限定販売

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

限定販売(げんていはんばい)、もしくは限定発売(げんていはつばい)とは、企業が商品を地域や期間などに区切って販売する方法。全国販売に先駆けて試験的に行われるマーケティング目的の限定販売や、商品の購買意欲を高める目的で行われるものがある。 企業の負担が軽い割には効果が大きく、最近では意図的に行われるケースが増えている。そのため、露骨な商業主義だと反発する消費者も少なからず存在する。

地域限定[編集]

関東や中部・四国などのブロックに区切り、そのエリア内でのみ販売される手法。地方の名産品を素材にしたものや、コストの関係で全国販売が難しいものなどが対象となる。また、どん兵衛などのレトルト麺の中には、地域に応じてスープのベースとなるダシを変えるなど、消費者が気づかないうちに限定品を購入している場合がある。近年ではコンビニエンスストアでも出店地域ごとにデザートなどのラインナップを変え、地方ごとの独自色を打ち出す試みが行われている。また、地域性からか北海道では多数の限定品が販売されている(詳しくは北海道限定品参照のこと)。

期間限定[編集]

菓子類や飲食店のメニューで多く用いられ、春であればの花、夏であればなど、季節にあわせた味付けを施した商品が多い。 また「試験にうカール」(カール明治製菓)や「きっと勝つと」(キットカットネスレ)など受験シーズンに合わせて語呂合わせでネーミングを変えた商品が期間限定で販売されるケースが増えている。TCG販売において多用されている。

数量限定[編集]

生産数を制限して販売する手法。高級食品といった大量生産するとコストに見合わない製品のほか、マニアックな書籍(新刊、復刻版、豪華版など)、往年のDVDなどの元々一定の顧客にのみアピールする商品などが対象となる。商品によっては製造本数とその中で何番目に造られたのかを示すロットナンバーが記されることがあり、その中でも若い数字、つまり初期に生産されたものが価値があるとされている。こちらもTCG販売で多用されている。

限定カラー[編集]

前述の「数量」はもちろん、「地域」「期間」にも当てはまる場合がある。

携帯型ゲームスニーカーパソコン家電製品楽器自動車などにおいて、通常の商品のラインナップにはない特別な色のバージョンが販売されることがある。

限定販売の例[編集]

数量限定[編集]

下記にはゲーム類の例が多数あげられているが、出版関係では「限定○百部」といった刊行形式は、枚挙に暇(いとま)がないほど多数存在する。

期間限定[編集]

マクドナルド

  • 月見バーガー(秋季)
  • てりたまバーガー(春季)
  • グラタンコロッケバーガー(冬季)
  • マックシェイク(不定期)

地域限定[編集]

グリコ

  • ジャイアントポッキー・夕張メロン味(北海道)
  • ジャイアントポッキー・信州巨峰(信州)

サンリオ

場所限定[編集]

  • (自衛隊限定)

関連項目[編集]