フランス国立管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランス国立管弦楽団
Orchestre national de France
本拠地のシャンゼリゼ劇場}
基本情報
出身地 フランスの旗 フランス パリ
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1934年 -
共同作業者 首席指揮者:ダニエレ・ガッティ
公式サイト [1]

フランス国立管弦楽団Orchestre national de France)は、パリ管弦楽団と並ぶフランスの代表的なオーケストラ。定期演奏会はパリシャンゼリゼ劇場で行われている。

尚、名称が似通っているイル・ド・フランス国立管弦楽団(Orchestre national d'Île de France)や、同じくラジオ・フランスが管理・運営しているフランス(国立)放送フィルハーモニー管弦楽団(Orchestre philharmonique de Radio France)などと混同されがちであるが、両者とは設立当初から現在に至るまで全くの別団体である。


歴史[編集]

1934年2月18日、当時の郵政相ジャン・ミストラーの提唱により、フランスラジオ放送(RDF)専属のオーケストラとして創立した。当初の名称は、「フランス国立放送管弦楽団(Orchestre national de la radiodiffusion Française)」である。デジレ=エミール・アンゲルブレシュトを初代首席指揮者に迎えてスタートした。マニュエル・ロザンタールの時代である1948年、6週間のアメリカ演奏旅行をした。

1964年以降は「Orchestre national de l'ORTF」( ORTF=フランス放送協会)となる。1966年、シャルル・ミュンシュジョルジュ・セバスティアンを指揮者として初来日した。1974年10月、創立40周年を迎え、セルジウ・チェリビダッケ指揮、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ独奏の記念コンサートを開催した。

1975年、ORTFの組織が7つに分割され、ラジオ・フランスに管理・運営が移管されるに伴い、「フランス国立管弦楽団(Orchestre national de France)」と改称。チェリビダッケを初の音楽監督に迎え注目されたが一年足らずで辞任し、その後は常任を置かずにレナード・バーンスタインロリン・マゼールが中心となり精力的にその空白期間を埋めた。1977年にマゼールが首席客演指揮者に就任し、翌1978年にこのコンビで来日した。

録音[編集]

放送局の運営するオーケストラということもあり、現代作品の演奏にも積極的でレパートリーも広く録音も豊富である。また歴代の首席指揮者・音楽監督が総じてフランス音楽を得意としていたことから、やはりフランス音楽の録音で名高い。とりわけジャン・マルティノンとのドビュッシーの管弦楽曲全集やサン=サーンス交響曲全集、ロリン・マゼールとのラヴェルの管弦楽曲集、シャルル・デュトワとのルーセルの交響曲全集などは、それらの中でも決定的な名盤の一つとして今なお高く評価されている。

首席指揮者・音楽監督[編集]

外部リンク[編集]