交響曲第1番 (ブラームス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
交響曲第1番 (ブラームス)



Musopenより

これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ヨハネス・ブラームス交響曲第1番ハ短調作品68(こうきょうきょくだい1ばん ドイツ語Sinfonie Nr. 1 in c-Moll, op. 68)は、ブラームスが作曲した4つの交響曲のうちの最初の1曲である。ハンス・フォン・ビューローに「ベートーヴェンの交響曲第10番」と呼ばれ高く評価された。「暗から明へ」という聴衆に分かりやすい構成ゆえに、第2番以降の内省的な作品よりも演奏される機会は多く、最もよく演奏されるブラームスの交響曲となっている。

概要[編集]

ブラームスは、ベートーヴェンの9つの交響曲を意識するあまり、管弦楽曲、特に交響曲の発表に関して非常に慎重であったことで知られている。最初の交響曲は特に厳しく推敲が重ねられ、着想から完成までに21年という歳月を要した労作である。(なお、通常は数ヶ月から数年で完成するといわれる。ブラームスもこの後の交響曲第2番は短い期間で完成させている)

この作品は、ベートーヴェンからの交響曲の系譜を正統的に受け継いだ名作として聴衆に受け入れられ、交響曲の歴史上でも最も偉大な一曲という意味で、指揮者のビューローには「ベートーヴェンの第10交響曲」と絶賛された。(ビューローは当初は反ブラームスとして知られていたが、ワーグナーとの仲違いからこの頃にはブラームスに接近していた。)もっともこの言葉は、ベートーヴェンの影響下から全く脱しきれていないという皮肉の意味に解釈することもできる。

この交響曲はハ短調で書かれているが、これはベートーヴェンの交響曲第5番(運命)と同じである。また、第4楽章の第1主題はベートーヴェンの交響曲第9番第4楽章の「歓喜の歌」を思わせるものとなっている。ブラームスもそのことを十分意識していたととれる発言を残している。これも「暗黒から光明へ」というベートーヴェン的な交響曲を意識したためであると言われている。

ベートーヴェン的な高度な構成力から「ベートーヴェンの第10交響曲」と評され、ロマン派全盛時代に古典回帰を試みた新古典主義の代表的作品と、かつてはいわれた。しかし、やがて一時代を築くことになる新古典主義運動の全盛時代を経験した現代的視点から見ると、オーケストラや和声の扱い、曲の構成などにおいて、この曲はまぎれもなくロマン派の特徴を備えているということがわかる。例えば、第1楽章冒頭の、ティンパニの強打に支えられた、高音域のヴァイオリンによる半音階的な旋律にも既にそのような特徴を見て取れる。

作曲の経緯・初演[編集]

着想から完成まで21年を費やしたが、集中して取り組んだのは最後の5年間である。1876年に完成したが、初演後も種々の改定を加えた。

ブラームスは、22歳の時にロベルト・シューマンの『マンフレッド序曲』を聴き、自分も交響曲を作ろうと思い立った。しかし、ブラームスはベートーヴェンを尊敬しており、自らが交響曲を書こうと思っていてもベートーヴェンを超えるほどのものでなくてはならないと考えていた。このため、ブラームスは推敲に推敲を重ね、最初の交響曲の完成までに20年を要した。もっとも、20年間ずっと推敲を重ねていたのではなく、何度も一から書き直すような過程があったと考えられる。この過程で破棄された旋律は、ピアノ協奏曲第1番の第2楽章や『ドイツ・レクイエム』に転用されたという。1862年になると第1楽章の原型と見られるものが現れており、直接の起源はこの付近の時期に遡ることができると考えられている。最終的に交響曲が一通りの完成を見たのはこの時点から14年後の1876年で、既にブラームスは43歳になっていた。

これだけの時間を要したのは、必ずしもブラームスが遅筆であったというわけではない(実際、この後すぐに第2番を書き上げている)。当時は、ワーグナーリストといった新ドイツ楽派の作曲家は交響曲を古臭い形式と考え、それぞれが楽劇交響詩といった新たなジャンルを開拓していた時代であった。また、交響曲のジャンルの中においても、ベートーヴェンの死後すぐにベルリオーズ標題交響曲である幻想交響曲を発表していた。しかしながら、聴衆の中にはベートーヴェンの交響曲を正統的に次ぐ新しい作品を待ち望む者も多かった。そのような作品として、メンデルスゾーンシューマンブルッフなどが交響曲を発表していたが、それらも必ずしも聴衆の期待に応えうるような作品にはならなかった。ベートーヴェンを継承する交響曲を待望するこのような聴衆の存在が、交響曲を完璧に仕上げなければならないという使命感をブラームスに負わせ、ブラームスもそれに誠実に応えたため、このような時間を要する結果となったのである。

初演は、1876年11月4日フェリックス・オットー・デッソフ指揮、カールスルーエ宮廷劇場管弦楽団。初演後も改訂が続けられ、決定稿が出版されたのは翌年1877年。ジムロック社より出版された。初演稿と決定稿では第二楽章の構成がかなり違うが、近年は初演稿が演奏されることもある。

編成[編集]

ピッコロを欠きホルンが増強された点を除けば、ベートーヴェンの交響曲第5番と編成がほとんど一致する。また、第4楽章でのみトロンボーンが使用される点でも類似している。楽器の扱い方の点でも、たとえばベルリオーズの幻想交響曲でみられるような、あからさまな特殊奏法は要求されていない。一方、ホルンとトランペットについては、当時すでにヴァルヴ式楽器のものが普及した中で、ナチュラル管時代、あるいはヴァルヴ管への過渡期を想起させるような楽譜の書き方になっている。

