チョン・ミョンフン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チョン・ミョンフン
各種表記
ハングル 정명훈
漢字 鄭明勳
発音: チョン・ミョンフン
ローマ字 Cheong Myeonghun
テンプレートを表示

鄭 明勳(欧文表記:Myung-Whun Chung, 1953年1月22日 - )は韓国ソウル生まれの指揮者ピアニストアメリカ国籍。ヴァイオリニストのチョン・キョンファとチェリストのチョン・ミョンファは実姉。かつてはチョン・ミュンフンと表記されていた。

来歴[編集]

ピアニストとして[編集]

公務員の父と料理店経営の母の下、7人兄弟の下から2番目(三男)として生まれる。幼い頃からピアノを学び、7歳でソウル市交響楽団(ソウル・フィル)とハイドンのピアノ協奏曲を共演するなど、早くから才能を開花させた。

1961年、母親がシアトルで韓国料理店を開くため一家で渡米(2人の姉は既にニューヨークで学んでいた)。1967年にはシアトルでリサイタルを開催している。1968年にニューヨークへ移り、1971年からマネス音楽大学でピアノをナディア・ライゼンバーグに、指揮をカール・ブラムバーガーに師事。同年、姉ミョンファがジュネーヴ国際音楽コンクールチェロ部門で第1位を獲得した際のピアノ伴奏を務めた。1974年 にアメリカ人としてチャイコフスキー国際コンクールピアノ部門に出場し第2位に入賞。以後、指揮の勉強と並行してピアニストとして活動し、1979年にはシャルル・デュトワ指揮のロサンジェルス・フィルハーモニックチャイコフスキーピアノ協奏曲第1番デッカにレコーディングしている。

また姉のキョンファ、ミョンファとともに「チョン・トリオ」を結成しピアノを担当。チョン・トリオ名義ではドヴォルザークブラームスメンデルスゾーンチャイコフスキーショスタコーヴィチのピアノ三重奏曲やベートーヴェン三重協奏曲などをレコーディングしている。

指揮者として[編集]

マネス音楽大学卒業後、1974年にジュリアード音楽院の大学院に進学し本格的に指揮の勉強を開始する。ジュリアード音楽院で歌劇「蝶々夫人」を指揮したほか、ニューヨーク・ユース・オーケストラの指揮者も務めた。1978年にロサンジェルス・フィルハーモニックカルロ・マリア・ジュリーニのアシスタントとなって研鑽を積み、1980年に同団の副指揮者となる。1984年、ザールブリュッケン放送交響楽団の首席指揮者に就任。この頃からヨーロッパを中心に指揮活動を始め、1990年にはクラウディオ・アバドの芸術監督就任に抗議してキャンセルしたロリン・マゼールの代役としてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団にデビューしている。オペラ指揮者としては、1986年にヴェルディの歌劇「シモン・ボッカネグラ」でメトロポリタン歌劇場にデビュー。1987年にはフィレンツェ歌劇場の首席客演指揮者に就任した。

1989年、パリ・オペラ座(バスティーユ歌劇場)に、就任前に解任されたダニエル・バレンボイムの代わりに初代音楽監督として迎えられ、1990年にはドイツ・グラモフォンと専属契約を結ぶ。このパリ・オペラ座時代には晩年のオリヴィエ・メシアンと親交を持ち、1990年に録音されたトゥーランガリラ交響曲のCD解説をメシアン自身が執筆したほか、1994年に「コンセール・ア・キャトル」を世界初演する等、メシアンの死後も彼の作品の積極的な演奏・録音につとめている。1992年にはオペラ座での功績が認められ、フランス政府からレジオンドヌール勲章が授与された。

1994年、政治的理由によりパリ・オペラ座のポストを突如解任される。その後しばらくはフリーランスとして活動していたが、1997年にローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団の首席指揮者に就任。湖巌賞芸術部門受賞。1998年には韓国のKBS交響楽団の音楽監督に就任するも翌年辞任。2000年、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任している。

