第33回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第33回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 1982年昭和57年)12月31日NHK紅白歌合戦第33回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
外部リンク NHK紅白歌合戦 公式サイト
テンプレートを表示
第33回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1982年昭和57年)12月31日
放送時間 1982年昭和57年)12月31日
放送局 NHKラジオ第1
制作 日本放送協会(NHK)
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第33回NHK紅白歌合戦』(だいさんじゅうさんかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、1982年昭和57年)12月31日NHKホールで行われた、通算33回目のNHK紅白歌合戦。21時から23時45分にNHK生放送された。

概要[編集]

  • 通常、出場歌手発表後に決める曲目制定を出場歌手選考中のこの年9月21日から行った。各レコード会社に「今年紅白に出場させたい人たちのリストを作り、歌唱希望曲を3つ書いて提出を求めるという試みを行った(歌唱希望曲については、自身の過去のヒット曲でも他人の持ち歌でも構わない」とのものであった)。ヒット曲不足の1年を振り返り、曲目によっては出演危機の歌手にもチャンスが与えられるような印象が業界に広まり、また出場させたいリストをレコード会社が提出した時点で出演意思の判断ができるということにもなった[1]
  • 「名曲紅白」と題してこの年のヒット曲でない曲や他人の持ち歌が多く歌われた。
  • 両軍司会は3年連続で黒柳徹子山川静夫(9年連続)が担当。
  • 今回より全ての歌唱曲の歌詞テロップがテレビ画面上に登場する様になった。
  • 前回に引き続き曲順発表前に両軍共にトリ候補を事前に公表する試みを行った。紅組は八代亜紀島倉千代子都はるみ、白組は五木ひろし村田英雄森進一との布陣で発表される。「名曲紅白」とのテーマに沿って「影を慕いて」を歌唱する森の白組トリおよび大トリ起用が先に決定し、その相手として島倉と都が考慮されたが、「影を慕いて」というマイナー演歌に対抗するにはマイナー曲でとの声が高まり、デビュー曲「涙の連絡船」を歌唱する都の選出が決まった[2]
  • この年11月の時点では、『女性セブン』(1982年11月25日号、44頁)が両軍トリについて、当時交際中だった松田聖子郷ひろみが務めるのでは?との予想記事を掲載していた。
  • この年デビュー曲「セーラー服と機関銃」が大ヒットした薬師丸ひろ子は、当時大学受験のため休業中だったこともあり、出演を辞退。ただ薬師丸の代わりに桜田淳子が同曲を歌唱した[3]
  • 島倉千代子と共に最多出場記録(連続26回、この年時点)を誇っていたフランク永井は、翌1983年(昭和58年)に落選。その後、1985年(昭和60年)に自殺未遂事件を起こしてからは歌手復帰が出来ぬまま2008年平成20年)に逝去、今回がフランク永井の生涯最後の紅白出演となった。
  • 他に13回連続出場の内山田洋とクール・ファイブや、9回連続出場の桜田淳子といったベテランも、今回限りで出場記録が途切れている。
    • 事実上桜田は、今回で紅白出場は最後となったが、1985年(昭和60年)・第36回にゲスト出演している(同年上期の連続テレビ小説澪つくし』の寸劇コーナーにて)。
    • 内山田洋とクール・ファイブから脱退したボーカルの前川清は、1991年(平成3年)にソロ歌手として紅白復帰。それから15年後の2006年(平成18年)にはリーダーの内山田洋が逝去したため、追悼の意味を込めて紅白では24年ぶりのクール・ファイブ再結成となる。その後も2007年・2008年と3年連続で、紅白ソロ出場の前川清をサポートする形式でクール・ファイブのメンバーも特別出演した(再結成後、クール・ファイブのメンバーは正式な出場回数に含まれていない)。
  • サザンオールスターズは「チャコの海岸物語」で2度目の出場を果たす。同ボーカル桑田佳祐は歌唱中に三波春夫(サザンオールスターズの1つ前の位置で歌唱)の格好で「受信料は払いましょう!」「裏番組はビデオで見ましょう!」などの発言をし、視聴者から批判を受ける。桑田本人は後にNHKに詫び状を書かされ、「詫び状なんか書くくらいなら2度と出ない!」と、後の紅白(ひいてはNHK)との確執に繋がったことを明かしている(ただし、翌1983年第34回には「東京シャッフル」で出場。それがグループでの最後の出場となっている)。
  • サザンオールスターズの後は研ナオコの「夏をあきらめて」(桑田が作詞作曲し、この年大ヒットした)。その際、桑田から研にマイクが手渡され、黒柳が曲紹介の際に「桑田さん、ありがとう」という研の謝辞を紹介していた。
  • 島倉千代子は紅白でこれまで歌唱歴のなかったデビュー曲「この世の花」を初披露した[4]
  • 岩崎宏美日本テレビ系列『火曜サスペンス劇場』の主題歌になっていた「聖母たちのララバイ」を歌唱。岩崎がNHK番組で同曲を歌唱するのは初めてだった(曲紹介時に黒柳がこの点に言及している)。
  • 優勝は紅組。
  • 今回の「蛍の光」はシンプルに歌われた後、ディスコ風にアレンジされたものが演奏された。出場歌手やスタッフが歌いながら踊った。
  • 視聴率は69.9%となり、史上初めて70%割れとなった。この影響により山川は今回を以って白組司会を退いた(翌年の第34回では先輩の鈴木健二にその座を譲った。その後山川は1991年第42回1992年第43回に総合司会として司会復帰している)。一方、黒柳は翌年も紅組司会を続投した(黒柳についても交代が検討された)。なお、翌年は視聴率70%台復活を果たした。
  • 山川の9年連続白組司会担当は先輩の高橋圭三に並び連続白組司会の最長記録となっている。
  • 2年連続で総合司会を務めた生方惠一は今回で一旦総合司会担当を退いた(翌年の総合司会はタモリに交代。なお生方は得点集計進行を担当)が、2年後の1984年第35回で総合司会に復帰した。
  • ビートルズが、この年20周年ということで、紅白若手メンバーによるダンス付きで、ビートルズのヒットメドレー(ただし、全曲独自の日本語詞)が特別コーナーを設け唄われる。参加メンバーは桜田淳子岩崎宏美西城秀樹郷ひろみ榊原郁恵高田みづえ田原俊彦近藤真彦松田聖子河合奈保子、三原順子(現:三原じゅん子)、シブがき隊
  • 後年、『思い出の紅白歌合戦』(BS2)で再放送された。