演奏時間[編集]

約47~53分(第一楽章の繰り返しを含む)。

構成[編集]

交響曲の定石通り4つの楽章で構成されているが、舞曲メヌエットまたはスケルツォ)に相当する楽章を欠いている。また、楽章の調の構成は、5度の関係を基本とした古典的なものではなく、3度関係の調となっている(ハ短調-ホ長調-変イ長調-ハ長調)。

全曲を通して、「C-C♯-D」の半音階進行が曲を統一するモティーフとして重要な役割を果たしている。

第1楽章 Un poco sostenuto - Allegro[編集]

ティンパニとコントラファゴット、コントラバスといった低音楽器のC音の強いオスティナートに、ヴァイオリン、チェロの上向する半音階的な旋律と木管とホルン、ヴィオラの副旋律が交錯する印象的な序奏で始まる。この序奏はアレグロの主部よりも後に作曲されて追加されたものである。主旋律に含まれる半音階進行は、楽章の至る所に姿を現す。提示部には繰り返し記号があり、かつては繰り返して演奏されることはあまりなかったが、近年は繰り返しが行われる例も増えている。ソナタ形式の型通りに進行した後、終結部でも、「運命」のモットーの動機がティンパニと低音のホルンによるC音の連打に支えられ、ハ長調で静かに終結する。

第2楽章 Andante sostenuto[編集]

緩徐楽章。終末部ではホルンとオーボエ、そしてヴァイオリン(第一ヴァイオリンの首席奏者、すなわちコンサートマスターが弾くことが定石)のソロがある。オーボエは主部と余りコントラストの付かないトリオ、ヴァイオリンは後の主部でそれぞれ演奏され、最後は消え入るように終わる。ホ長調という本来ならば明朗で輝かしいはずの調性で書かれているにもかかわらず、いかにもブラームスらしい孤独の影を宿した渋くわびしい色調に楽章全体が支配されている。この楽章には「カールスルーエ初稿版」があって、ノイホルトの指揮による録音があり、かなり曲の構成が違う。楽譜はヘンレ社の付録として見る事ができる。

第3楽章 Un poco allegretto e grazioso[編集]

間奏曲ふうの短い楽章。古典的な交響曲の形式にのっとれば、ここにはメヌエットスケルツォが置かれるべきだが、ブラームスは4つの交響曲のすべてにおいて典型的な三拍子舞曲の第3楽章を置かなかった(第4番においてようやく本格的なスケルツォが登場するが、やはり二拍子である)。とはいえ「グラツィオーソ(優雅に)」という楽想指示には、メヌエット的な性格の楽章であるという作曲者の意図が現れている。中間部でベートーヴェンの「歓喜の歌」に暗示らしきものが出てきて更に断片として明確になる。フィナーレ楽章の主題の予告である。

第4楽章 Adagio - Più andante - Allegro non troppo, ma con brio - Più allegro[編集]

冒頭はハ短調で、第1楽章の序奏の気分が回想されながら、第1主題が断片的に予告される。弦楽器のピチカートと交互に発展しながら凄い嵐になり収まったところで序奏の第2部に入る。序奏の第2部ではハ長調に転じ、アルペンホルン風の朗々とした旋律と、トロンボーンファゴットによるコラールが聞こえる。なお、このアルペンホルンの主題はクララ・シューマンへの愛を表しているとされ、クララへ宛てた誕生日を祝う手紙の中で"Hoch auf'm Berg, tief im Tal, grüß ich dich viel tausendmal"(「高い山から、深い谷から、君に何千回も挨拶しよう」)という歌詞が付けられている。

第4楽章 終結部 コラール

管弦楽全体が休止し序奏が終わると、弦楽合奏が第1主題を演奏し始める。主部はハ長調でソナタ形式に基づくが、再現部の第1主題部に展開部を重ねたような独特の形式を持つ。第1主題は歌曲風であり、16小節からなる二部形式の明確な楽節構造をとっている。この交響曲のそれまでの部分は、構造をあえて不明瞭にしている部分が多いが、それとは好対照をなす明晰さである。さらに、ハ長調という誠実さを象徴するかのような調が選ばれており、借用和音などを効果的に使いながら、感動的に歌い上げている。この部分はしばしばベートーヴェンの第九における歓喜の歌との類似性も指摘される。第2主題は例のアルペン・ホルンの動機「EDCG」のCをFisにおきかえたもので、これも弦楽合奏に演奏される。小結尾はホ短調となり高揚的な新しい句が登場し、提示部のクライマックスを形成していく、それがひとしきり終わると、再び提示部と同じように第1主題が再現する。木管に受け継がれた後、序奏部および提示部の要素を盛り込んで展開部らしい楽想になりここでもクライマックスを築いていく。その頂点で序奏部のアルペンホルンの旋律が回帰し、第2主題部、小結尾が型通りに続く。コーダは、ピウ・アレグロ 2/2拍子となり、「CHC」を中心に、4音下降組み合わされて進み、序奏のトロンボーンとファゴットのコラールがファンファーレとして全オーケストラに奏でられると、今度は 「GAG」 が中心となり、最後に第1楽章第1主題末尾の 「AAsFisG」が回帰し、再び「CHC」がでてきてハ長調の主和音が4回打ちつけられ、華やかに曲を閉じる。

編曲・サウンドトラック[編集]

余談[編集]

サントリーウイスキー、『響(ひびき)』はこの曲をイメージして作られた。

外部リンク[編集]