漣健児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。公式の表記ではしんにょう)の点が一つです。

草野 昌一(くさの しょういち、1931年2月4日 - 2005年6月6日)は、シンコーミュージック・エンタテイメント元会長。東京市牛込区(現・東京都新宿区)出身。訳詞家(作詞家)としては漣 健児(さざなみ けんじ)のペンネームを用いた。

来歴・人物[編集]

早稲田大学第一商学部在学中の1951年9月、父・草野貞二が経営する新興音楽出版社(現:シンコーミュージック・エンタテイメント)から雑誌『ミュージック・ライフ』を復刊し(貞二が1938年に創刊した『歌の花籠』をベースとし、1946年に創刊された『ミュージック・ライフ』の復活)初代編集長を務めた。

1958年4月、新興楽譜出版社専務取締役に就任。以来、同社社長、会長に就任後も終生「センム」の愛称で通した。

日本の音楽出版ビジネスの先駆者であり、1960年に音楽出版業務を開始。1965年には、音楽出版社として日本で初めて原盤制作を行う(マイク真木「バラが咲いた」)。1965年には音楽出版社から初めてJASRAC理事に就任。1973年には音楽出版社の統一団体・音楽出版社協会(MPA)設立(それまで新興など出版社系が所属する日本音楽出版社協会(NOSK)と、日音、PMP(現フジパシフィック音楽出版)など放送局系が所属する全日本音楽出版社連盟(JAMP)の2つの団体があった)に尽力。1980年にはMPA会長に就任。1978年、カントリー・ミュージック協会国際委員としてホワイトハウスに招待される。日本の音楽関係者では草野が唯一である。1998年に日本レコード大賞功労賞、1999年に藍綬褒章、日本音楽著作権協会60周年特別賞、2003年に音楽出版社協会30周年功労賞を受ける。

2005年6月6日、膵臓癌のため文京区内の病院で死去。74歳没。葬儀は近親者だけで行われたが、同年7月12日、都内のホテルで「お別れの会」が営まれ、田辺靖雄九重佑三子湯川れい子小林克也、財津和夫、森山良子、あべ静江山下達郎竹内まりや、元プリンセス・プリンセスメンバー全員など、多数が出席した。

実弟の草野浩二東芝EMIの名物ディレクター。次男の草野夏矢は現シンコーミュージック・エンタテイメント社長。

訳詞家・漣健児[編集]

1959年には「新田宣夫」名義で「赤鼻のトナカイ」などの訳詞を手がけていたが、漣健児名義で初めて訳詞を手がけたのは、坂本九ステキなタイミング」(1960年)。その他代表作としては、飯田久彦ルイジアナ・ママ」、ナット・キング・コール「L-O-V-E」、中尾ミエ可愛いベイビー」など、総数は400を越える。ただし、ザ・カーナビーツの「オブラディ・オブラダ」に代表されるように、訳詞というよりは超訳と表現されるものも多い。

また、「みナみカズみ」というペンネームは、当時シンコー・ミュージックがコントロールしており、草野昌一、安井かずみを始めとし、複数の人がこの名前で訳詞をしていたという。後に、安井かずみがこの名前を引き継ぎ訳詞家として活躍することとなる。

関連項目[編集]

  • 渡邊美佐 - 1950年代から親交があり、草野の後任としてMPA会長に就任。
  • 堀威夫 - 草野、渡邊とともに草創期の日劇ウエスタンカーニバルに携わる。
  • 田辺靖雄・九重佑三子 - 1960年代からの付き合いだが、亡くなる数年間に密度の高い繋がりを持った。漣の遺作となった「いっしょ」は、体調の悪い中、九重佑三子とFAXのやり取りで完成。曲が出来上がった時にはこの世から去っていたが、お別れの会の時に田辺・九重が「いっしょ」を初披露した。
  • 湯川れい子 - 草野に誘われ、1966年から3年間300万円の契約金で『ミュージック・ライフ』と専属契約した。
  • 朝妻一郎 - 湯川同様、草野から専属契約を持ちかけられていたが断っている。2004年、朝妻のフジパシフィック音楽出版はフジテレビジョン(現フジ・メディア・ホールディングス)と共同でシンコーからSBKカタログ、および子会社のシンコーミュージック・パブリッシャーズを買収。
  • チューリップ - シンコー初のプロダクション所属アーティスト。
  • 高護 - 漣健児再発見の仕掛人。
  • 浜圭介- 専属作家第1号
  • プリンセスプリンセス - お別れの会で数年振りにメンバー全員が集まり、それを機にメンバー全員が定期的に集まるようになった。なお、ボーカルの岸谷香はその後リリースしたアルバムにて彼を偲ぶ内容の曲も書いている。

参考文献[編集]

  • 『漣流 日本のポップスの源流を作り出したヒットメーカー 草野昌一×漣健児』(2009年、音楽出版社

外部リンク[編集]