鳥居みゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥居みゆき
ニックネーム みゆみゆ、とりみー
生年月日 3月18日(サンミュージックの公式HPより)
出身地 秋田県
血液型 O型
身長 170cm
方言 標準語 (北関東の訛りがある)
最終学歴 高等学校
出身 松みのるお笑い塾
芸風 コント
事務所 サンミュージックプロダクション
活動時期 2000年 -
同期 笑い飯
オードリーなど
過去の代表番組 臨死!!江古田ちゃん
潜在異色
PON!など
配偶者 既婚
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2008年 R-1ぐらんぷり6位
2009年 R-1ぐらんぷり8位

鳥居 みゆき(とりい みゆき)は、日本のピン芸人である。秋田県生まれ、埼玉県育ち。S&D Studioに所属後、業務提携先のサンミュージックプロダクションへ移籍。

来歴

18歳でラブ守永に誘われ、お笑い養成所の『松みのるお笑い塾』[1]に入る。約1年間養成所に通い、サンミュージックの大御所のブッチャーブラザーズ主催のライブに、ピン芸人として初出演し堕天使ネタを初披露した[2]。姉の紹介で「S&D Studio」に所属する[注 1]。その後、サンミュージック預かりとなり『GETライブ』に毎回出るようになった[3]

2007年10月にGyaOカンニング竹山の『カンニングの恋愛中毒』へ出演しネット経由でブレイクした[4]。2008年4月29日、『鳥居みゆき ハッピーマンデー』発売記念スペシャルイベントにおいて、2007年春に既に結婚していたことを発表したが、このことは事務所も知らされていなかった。2008年夏『第13回お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル』で優勝。2009年春、『ザ・イロモネア』の企画「ピンモネア」で史上初となる100万円獲得を達成。同年夏、GET寄席において南アルプス鳥居ネタ初登場。2010年新春、ポポタンネタ初登場。2011年9月にさいたま市で一日警察署長を委嘱される。同年同月にTokyoFashionFilmにmercibeaucoupのモデルとして登場。2013年新春に舞台『ドリームジャンボ宝ぶね』において植草克秀左とん平紫吹淳久野綾希子矢崎広らと共演し、後藤象二郎の貞淑な妻の磯子を演じた。同年春に、劇団「東京ギロティン倶楽部」を立ち上げ、『東京奇人博覧会』の原作を書き主演した。同年秋にWOWOWの番組『KAZEOKE』において、芥川賞作家西村賢太ダウンタウンの構成作家倉本美津留に勝ち、自身の物語が最優秀作品に選ばれた。2014年新春に新コントユニットの「ブ江ノスアイレス」を立ち上げ『GETライブ』にて初披露した[5]

人物

特徴

ネタにまつわるエピソード

  • 鳥居みゆきの創作するコントは、安部公房が作品の原点だと本人は書いている[23]
  • 『FRIDAY』の取材による中学時代の同級生の証言によれば、「実は彼女がネタの中で使う名前も、中学時代の同級生のものが多いんですよ」とのことである。[7]
  • 実際の出来事が元ネタであう場合も多い。ネタに関連した数種類の駄洒落を連発したり、韻を踏む等の古典的言葉遊びも好んで取り入れている。[要出典]
  • 短期間「飛石連休」の藤井ペイジと組んで「大型連休」という名で漫才をやっていたこともあった。最近ではラブ守永と漫才や2人コントを「月経ライブ」や地方営業限定で行っている。2014年からは、鳥居、守永とヤポンスキーこばやし画伯、ヤマダサトシ(とりゅふ)の4人でのユニット『ブ江ノスアイレス』でも活動している。このユニットは鳥居、守永がサンミュージック、こばやしがワタナベエンターテインメント、ヤマダがオスカープロモーションのそれぞれの所属であるため事務所の垣根を越えたユニットである[24]
  • 当初、テレビでは、会話がかみ合わない、シュールで不条理演劇のようなフリートークを行っていた(フリートークの中にも、笑いに持っていくための豊富なボキャブラリーとパターンが存在し、一つのネタと化していた)。[要出典]
  • 2012年12月21日付『週刊朝日』の「ホラー映画でゾンビ役 鳥居みゆき」の記事中で「誰にも似ていない、虚実の入り交ったオリジナルな世界を表現することから、彼女のコントや文章にはマニアックなファンが多い。」と記載されている。[25]
  • ネタを考える時には、部屋を暗くし、暗い曲をかけて嫌なことを思い出すなどテンションを下げる環境を作り[26]、練習は電車の車両間のの中でやることもあるという[27]
  • 再演『美幸』の公演パンフレット(有料)の本人のコメントで高校時代から両刀であったことを告白している。

