]

各話 邦題 原題 放送日 アメリカ合衆国の旗
1 流線形スポーツ コヨーテ爆走[1] ROLLING THUNDER(PILOT) 1983年9月18日
2 鬼判事の目にも涙!!“罪なくして”人質作戦 MAN IN A GLASS HOUSE 1983年9月25日
3 豪邸を荒らす居候男!! エアポート大追跡戦 THE CRYSTAL DUCK 1983年10月2日
4 裏切りの復讐!! 刑務所長夫人と恋の脱走 GOIN'NOWHERE FAST 1983年10月9日
5 マックのじゃじゃ馬億万長者 VS 色仕掛け美人工作員 THE BLACK WIDOW 1983年10月16日
6 炎のボクサー・キッド!! 金メダルを賭けた友情 THE BOXER 1983年10月23日
7 美人検事パメラの復讐!! 爆走コヨーテ VS トラック野郎 ONCE AGAIN WITH VIGORISH 1983年10月30日
8 激走1000km!! 美女クリスタルと映画を作る悪党達 KILLER B's 1983年11月6日
9 脅迫テープを探せ!! 悪ガキ特攻隊コブラの逆襲 THE PRINCE OF FAT CITY 1983年11月13日
10 “横滑り野郎”マック、爆走トランザムに挑戦 HOTSHOES 1983年11月27日
11 空中大脱走!! 最強コンビ常夏の楽園で大暴れ FLYING DOWN TO RIO 1983年12月4日
12 幻の地下鉄計画・土中に眠った75万ドル JUST ANOTHER ROUND OF THAT OLD SONG 1983年12月11日
13 アメフト選手とチアガール・殺人の疑惑 THIRD DOWN AND TWENTY YEARS TO LIFE 1984年1月1日
14 八百長レースをぶち壊せ! 鬼判事競馬に出走 WHISTLER'S PRIDE 1984年1月8日
15 ハード氏都へ行く!! 最高裁レース狂想曲 MR.HARDCASTLE GOES TO WASHINGTON 1984年1月15日
16 豪邸泥棒! LAの夜を騒がす美女と怪盗 SCHOOL FOR SCANDAL 1984年1月29日
17 黒い旋風! 凶悪犯皆殺し恐怖の白バイ機動隊 THE GEORGIA STREET MOTORS 1984年2月5日
18 激突パトカー軍団! 鬼判事故郷で大暴れ(前編) THE HOMECOMING PART ONE 1984年3月5日
19 激突パトカー軍団! 鬼判事故郷で大暴れ(後編) THE HOMECOMING PART TWO 1984年3月11日
20 FBI盗聴作戦! 謎の男を追った48時間 “DID YOU SEE THE ONE THAT GOT AWAY?” 1984年3月18日
21 美女の夜着から消音銃!! オトコを殺すデートクラブ REALLY NEAT CARS AND GUYS WITH A SENSE OF HUMOR 1984年3月25日
22 刑務所に火を噴いた囚人暴動!! 二人に迫る銃弾 SCARED STIFF 1984年4月1日

シーズン2(新探偵ハード&マック)[編集]

