鈴木章治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鈴木 章治
基本情報
出生名 鈴木 章治
出生 1932年8月16日
日本の旗 日本神奈川県横浜市
死没 1995年9月10日(満63歳没)
日本の旗 日本
ジャンル スウィング・ジャズ
職業 クラリネット奏者
担当楽器 クラリネット
活動期間 1947年 - 1995年
共同作業者 ピーナッツ・ハッコー
鈴木章治とリズム・エース
南部三郎
秋満義孝
原田イサム
鈴木敏夫 (ミュージシャン)
鈴木康一
鈴木正男
三木鶏郎楽団
ジョージ川口
小野満
東松二郎とアズマニアンズ
東松二郎
南里文雄とホット・ペッパーズ
南里文雄
池田操のリズム・キングス
池田操

{{{Influences}}}

鈴木 章治(すずき しょうじ、1932年8月16日 - 1995年9月10日)は、日本のジャズクラリネット奏者。神奈川県横浜市生まれ。父の三郎ヴァイオリン奏者、兄の敏夫ピアノ奏者、弟の康一正男サックスもクラリネットも演奏した。

経歴[編集]

1947年キャバレーのアルト・サックス奏者としてプロ・デビューした。また、そのころ三木鶏郎が結成した三木鶏郎楽団のメンバーとして活動していた。1949年に、ジャズ・クラリネット奏者である東松二郎の楽団、東松二郎とアズマニアンズで演奏し、東の影響を受けクラリネット奏者に転向した。1950年松井八郎と東京ジャイヴに入団した。また、南里文雄とホット・ペッパーズで演奏し、ディキシーランド・ジャズを学んだ後、池田操のリズム・キングスに参加した。1953年に、ヴィブラフォン奏者の南部三郎ピアノ奏者の秋満義孝ドラムス奏者の原田イサムらと、リズム・エースを結成しバンド・リーダーとなった。

鈴木章治とリズム・エースの活躍[編集]

1957年1月スウィングの王様といわれるベニー・グッドマン楽団が来日し、そのときに、ベニー・グッドマンと彼の楽団でリード・アルト・サックスを担当していたピーナッツ・ハッコーが、銀座のクラブで鈴木章治とリズム・エースが演奏していたのを聴いた。この時に「鈴懸の径」を非常に気に入って、その後の米欧巡演でも「プラタナス・ロード」として演奏、吹き込みを行っている(ベニー・グッドマンはピーナッツ・ハッコーを非常に優秀な奏者として賞賛していた)。鈴木章治は1954年頃には「ベニー・グッドマンの再現のみに全力を注いで録音したものでした」とTBSスタッフに解説されるほどグッドマンに傾倒していた。

ピーナッツ・ハッコーは、1957年1月17日にTBSのスタジオであるTBSホールでのリズム・エースの放送用録音にゲストとしてクラリネットで参加し、「鈴懸の径」(Platanus Road)、「アイサレンダーディア」(I Surrender Dear)、「君去りし後」(After You've Gone)などを録音した。この「鈴懸の径」の共演録音にはリクエストが殺到して、何度かLPレコード化され、ジャズ・レコードの記録を破る大ヒットとなった。

これを機に、鈴木章治とリズム・エースの人気はさらに高まり、1966年ニューヨークエディ・コンドンのクラブに3週間連続で出演し、1982年にはカーネギー・ホールでのコンサートを実現した。

なお、灰田有紀彦(晴彦)作曲、灰田勝彦が歌ってヒットした原曲の「鈴懸の径」は、歌謡曲には少ない3拍子で、これを鈴木章治が4拍子にジャズアレンジしてさらに大ヒットさせたものである。1995年9月10日に死去した。

外部リンク[編集]

鈴懸の径(4拍子)演奏サンプル(ジャズアレンジ1980年代リズムエース演奏≠1957/1 TBSホール演奏)