家族

家族構成は父、母、姉一人[28]。姉はテレビ朝日の番組『ロンドンハーツ』に妹のみゆきへのどっきりの仕掛け人として出演したことがあり、その後も『メレンゲの気持ち』(日本テレビ)などで姉妹一緒に出演している[29]

友人関係

芸人ではサンドウィッチマン狩野英孝アンガールズユリオカ超特Qキングオブコメディ等と仲が良い。女性芸人では、友近大久保佳代子いとうあさこと親しい。また、バカリズムとはLINE友達である。[要出典]

出演および作品

(1)単独ライブ

  • 『狂宴封鎖的世界「葬式」』(2003年1月18日、新宿Fu-、1回公演)単独ライブ
  • 『狂宴封鎖的世界「故鳥居みゆき 告別式」』(2008年7月28日、新宿明治安田生命ホール、1回公演)単独ライブ
  • 『狂宴封鎖的世界「再生」』(2010年7月9日・10日、草月ホール、3回公演)単独ライブ
  • 『狂宴封鎖的世界「方舟」』(2012年9月27日・28日・29日・30日、草月ホール、6回公演)単独ライブ

(2)月経ライブ

  • 2010年は1回開催された(11月15日、阿佐ヶ谷ロフトA)
  • 2011年は4回開催された(2月14日、4月15日、7月7日、10月30日、ロフトプラスワン)
  • 2012年は1回開催された(3月30日、ロフトプラスワン)
  • 2013年は2回開催された(3月17日、10月23日、ロフトプラスワン)
  • 2014年は現在のところ1回開催されている。(3月19日、ロフトプラスワン)

(3)その他ライブ出演

  • サンミュージックGETライブには第81回2005年7月11日から出演している。
  • ブ江ノスアイレス単独ライブ第壱回公演『凌辱カルナバル』(東京公演2014年4月11日 新宿Vatios。大阪公演2014年6月15日 ロフトプラスワンウェスト)

(4)舞台

  • 『ジャッキー・ホイの小豆脳TV』(2002年6月21〜23日、下北沢本多スタジオ)
  • 『零点大将』(2002年11月1日〜3日、下北沢本多スタジオ)
  • 『午後の男優室 発表会』(2003年2月18日〜25日、下北沢OFF・OFFシアター)
  • 『岡ちゃんの着メロに御用心』(2003年5月5日〜7日 下北沢駅前劇場)
  • 『PBPディナーShow』(2009年6月9日、新宿PINKBIGPIG)(劇・歌・企画等の混ざったショー)主演
  • 『イケメン金融工学』(2012年7月27日〜29日、新宿SPACE107。8月4・5日、大阪ABCホール)
  • 鈴木おさむ劇場第一回公演『美幸』(2012年10月26日〜29日、ウッディシアター中目黒)主演 美幸役。相手役は山崎樹範  
  • 『苦情★真に受けTV』(2012年11月22日〜25日、シアターモリエール)テレビバラエティの構成作家役
  • 『クリスマスキャロルが聞こえない』(2012年12月15日・16日、笹塚ファクトリー)主演 (劇・歌・踊り・企画等の混ざったショー)病弱な少女役。
  • 『ドリームジャンボ宝ぶね』(2013年1月6日〜13日、青山劇場。1月26日、梅田芸術劇場メインホール)後藤磯子役 (なおこの作品はシェイクスピアの『夏の夜の夢』を明治期の日本に翻案したものであり、彼女の役は『夏の夜の夢』ではハーミアに相当する役である。ライサンダーに相当する相手役は矢崎広。)
  • 『田中が考え中』(2013年1月28日、本多劇場)ゲスト 辣腕社員のみゆきさん役
  • 東京ギロティン倶楽部第一回公演『東京奇人博覧会』(2013年4月17日〜21日、新宿スペース・ゼロ)原作・主演 キリコ役。相手役は河合龍之介
  • 「特殊清掃GO!GO!GO!」(2013年8月21日、ウッディシアター中目黒)ゲスト 13歳の少女役
  • 鈴木おさむ劇場第一回公演再演『美幸』(2013年9月27日〜29日、恵比寿エコー劇場)主演 美幸役。相手役は山崎樹範  
  • 『とんがれ!! 先っちょマン』(2013年11月21日〜23日、なんばグランド花月)ゲスト 先っちょ星の女王役

