アギーレ/神の怒り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アギーレ/神の怒り
Aguirre, der Zorn Gottes
監督 ヴェルナー・ヘルツォーク
脚本 ヴェルナー・ヘルツォーク
製作 ヴェルナー・ヘルツォーク
ハンス・プレッシャー
出演者 クラウス・キンスキー
音楽 ポポル・ヴー
撮影 トーマス・マウホ
編集 ベアーテ・マインカ=イェリングハウス
製作会社 ヴェルナー・ヘルツォーク・フィルムプロダクション
配給 西ドイツの旗 Filmverlag der Autoren
日本の旗 大映インターナショナル[1]
公開 西ドイツの旗 1972年12月29日
日本の旗 1983年2月26日
上映時間 93分
製作国 西ドイツの旗 西ドイツ
言語 ドイツ語
製作費 $370,000[2]
テンプレートを表示

アギーレ/神の怒り』(アギーレかみのいかり、: Aguirre, der Zorn Gottes: Aguirre, the Wrath of God)は、1972年西ドイツ映画。監督はヴェルナー・ヘルツォーク。 2005年にタイム誌が選ぶ歴代映画ベスト100に選出された[3]

ストーリー[編集]

1560年、スペインからの探検隊がキトからアンデスの山に向かっていた。ゴンサロ・ピサロの指揮の元、彼らは伝説の都市エル・ドラドを発見しようとしていた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

影響[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 映画 アギーレ/神の怒り”. allcinema. 2013年7月23日閲覧。
  2. ^ Aguirre, der Zorn Gottes (1972) - Box office / business” (英語). IMDb. 2013年7月23日閲覧。
  3. ^ Aguirre: The Wrath of God (1972) ALL-TIME 100 Movies ※この企画は名作映画を100本選ぶ趣旨なのでランキング付けはされていない。
  4. ^ 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、294頁。ISBN 4766927060

外部リンク[編集]