2001年、合併で誕生した新生東京フィルハーモニー交響楽団のスペシャル・アーティスティック・アドバイザーに、同団理事長大賀典雄からの要請で就任。ベートーヴェンの交響曲チクルス等で大きな成果をあげた。また毎年夏に教育プログラム「こども音楽館」を自らのプロデュースで実施、指揮のほかピアノを弾きながらの楽曲解説もおこなった。2010年に退任し、同団から桂冠名誉指揮者の称号を贈られた。

2005年、ソウル市長李明博(当時)からの「ソウル・フィルをアジア一のオーケストラに」との要請を受けてソウルフィルハーモニー管弦楽団英語版の音楽監督に就任。世界各地でオーディションを行い、団員の約1/3を入れ替えるという大改革を実施した。2009年、同団はアジアのオーケストラとして初めて、ドイツ・グラモフォンとの長期専属契約を結んだ。

この他、1997年には自らが中心となってアジア・フィルハーモニー管弦楽団を結成し、東京で旗揚げ公演を実施。同団は日本、韓国、中国などアジア各国の優秀な音楽家が集まった臨時編成のオーケストラであり、東京やソウル、北京などアジア各地で公演を行っている。

2011年9月に単身北朝鮮に渡り朝鮮民主主義人民共和国国立交響楽団銀河水(ウンハス)管弦楽団を指揮したほか、北朝鮮の音楽関係者と会談し南北合同オーケストラによる演奏会の開催を提案するなど、音楽面から南北融和に積極的に取り組んでいる。2012年3月には銀河水管弦楽団を率いて渡仏し、サル・プレイエルで、自身が音楽監督を務めるフランス放送フィルハーモニー管弦楽団との合同演奏会を実現させた。

日本との関係[編集]

1975年、アンドレ・プレヴィン指揮ロンドン交響楽団日本ツアーにピアニストとして参加し初来日。1978年にはスタニスラフ・スクロヴァチェフスキ指揮読売日本交響楽団の定期演奏会にピアニストとして出演している。しかし、戦前の東京に留学した経験を持ち日本語が堪能であるはずの母が日本人と話す際は英語か韓国語を使用するのを見て育つなど、無意識のうちに戦後の日韓の遺恨が刷り込まれていたようであり、またNHK交響楽団幹部が発した姉キョンファに対する差別的発言が国際問題化したこともあって、以後暫くはミョンフン自身が日本を遠ざけるようになったようである。

転機となったのは1995年、フィルハーモニア管弦楽団とともに指揮者として初の来日を果たす。演奏後の大喝采を目の当たりにし「ついに受け入れられたとの手応えに涙が出てきた」[1]というミョンフンは以後、頻繁に来日するようになる。1998年9月にNHK交響楽団と初共演。以後、NHK交響楽団とは2000年5月、2008年2月、2011年2月に共演したほか、2013年6月にも共演予定である。また 東京フィルハーモニー交響楽団スペシャル・アーティスティック・アドヴァイザーの就任は、1999年の新星日本交響楽団との共演が縁となっている。この他、パシフィック・ミュージック・フェスティバル別府アルゲリッチ音楽祭などでも指揮をしている。

日本のオーケストラとの共演だけでなく、海外のオーケストラやオペラの来日公演を指揮する機会も多い。これまでにフィルハーモニア管弦楽団(1995年)、ロンドン交響楽団(1996年、2006年)、ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団(1997年、1998年、2001年)、フランス国立管弦楽団(2000年)、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団(2002年、2006年、2013年)、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(2011年、ただし東日本大震災発生によるチェコ政府からの強制帰国命令によりツアーは途中で中止)、ソウル・フィルハーモニー管弦楽団(2011年、2012年)、フェニーチェ歌劇場(2013年)と来日している。