 (5)イベント

  • 東京ガールズコレクション 2010年3月6日
  • イトーヨーカドー“恋ゆかた”collection 2010年7月11日 ゆかたのモデルとして登場
  • TokyoFashionFilm 2011年9月16日  mercibeaucoupのモデルとして登場
  • 『共感百景』(2013年4月24日、北沢タウンホール)
  • 『三茶会』(2013年6月22日、北沢 OFF OFF 劇場)
  • 『女流共感百景』(2013年8月23日、本多劇場)

(6)地上波および衛星放送のテレビ番組、およびラジオ放送

 (a)現在のレギュラー番組
  • 東北魂TV』(BSフジ、2012年4月〜 )レギュラー。
  • 『吉田照美 飛べ!サルバドール』(文化放送、2014年4月~)レギュラー
 (b)過去のレギュラー番組

(7)テレビドラマ

(8) CM

(a)地上波
(b)その他
  • 「チャクチャク・エンタメ」(プロシード、2008年4月〜)
  • 「THE 4TH KIND」(ユニバーサル・ピクチャーズ、2009年11月~)プロモーション用ネット動画
  • 「シンガマジック」(マテル、2011年1月~)プロモーション用ネット動画
  • 「ニッカンスポーツ」(日刊スポーツ、2011年3月~)ポスター他 「変わってるね」キャンペーン
  • 「名鉄レジャック」(名鉄レジャック、2011年11月~)ポスター他 「幸せの青い鳥」キャンペーン

(9)インターネットテレビ

(a)GyaOジョッキー鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ』(GyaO、2007年11月 - 2009年8月)毎月1回木曜放送
  • 2007年は2回放映された(11月29日、12月27日)
  • 2008年は12回放映された(1月10日、2月7日、3月6日、4月3日、5月1日、6月5日、7月3日、8月7日、9月4日、10月2日、11月6日、12月4日)
  • 2009年は8回放映された(1月8日、2月5日、3月5日、4月2日、5月7日、6月4日、7月2日、8月6日)
  • 計22回である。
(b)ニコジョッキー鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ2』(ニコニコ動画、2011年7月 - )毎月1回金曜放送。
  • 2011年は6回放映された(7月15日、8月5日、9月9日、10月7日、11月2日、12月2日)
  • 2012年は10回放映された(1月13日、2月3日、4月6日、5月4日、6月1日、8月3日、9月7日、10月5日、11月2日、12月7日)
  • 2013年は12回放映された(1月9日、2月1日、3月1日、4月12日、5月3日、6月7日、7月5日、8月3日、9月18日、10月5日、11月15日、12月13日)
  • 2014年は、現在7回放映されている(1月10日、2月7日、3月3日、4月4日、5月2日、6月2日、7月4日)
(c) それ以外の作品
  • 『鳥居ようちえん』 NTTドコモケータイ放送、Bee TV(2011年1月25日~4月13日)

