ユニセフ親善大使の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユニセフ親善大使の一覧(ユニセフしんぜんたいしのいちらん)は、ユニセフ親善大使 (UNICEF Goodwill ambassadors) の一覧。敬称略。

歴史および任務の目的[編集]

ダニー・ケイ1954年に国連特使 (Ambassador-at-Large) に任命されたのが始まり。以後、他の世界の著名な俳優歌手スポーツ選手などがそれぞれ、ユニセフの国際親善大使・地域大使や各国内委員会大使に任命されて活動を始めるようになった。ユニセフ親善大使の任務の目的は、親善大使の才能や業績および知名度を生かして、ユニセフの支援活動に対する人々の関心を高めることである。マスメディアを通しての広報活動を中心に、紛争地域への訪問や政界への働きかけなどを主な活動内容としている。

現在のユニセフ国際親善大使 (International ambassadors)[編集]

以下、()内は任命された年。

過去のユニセフ親善大使[編集]

エミネント・アドボケート (Eminent Advocate)[編集]

ユニセフは親善大使と併せて、特定分野の進展のため「エミネント・アドボケート(著名擁護者)」を任命。

ユニセフ地域大使 (Regional ambassadors)[編集]

中央・東ヨーロッパ及びCIS地域大使[編集]

ラテンアメリカ地域大使[編集]

中東・北アフリカ地域大使[編集]

東・南部アフリカ地域大使[編集]

フランス語圏地域大使[編集]

東アジア・太平洋地域大使[編集]

ユニセフ国内委員会大使 (National ambassadors)[編集]

ユニセフ国内大使とも呼ばれる。ユニセフが任命するのではなく、各国のユニセフ国内委員会が任命し、それをユニセフが承認する。ユニセフ国内委員会は主に先進工業国にあり、募金活動や広報活動、アドボカシー活動を実施し、ユニセフの活動を支援している。これらの国の多くは第二次世界大戦後、ユニセフの支援を受けた国である。たとえば、日本におけるユニセフ国内委員会はユニセフ日本委員会(別名は日本ユニセフ協会)である。

アメリカ合衆国 アメリカ合衆国の旗[編集]

アルゼンチン アルゼンチンの旗[編集]

アルメニア アルメニアの旗[編集]

イギリス イギリスの旗[編集]


イラン イランの旗[編集]

インド インドの旗[編集]

インドネシア インドネシアの旗[編集]


ウルグアイ ウルグアイの旗[編集]

エジプト エジプトの旗[編集]

エストニア エストニアの旗[編集]


オーストラリア オーストラリアの旗[編集]

オーストリア オーストリアの旗[編集]


ガーナ ガーナの旗[編集]

カナダ カナダの旗[編集]

ガンビア ガンビアの旗[編集]

クウェート クウェートの旗[編集]

クロアチア クロアチアの旗[編集]

ケニア ケニアの旗[編集]


スイス スイスの旗[編集]

タイ王国 タイ王国の旗[編集]

チェコ チェコの旗[編集]

チリ チリの旗[編集]

ドイツ ドイツの旗[編集]

トルコ トルコの旗[編集]

ナイジェリア ナイジェリアの旗[編集]

ナミビア ナミビアの旗[編集]

日本 日本の旗[編集]

ニュージーランド ニュージーランドの旗[編集]

ノルウェー ノルウェーの旗[編集]

パキスタン パキスタンの旗[編集]


フィリピン フィリピンの旗[編集]

ブラジル ブラジルの旗[編集]

フランス フランスの旗[編集]


ベナン ベナンの旗[編集]

ベネズエラ ベネズエラの旗[編集]

ペルー ペルーの旗[編集]

ベルギー ベルギーの旗[編集]

香港 香港の旗[編集]

南アフリカ 南アフリカ共和国の旗[編集]

ロシア ロシアの旗[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Tetsuko Kuroyanagi”. 2012年7月1日閲覧。
  2. ^ Harry Belafonte”. 2012年7月1日閲覧。
  3. ^ Lord Richard Attenborough”. 2012年7月1日閲覧。
  4. ^ Sir Roger Moore”. 2012年7月1日閲覧。
  5. ^ Nana Mouskouri”. 2012年7月1日閲覧。
  6. ^ Leon Lai”. 2012年7月1日閲覧。
  7. ^ Vanessa Redgrave”. 2012年7月1日閲覧。
  8. ^ Judy Collins”. 2012年7月1日閲覧。
  9. ^ Maxim Vengerov”. 2012年7月1日閲覧。
  10. ^ Susan Sarandon”. 2012年7月1日閲覧。
  11. ^ Mia Farrow”. 2012年7月1日閲覧。
  12. ^ Sebastião Salgado”. 2012年7月1日閲覧。
  13. ^ Femi Kuti”. 2012年7月1日閲覧。
  14. ^ Angélique Kidjo”. 2012年7月1日閲覧。
  15. ^ Whoopi Goldberg”. 2012年7月1日閲覧。
  16. ^ Shakira Mebarak”. 2012年7月1日閲覧。
  17. ^ Ricky Martin”. 2012年7月1日閲覧。
  18. ^ Jackie Chan”. 2012年7月1日閲覧。
  19. ^ Lang Lang”. 2012年7月1日閲覧。
  20. ^ Danny Glover”. 2012年7月1日閲覧。
  21. ^ Amitabh Bachchan”. 2012年7月1日閲覧。
  22. ^ David Beckham”. 2012年7月1日閲覧。
  23. ^ a b Berliner Philharmoniker”. 2012年7月1日閲覧。
  24. ^ Myung-Whun Chung”. 2012年7月1日閲覧。
  25. ^ Maria Guleghina”. 2012年7月1日閲覧。
  26. ^ Orlando Bloom”. 2012年7月1日閲覧。
  27. ^ Leo Messi”. 2012年7月1日閲覧。
  28. ^ Yuna Kim”. 2012年7月1日閲覧。
  29. ^ Liam Neeson”. 2012年7月1日閲覧。
  30. ^ Serena Williams”. 2012年7月1日閲覧。
  31. ^ Danny Kaye”. 2012年7月1日閲覧。
  32. ^ Sir Peter Ustinov”. 2012年7月1日閲覧。
  33. ^ Audrey Hepburn”. 2012年7月1日閲覧。
  34. ^ Youssou N'Dour”. 2012年7月1日閲覧。
  35. ^ Johann Olav Koss”. 2012年7月1日閲覧。
  36. ^ Vendela Thommessen”. 2012年7月1日閲覧。
  37. ^ Jessica Lange”. 2012年7月1日閲覧。
  38. ^ Roger Federer”. 2012年7月1日閲覧。
  39. ^ HM Queen Rania”. 2012年7月1日閲覧。
  40. ^ Ishmael Beah”. 2012年7月1日閲覧。
  41. ^ a b c d e f g h i j k l Regional Ambassadors”. 2012年7月1日閲覧。
  42. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq National ambassadors”. 2012年7月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]