青山祐子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あおやま ゆうこ
青山 祐子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 広島県佐伯郡大野町
(現・廿日市市
生年月日 1972年12月27日(41歳)
最終学歴 筑波大学体育専門学群卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 長野→東京アナウンス室
活動期間 1995年
ジャンル 情報番組など
配偶者 あり(2011年)
家族 2012年3月5日、男児を出産。その後、女児を出産。
出演番組・活動
過去 本文参照

青山 祐子(あおやま ゆうこ、1972年12月27日 - )は、NHKアナウンサー

人物[編集]

広島女学院高等学校を経て筑波大学卒業後、1995年入局。

高校時代は新体操の選手として活躍したが、上京し筑波大学へ進学後は弓道へ転向。在学中の1993年1月に行われた第43回三十三間堂弓道遠的大会/成人女子の部で優勝している。

体育会系でスポーツ万能だったこと、初任地で冬季オリンピックが開催されたことから、スポーツアナウンサーとして育成された。藤井彩子が大阪放送局へ、有働由美子がアメリカ総局へそれぞれ異動した後に、女性スポーツ担当アナウンサーの中心的存在となる。

リレハンメルオリンピックスキージャンプラージヒル団体種目において、原田雅彦金メダルを目前にしてジャンプを失敗した際、日本チームの選手が駆け寄ってきた映像に感動し「そのような現場にいたい」と感じたことがアナウンサーを志望した動機だという。

就職試験ではNHKと長野朝日放送に合格し「迷った末にNHKを選んだ」と告白している[1]。しかし、NHK入局後に長野放送局に配属された。そうした縁から、当初は国際オリンピック委員会推薦により北京オリンピックの国際聖火ランナーを務めることになっていたが、『ニュースウオッチ9』のアンカーに起用されたため断念した。[2]

2011年1月に医療福祉関連会社役員との結婚を発表した。 当初同年3月に式を予定していたが東日本大震災の影響を受け5月に延期した。2012年に第一子男児を出産。その後、第二子女児を出産。

現在の出演番組[編集]

(育児休暇中のためなし)

過去の出演番組[編集]

長野局時代
東京アナウンス室異動後
※開催期間前後は『サンデースポーツ』の與芝由三栄らとともに現地に派遣された[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 八塩圭子著『女性アナウンサーとしての生き方』より
  2. ^ NHK・青山祐子アナが聖火ランナー急きょ交代! スポーツ報知 2008年4月16日
  3. ^ NHKトップトーク 福地会長会見要旨”. NHK (2008年5月8日). 2012年3月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]