(10)ネットドラマ・携帯ドラマ

(11)映画・OV

  • 全然大丈夫』(2008年1月26日、stylejam) 蟹江敬三の恋人役
  • 『やさしい旋律』(2008年12月20日、GPミュージアムソフト) 若女将役(友情出演)
  • 非女子図鑑』(2009年5月30日) オムニバス作品、清水崇が監督するオープニング&エンディングのイブ役 クレジットのトップ
  • 『僕たちのアフタースクール』(2011年11月5日、ユニバーサル・ミュージック) ライターを無くす女役(ゲスト出演)
  • ゾンビデオ』(2012年12月29日、キングレコード) ヤスデ(ゾンビの女王)役 
  • 『ZOMBIE TV』(2013年12月18日、ポニーキャニオン)OV 「ゾンビの神様」のOL役 クレジットのトップ
  • 『奴隷区 僕と23人の奴隷』(2014年6月28日、ティ・ジョイ)台東不二子役 

(12)DVD CD

  • 『お笑い吟醸ライブ 極み 赤』(2004年8月21日)グレード・コミュニケーション
  • 『ギャグラ!〜鳥居みゆき編〜』(2005年2月21日)エッジ絶版
  • 『東京腸捻転〜落花流水!〜』 (2005年3月16日)ポニーキャニオン
  • 『東京腸捻転〜虚心坦懐!〜』 (2006年2月7日)ポニーキャニオン
  • 『東京腸捻転 IN 日比谷野音〜超夏祭りSPECIAL!!〜』(2006年4月5日)ポニーキャニオン
  • 『クロサギ DVD=BOX』(2006年9月22日)TCエンタテイメント DISC5に第10話を収録
  • カンニングの恋愛中毒〜天狗芸人カンニング竹山を告発する!』(2007年11月21日)video maker
  • 『鳥居みゆき ハッピーマンデー』(2008年4月23日)ContentsLeague
  • 全然大丈夫』(2008年8月29日)ポニーキャニオン
  • R-1ぐらんぷり2008』(2008年9月24日)よしもとアール・アンド・シー
  • 飛石連休 第3回単独ライブ「帯に短しタスキに飛び石」』(2008年12月24日)ビクターエンタティメント
  • 『故 鳥居みゆき 告別式〜狂宴封鎖的世界〜』(2009年1月21日)ContentsLeague
  • 『みみずひめ』(2009年1月21日)ContentsLeague
  • 『大爆笑サンミュージックGETライブVol1 出会い編』(2009年8月21日)ContentsLeague
  • 『大爆笑サンミュージックGETライブVol2 友情編』(2009年9月18日)ContentsLeague
  • 伝染るんです。②』(2009年9月18日)東宝 幽霊役のアニメ声優
  • 『テディです!』(2009年10月9日)アルバトロス 英DVD「Ready Teddy Death」の実況解説を担当。聞き手は小島よしお。多毛症包帯巻き実演等の特典映像有り
  • 『大爆笑サンミュージックGETライブVol3 恋心編』(2009年10月23日)ContentsLeague
  • 『大爆笑サンミュージックGETライブVol4 灼熱編』(2009年11月26日)ContentsLeague
  • 『ぜんぶうそ vol.1』(2009年11月27日)Vap.Inc
  • 『大爆笑サンミュージックGETライブVol5 惜別編』(2009年12月23日)ContentsLeague
  • 『ぜんぶうそ vol.2』(2009年12月23日) Vap.Inc
  • 『ぜんぶうそ vol.3』(2010年1月27日) Vap.Inc
  • 『ぜんぶうそ vol.4』(2010年1月27日) Vap.Inc
  • R-1ぐらんぷり2009』(2010年2月3日)よしもとアール・アンド・シー
  • 『ぜんぶうそ vol.5』(2010年2月24日) Vap.Inc
  • 鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ「表ワースト」編』(2010年3月25日)ContentsLeague
  • 『鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ「裏ベスト」編 』(2010年3月25日)ContentsLeague
  • 『レッドカーペット~花も嵐も高橋克己』(2010年3月30日)アニプレックス
  • 潜在異色』Vol.1〜3
  • 『大爆笑ピン芸人ベスト』(2010年4月8日)ContentsLeague ハッピーマンデーから米の吉田
  • 『鳥居ようちえん 入園編』(2010年8月20日)エイベックス
  • 『鳥居ようちえん 卒園編』(2010年8月20日)エイベックス
  • 『LIVE! 潜在異色 特別版』【SUIDOBASHI秘宝館】
  • 『狂宴封鎖的世界「再生」』(2010年11月24日)アニプレックス
  • 『大久保×鳥居×ブリトニー3P』(東映ビデオ)Vol.1〜4
  • 『臨死!! 江古田ちゃん 』(2011年4月20日)DVD-BOX (3枚組)()
  • 『カンニング竹山単独ライブ放送禁止 vol.3 』(2011年4月27日)アニプレス
  • 『世界鳥居(奇)紀行 IN タイ』(2011年5月25日)ContentsLeague
  • 内村さまぁ〜ず vol.29』(2011年6月22日)アニプレス
  • 『世界鳥居(奇)紀行 IN サイパン』(2012年8月22日)ContentsLeague
  • 『カンニングの恋愛中毒「芸人面接」未放送映像SP』(2012年10月17日)ポニーキャニオン
  • 『狂宴封鎖的世界「方舟」』(2013年2月1日)ContentsLeague 
  • 『苦情☆真に受けTV』(2013年3月20日)ポニーキャニオン 
  • 『ゾンビデオ』(2013年4月10日)キングレコード
  • 『東北魂TV~みちのく元気旅でお腹いっぱい編』(2014年6月27日)エイベックス・ピクチャーズ
  • 『東北魂TV~ギターをなくしたバンドマン編』(2014年6月27日)エイベックス・ピクチャーズ
  • 『東北魂TV~世間をあざむくニューハーフ編』(2014年6月27日)エイベックス・ピクチャーズ
(CD-ROM )
  • 『鳥居みゆき』(S&Dスタジオ、2001年8月22日)プロモーションCD-ROM

