フランス放送フィルハーモニー管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランス放送フィルハーモニー管弦楽団
Orchestre philharmonique de Radio France
本拠地のサル・プレイエル}
基本情報
出身地 フランスの旗 フランス パリ
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1976年 -
共同作業者 首席指揮者:チョン・ミョンフン
公式サイト [1]

フランス放送フィルハーモニー管弦楽団(Orchestre philharmonique de Radio France)は、フランスパリにある放送局ラジオ・フランス(Radio France)付属のオーケストラである。正式名からラジオ・フランス・フィルとも呼ばれる。

また、しばしばフランス′′国立′′放送フィルハーモニー管弦楽団と表記される場合もあるため、同じくラジオ・フランスが管理・運営するフランス国立管弦楽団(Orchestre national de France)(旧名:フランス国立放送管弦楽団)と混同されがちであるが、両者は設立当初から現在に至るまで全くの別団体である。

概要[編集]

1976年フランス公共放送フィルハーモニー管弦楽団(Orchestre philharmonique de ORTF)、リリック放送管弦楽団(Orchestre radio-lyrique)、フランス公共放送室内管弦楽団(Orchestre de chambre de ORTF)の3団体が合併しフランス放送新フィルハーモニー管弦楽団(Nouvel Orchestre philharmonique de Radio France)として発足。1989年に現在名に改称した。

歴代の指揮者としてジルベール・アミエマニュエル・クリヴィヌ(首席客演指揮者)、マレク・ヤノフスキチョン・ミョンフンらがおり、2015年よりミッコ・フランクが主席指揮者に就任する予定である。

代表的なレコーディングとして、ヤノフスキ指揮でメシアントゥランガリーラ交響曲』や、アルミン・ジョルダン指揮でラロイスの王様』、チョン・ミョンフン指揮でラヴェルダフニスとクロエ』、佐渡裕指揮でバーンスタイン交響曲第3番『カディッシュ』などがある。

歴代首席指揮者[編集]

外部リンク[編集]