各話 邦題 原題 放送日 アメリカ合衆国の旗
1 激走! アウトロー・チャンプ OUTLAW CHAMPION 1984年9月23日
2 まぶたの父を探せ! TIES MY FATHER SOLD ME 1984年9月30日
3 消えた事件ファイルを追え! YOU WOULD CRY,TOO,IFIT HAPPENED TO YOU 1984年10月7日
4 オバン探偵危うし! D-DAY 1984年10月14日
5 死者からの電話 NEVER MY LOVE 1984年10月28日
6 死を呼ぶオルゴール WHATEVER HAPPENED TO GUTS? 1984年11月4日
7 『水』商売に気をつけろ! YOU AND THE HORSE YOU RODE IN ON 1984年11月18日
8 知りすぎた女 VS テロ軍団 ONE OF THE GIRLS FROM ACCOUNTING 1984年11月25日
9 セクシー・クィーンは未来の判事 IT COULDA BEEN WORSE.... SHE COULDA BEEN A WELDER 1984年12月2日
10 刑務所からきたサンタクロース HATE THE PICTURE.... LOVE THE FRAME 1984年12月9日
11 過去からの歌声 PENNIES FROM A DEAD MAN'S EYES 1984年12月31日
12 大活躍ご近所探偵団 THERE GOES THE NEIGHBORHOOD 1985年1月7日
13 死のフィットネスクラブ TOO RICH AND TOO THIN 1985年1月14日
14 コメディアンを愛した女 WHAT'S SO FUNNY...? 1985年1月21日
15 伯母さんは迷探偵 HARDCASTLE,HARDCASTLE,HARDCASTLE,McCORMICK 1985年2月4日
16 青春の日々を胸に抱いて THE LONG AGO GIRL 1985年2月11日
17 悪女に明日はない YOU DON'T HEAR THE ONE THAT GETS YOU 1985年2月18日
18 血塗られた誕生日 THE BIRTHDAY PRESENT 1985年2月25日
19 ビーチの秘宝争奪戦 SURPRISE ON SEAGULL BEACH 1985年3月4日
20 腐敗警官に潜入せよ UNDERCOVER McCORMICK 1985年3月11日
21 甦る熱球 THE GAME YOU LEARN FROM YOUR FATHER 1985年3月18日
22 闘う母と子を救え ANGIE'S CHICE 1985年4月1日

シーズン3(新探偵ハード&マック)[編集]

各話 邦題 原題 放送日 アメリカ合衆国の旗
1 名コンビ、最後の冒険の旅[2] SHE AIN'T DEEP BUT SHE SURE RUNS FAST 1985年9月23日
2 恋のドラッグ・レース FASTER HEART 1985年9月30日
3 戦場からのブラック・マネー THE YANKEE CLIPPER 1985年10月7日
4 復讐列車は行く SOMETHING'S GOING ON ON THIS TRAIN 1985年10月14日
5 謎の墜落機 THE CAREER BREAKER 1985年10月28日
6 黄昏のカンバック・クルージング DO NOT GO GENTLE... 1985年11月4日
7 つくられたクイズの王様 GAMES PEOPLE PLAY 1985年11月11日
8 リングに散った天使 STRANGLE HOLD 1985年11月18日
9 悩めるシックスティーン YOU'RE SIXTEEN,YOU'RE BEAUTIFUL AND YOU'RE HIS 1985年11月25日
10 マックの結婚?! MIRAGE A TROIS 1985年12月2日
11 名誉の重さ CONVENTIONAL WARFARE 1985年12月9日
12 愛と裏切りの二重奏 DUET FOR TWO WINO INSTRUMENTS 1985年12月16日
13 悲劇の墓は予言者の手で IF YOU COULD SEE WHAT I SEE 1986年1月6日
14 陰謀!? 市長選の怪 HARDCASTLE FOR MAYOR 1986年1月13日
15 真実は霧のかなたに WHEN I LOOK BACK ON ALL THE THINGS 1986年2月3日
16 兄弟の別れ道 BROTHER CAN YOU SPARE A CRIME 1986年2月10日
17 ファイナルゴールを鮮やかに ROUND UP THE OLD GANG 1986年2月17日
18 親父のくれたヤバイ店 McCORMICK'S BAR AND GRILL 1986年2月24日
19 狂気な訪問者 POKER NIGHT 1986年3月3日
20 海を越えて来た妖精 IN THE EYE OF THE BEHOLDER 1986年3月17日
21 ロックを殺した男 THE DAY THE MUSIC DIED 1986年3月31日
22 法の番人を裁け A CHIP OFF THE OL'MILT 1986年5月5日

脚注[編集]

  1. ^ 2時間
  2. ^ 日本では『新探偵ハード&マック』の最終話

DVD[編集]

海外DVD[リージョン1]のみ発売。

  • Hardcastle & Mccormick: Season 1 (5pc) (2006年発売)
  • Hardcastle & Mccormick: Season 2 (5pc) (2006年発売)
  • Hardcastle & Mccormick: Season 3 (5pc) (2007年発売)

外部リンク[編集]

日本テレビ 日曜22時30分枠
前番組 番組名 次番組
白バイ野郎パンチ&ボビー
(第6シーズン)
探偵ハード&マック
パトカーアダム30
(第2シーズン)