三重協奏曲 (ベートーヴェン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲 ハ長調Konzert für Klavier, Violine, Violoncello und Orchester C-dur )作品56は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン1803年から1804年にかけて作曲した楽曲。通常は三重協奏曲と略して呼ばれる。

概略[編集]

ヴァイオリンソナタ第9番『クロイツェル』ピアノソナタ第21番『ワルトシュタイン』ピアノソナタ第23番『熱情』交響曲第3番『英雄』などが書かれた時期の作品であるが、これらの傑作の影に隠れて今日ではあまり評価が高くない。ピアノ三重奏を独奏楽器として管弦楽と対置するという発想は意欲的なものであったが、ベートーヴェンはそれを十分に処理しきれずに終わった、というのが一般的な評価である。このように作品自体が凡作と見なされている上に、独奏者を3人も必要とすることから、ベートーヴェンの他の協奏曲と比べると演奏の機会は多くない。とはいえ、あくまでベートーヴェンの中期の作品との比較で見劣りがするということであり、従来の古典派協奏曲の形式通りの充実した作品である。なお、当時チェロを伴った協奏曲はほとんどなく、ベートーヴェンの師匠であるハイドンが残した第1番第2番のチェロ協奏曲が見られるくらいで、ベートーヴェン自身もチェロ単独で独奏楽器とした楽曲を残していない。『三重協奏曲』はベートーヴェンが残した唯一の、チェロを伴った協奏曲となった。

このような特異な協奏曲を作曲した経緯については不明であるが、ピアノのパートが演出面では極めて効果的でありながら技術面では比較的易しく書かれているのは、弟子のアントン・シンドラーが伝えるところによると、ベートーヴェンのパトロンであったルドルフ大公による演奏を想定してのことであるという。一方で、チェロのパートは重音奏法や急速な分散和音、音階進行などがあちこちに登場するなど、屈指の難曲である。

初演は1808年の復活祭以前にライプツィヒで行われ、同年5月にはウィーン初演がイグナツ・シュパンツィヒのヴァイオリン他によって行われた。出版はそれに先立って1807年に行われた。

なお、ベートーヴェンの他の協奏曲(ピアノ協奏曲第5番を除く)にはそれぞれの第1楽章にカデンツァの指示があるが、上記の通り3つの独奏を伴っていることもありこの作品にはカデンツァが残されていない。

楽器編成[編集]

楽曲構成[編集]

同じハ長調のピアノソナタ第21番『ワルトシュタイン』とほぼ同じである。3つの楽章からなる。演奏時間は約35分。

第1楽章

アレグロ、ハ長調、4分の4拍子。協奏風ソナタ形式。17-18分。

冒頭のチェロ及びコントラバスによる重厚な旋律が弱音器で第1主題、そのあとにト長調で第1ヴァイオリンに現れるのが第2主題である。オーケストラ提示部が締めくくられて独奏チェロが第1主題を演奏し、同じく独奏ヴァイオリン、ピアノと繰り返される。第2主題も独奏チェロが演奏し、独奏ヴァイオリン、ピアノも加わってさらに華やかに進み提示部を終える。
オーケストラのトゥッティで始まる展開部は主に第1主題の活用による。再現部のトゥッティから独奏を経てコーダに入り、最後はテンポを速め、独奏とオーケストラ共に力強く終わる。
第2楽章

ラルゴ、変イ長調、8分の3拍子。5-6分。

わずか53小節のみの、短い間奏曲風の楽章。独奏チェロが高音域で主題を歌い始めて、独奏ヴァイオリンが引き継ぐ。短いトゥッティを経て管弦楽は沈黙する。独奏がカデンツァ風に進みながら、切れ目なくそのまま第3楽章に入る。
第3楽章

ロンド・アラ・ポラッカ、ハ長調、4分の3拍子。ロンド形式。13-14分。

明確な速度指定はない。ロンドながら14分を要している上、上述の通りカデンツァもないので、終楽章としてはベートーヴェンの協奏曲中最長である。やはり独奏チェロが高音域で第1主題を提示して始まり、独奏ヴァイオリンも同様に歌われる。その後トゥッティを経て独奏チェロが第2主題を提示し、激しい動きが続く。穏やかになるとロンド主題を再現する。中間部ではポーランドの民謡であるポロネーズのリズムが管楽器に登場し、その上に独奏楽器が動き回る。ロンド主題が再現し、第1主題から第2主題へと型通りに再現されるとコーダに入る。テンポが速くなり、さらに力強く激しい動きになる。もとのテンポに戻っても力強く維持し、独奏、オーケストラが共にそのまま力強く全曲の幕を閉じる。

参考文献[編集]

  • 作曲家別名曲解説ライブラリー ベートーヴェン(音楽之友社

外部リンク[編集]