美樹克彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

美樹 克彦(みき かつひこ、1948年(昭和23年)10月22日 - )は、シンガーソングライター音楽プロデューサーである。京都市右京区の生まれ。本名および旧芸名目方 誠(めかた まこと)。

来歴・人物[編集]

1954年幼稚園児の終わりごろに京都市内の劇団「ペチカ」に入団。市立衣笠小学校から市立衣笠中学校に進学し、この間子役として(芸名も本名のままで)70本近くの映画に出演。

それと並行して歌のレッスンも行い、中学2年のときに上京、新宿区立四谷第一中学校に転校。歌手としてビクターレコードから「トランジスター・シスター」でデビュー。その一方でフジテレビ三匹の侍』など、テレビ映画にも出演した。1965年日本大学鶴ヶ丘高等学校2年のとき、芸名を現在の美樹克彦に改名し、日本クラウンから「俺の涙は俺がふく」で歌手として再デビュー。その後、「回転禁止の青春さ」、「6番のロック」、「恋の台風第一号」、「赤いヘルメット」、「花はおそかった」など、多くのヒット曲を連発し、一躍アイドル歌手となった。日本大学藝術学部映画学科に進学したが1969年に2年で中退。キャニオンポリドールへの移籍を経て、RCAビクターBMG JAPANを経て、現在はアリオラジャパン)に移籍後はシンガーソングライターに転向。その後も楽曲提供を行ったり、プロデューサー活動も展開している。

1977年に結婚。 近年では2009年探偵!ナイトスクープに出演し、久々に「花はおそかった」をテレビで披露した。

代表曲[編集]

本人歌唱[編集]

日本クラウン時代[編集]

キャニオン以降[編集]

  • 太陽のかけら (c/w 晴れた日にさよならを) 1971年7月
  • 雨に歩けば (c/w たそがれにブルースを) 1971年12月

提供楽曲[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 1967年 第18回「花はおそかった」

関連人物・項目[編集]

外部リンク[編集]