(13)PV

(14)紙媒体

(a)書籍
  • 『夜にはずっと深い夜を』(幻冬舎、2009年08月06日発売)短編小説集。単行本
  • 『夜にはずっと深い夜を』(幻冬舎文庫、2012年02月09日発売)アライユキコの解説が新たに加わった。文庫本
  • 『余った傘はありません』(幻冬舎より2012年07月19日発売)長編小説と分類してある場合も、連作短編小説集と分類してある場合もあり。単行本

(『星星峡』(幻冬舎)に2011年4月〜2012年3月に連載の小説『四月一日』に手を入れたもの。)

(b)連載
  • 『呪術新聞』(『月刊アサヒ芸能エンタメ』、2005年8月号〜2006年1月号)
  • 『鳥居みゆきの毒デンパ』(『東京スポーツ』の携帯サイト内コラム)
  • 『鳥居みゆきの妄想劇場HIT&RUN』(『スコラ』、2008年4月号〜2009年11月号)
  • 『妄想月報』(『読売新聞』、2009年4月〜2010年3月)
(c)雑誌の表紙モデル
  • サイゾー』 2008年3月号 表紙・特集
  • 週刊アスキー』(アスキー)2008年4月29日増刊号 表紙
  • 『Branche』 2009年1月29日 2月号 表紙
  • 『週刊アスキー』 2009年6月9日号 表紙とグラビア
  • 『Branche』 2010年2月25日 3・4月号 表紙
(d)その他
  • 『mercibeaucoup, 2012 spring & summer collection』 宝島社
  • 「UA TRANSFORM SHOW,UNITED ARROWS」 2012年10月12日
  • 『RODEO CROWNS PREMIUM BOOK 』Vol.4 2013年 5月号 トランスメディア

(15)その他

  • (Web)鳥居みゆき インタビュー モッテコ書店 (2010年03月10日)
  • (アプリ)鳥居みゆき「ハッピーマンデー」ネタ選(DVD「鳥居みゆき ハッピーマンデー」からのホラー色のある作品を転用)(iPhone用2010年11月25日)
  • 『日常にある地獄画集』  「しょこ♥リータ」(テレビ東京)の番組内企画「地獄お絵かき」で作られた画集。冬のコミケに出店し限定販売された後、他の番組アイテムとセットで全国のローソンで販売されていた。