現在は親日家として知られ、皇太子徳仁親王とは室内楽(主にピアノ四重奏、ミョンフンはピアノを担当)を度々共演している。

日韓ワールドカップ開催に際して「日韓の難しい過去を忘れるには勝敗を決めなければいけないスポーツより、音楽の美を共有する方が得策かもしれない」と語っており[2]、隣国としてよりよい日韓関係の構築を望んでいるようである。その上で「ソウル・フィルをアジア一のオーケストラに」との要請を受けて音楽監督に就任したソウル・フィルハーモニー管弦楽団では「アジア一の音楽都市である東京の聴衆を納得させられなければ、アジア一のオーケストラになることはできない」と主張し定期的な日本公演の実施を提案(2011年の来日公演は「第1回東京定期公演」と銘打たれていた)するなど、日本は韓国音楽界における目標であり、良きライバルであると捉えているようである。

エピソード[編集]

  • 幼少時代から母親が経営する韓国料理店を手伝っていたこともあり、大の料理好きとして知られている。日本では「音楽の友」誌上で『幸せの食卓』という料理に関する連載を行い、2006年にこの連載をまとめた「マエストロ チョン・ミョンフンの『幸せの食卓』―名指揮者が語る音楽と料理のレシピ集」が音楽之友社から出版された。また2002年にNHK教育テレビ未来への教室」に出演した際、指導をした目黒区立東山小学校管弦楽クラブの児童とともにプルコギを作って親睦を深めた(同番組において「料理の道は音楽に通ず」と語っている)。
  • 2001年6月15日の東京フィルハーモニー交響楽団のスペシャル・アーティスティック・アドバイザー就任記念演奏会終了後、歓迎レセプションにおいてオーケストラから縁起物の大団扇を贈呈された。翌日、ミョンフンは返礼としてオーケストラにスコップを贈呈、「みんなの中にある音楽をさらに掘り下げていこう」とメッセージを寄せた[3]

歴任ポスト[編集]

  • ザールブリュッケン放送交響楽団首席指揮者(1984 - 1989)
  • フィレンツェ歌劇場首席客演指揮者(1987 - 1992)
  • パリ・オペラ座(バスティーユ歌劇場)音楽監督(1989 - 1994)
  • ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団首席指揮者(1997 - 2005)
  • KBS交響楽団音楽監督(1998 - 1999)
  • フランス放送フィルハーモニー管弦楽団音楽監督(2000 - 2015)
  • 東京フィルハーモニー交響楽団スペシャル・アーティスティック・アドヴァイザー(2001 - 2010、2010年からは桂冠名誉指揮者)
  • ソウル・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督(2005 - )
  • シュターツカペレ・ドレスデン首席客演指揮者(2012 - )

代表盤[編集]

など

出典[編集]

  1. ^ 日本経済新聞2002年1月1日
  2. ^ 日本経済新聞2002年1月1日
  3. ^ 「音楽の友」2001年8月号p.102、音楽之友社
先代:
ハンス・ツェンダー
ザールブリュッケン放送交響楽団
首席指揮者
1984 - 1989
次代:
マルチェロ・ヴィオッティ
先代:
バスティーユ歌劇場
初代音楽監督
1990 - 1994
次代:
ジェームズ・コンロン
先代:
ダニエレ・ガッティ
ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団
音楽監督
1997 - 2005
次代:
アントニオ・パッパーノ
先代:
オトマール・マーガ
KBS交響楽団
音楽監督
1998 - 1999
次代:
ドミトリー・キタエンコ
先代:
マレク・ヤノフスキ
フランス放送フィルハーモニー管弦楽団
音楽監督
2000 - 2015
次代:
ミッコ・フランク
先代:
パスカル・ヴェロ
新星日本交響楽団
首席指揮者)
大野和士
(旧東京フィルハーモニー交響楽団
常任指揮者)
東京フィルハーモニー交響楽団
スペシャル・アーティスティック・アドバイザー
2001 - 2010
次代:
ダン・エッティンガー
(常任指揮者)
先代:
ソウル・フィルハーモニー管弦楽団
音楽監督
2005 -
次代:
-