司会者[編集]

演奏[編集]

審査員[編集]

大会委員長[編集]

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
三原順子(初) ホンキでLove me Good!! シブがき隊(初) 100%…SOかもね!
河合奈保子(2) 夏のヒロイン 田原俊彦(3) 誘惑スレスレ
あみん(初) 待つわ 近藤真彦(2) ホレたぜ! 乾杯
高田みづえ(5) ガラスの花 西城秀樹(9) 聖・少女
松田聖子(3) 野ばらのエチュード 郷ひろみ(10) 哀愁のカサブランカ
水前寺清子(18) 大勝負 三波春夫(25) チャンチキおけさ
Sugar(初) ウエディング・ベル サザンオールスターズ(2) チャコの海岸物語
研ナオコ(6) 夏をあきらめて 菅原洋一(16) 愛の讃歌
ロス・インディオス&シルヴィア(3) コモエスタ赤坂 加山雄三(9) 君といつまでも
青江三奈(16) 伊勢佐木町ブルース フランク永井(26) 有楽町で逢いましょう
島倉千代子(26) この世の花 千昌夫(10) 北国の春
牧村三枝子(2) くちなしの花 新沼謙治(7) 新雪
榊原郁恵(5) なごり雪 山本譲二(2) 旅の終りはお前
小柳ルミ子(12) みだれ髪 西田敏行(2) ああ 上野駅
桜田淳子(9) セーラー服と機関銃 沢田研二(10) 6番目のユ・ウ・ウ・ツ
川中美幸(2) あなたひとすじ 内山田洋とクール・ファイブ(11) 噂の女
岩崎宏美(8) 聖母たちのララバイ 中村雅俊(初) 心の色
森昌子(10) 立待岬 細川たかし(8) 北酒場
石川さゆり(6) 津軽海峡・冬景色 村田英雄(21) 夫婦春秋
小林幸子(4) おもいで酒 北島三郎(20) なみだ船
八代亜紀(10) 海猫 五木ひろし(12) 契り
都はるみ(18) 涙の連絡船 森進一(15) 影を慕いて

デュエットソングショーの曲目・歌手は以下の通り。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』
  2. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』
  3. ^ 桜田はそれ以前に、この年8月24日放送の『NHK歌謡ホール』で同曲を歌唱している。
  4. ^ 同曲は1975年第25回で歌唱予定だったが、急遽別の「襟裳岬」に変更した。同回の項も参照。

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]