脚注

  1. ^ 「S&D Studio」は、基本的に俳優・モデル系事務所のため、当時お笑い部門は鳥居みゆき一人だったという。

出典

[ヘルプ]
  1. ^ 松みのるお笑い塾<http://matsuminoru.hp.infoseek.co.jp/
  2. ^ 麻布台出版社『お笑いポポロ』2006年5月号
  3. ^ 『GETライブ』(しもきた空間リバティ、2005年7月11日)に初登場
  4. ^ 『SPA!12/4号』(扶桑社、2007年12月4日)
  5. ^ 『GETライブ』(新宿バティオス、2014年1月21・22日)
  6. ^ 『AERA12/24号』「鳥居みゆきに震えよ」(朝日新聞社、2007年12月17日)
  7. ^ a b 『FRIDAY』、講談社、2008年4月25日号
  8. ^ 『AERA12/24号』「鳥居みゆきに震えよ」(朝日新聞社、2007年12月17日)
  9. ^ 『FRIDAY』、講談社、2008年4月25日号
  10. ^ 『AERA12/24号』「鳥居みゆきに震えよ」(朝日新聞社、2007年12月17日)
  11. ^ “「友達はいない」っていうフリをされてた〈鳥居みゆき 新刊インタビュー3〉(1-4)”. エキレビ! (エキサイト). (2012年8月7日). http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20120807/E1344265783056.html 2014年7月20日閲覧。 
  12. ^ a b c d “「のうのうと生きてちゃいけない」“リストカッター”鳥居みゆきが生きる意味を得たマンガ”. 日刊サイゾー (サイゾー). (2012年11月16日). http://www.cyzo.com/2012/11/post_11909.html 2014年8月1日閲覧。 
  13. ^ a b c “〈私のコミック履歴書〉お笑い芸人 鳥居みゆきさん”. 朝日新聞デジタル. (2011年2月23日). http://book.asahi.com/comicbreak/TKY201102190227.html 2014年7月20日閲覧。 
  14. ^ 鳥居みゆき著『夜にはずっと深い夜を』文庫版、表紙
  15. ^ “タレントリスト”. Sun Music Group. http://www.sunmusic.org/profile/torii_miyuki.html 2013年12月16日閲覧。 
  16. ^ “【第11回】小明の「大人よ、教えて!」"逆"人生相談 鳥居みゆきさんの至言「やりたくないこと、やらないだろうな、ってことをやるの」(後編)”. 日刊サイゾー (サイゾー). (2010年4月6日). http://www.cyzo.com/2010/04/post_4230.html 2014年7月20日閲覧。 
  17. ^ “鉄拳に続け! 鳥居みゆきが自作のクレイアニメを披露、その完成度は? 『スター☆ドラフト会議』”. テレビドガッチ. (2013年2月19日). http://dogatch.jp/news/ntv/14319 2014年7月20日閲覧。 
  18. ^ 2011年2月4日放送『金曜スーパープライム』”. TVでた蔵 (2011年2月4日). 2014年7月22日閲覧。
  19. ^ 『CIRCUS 』(6月号)2008年5月2日
  20. ^ 日刊スポーツ』2008年4月17日付芸能面
  21. ^ 鳥居みゆき、夫が子作り拒否!?「家に帰ってこない」”. 映画.com (2011年6月22日). 2014年7月22日閲覧。
  22. ^ CanCam (小学館、(7月号)2008年5月22日)
  23. ^ 安部公房『壁』(新潮文庫)帯による記載
  24. ^ お笑いクロスオーバー計画「ブ江ノスアイレス」、4月11日単独ライブ開催!”. リアルライブ (2014年3月7日). 2014年7月22日閲覧。
  25. ^ 週刊朝日2012年12月21日号
  26. ^ 麻布台出版社『お笑いポポロ』2006年5月号 110ページより
  27. ^ 講談社FRIDAY』2007年12月14日号より。
  28. ^ 『女性セブン』、小学館、2008年5月15・22日号
  29. ^ 鳥居みゆきが実の姉とメレンゲに出演”. お笑いナタリー (2010年4月23日). 2014年7月20日閲覧。

外部リンク