オペラ・バスティーユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オペラ・バスティーユ
Opéra Bastille 8.JPG
情報
用途 歌劇場、バレエ・ホール
設計者 カルロス・オットー
建築主 オペラ座バレエ
構造形式 鉄筋コンクリート
敷地面積 22,000m2
延床面積 15,5,000m2
階数 地上7階、地下6階
高さ 80m(うち30mは隣接する通りより下)
着工 1983年(コンペ終了)
竣工 1989年7月13日
改築 2005年
所在地 パリ12区
テンプレートを表示

オペラ・バスティーユ(L'Opéra de la Bastille)は、フランスの首都パリにある歌劇場である。パリ国立オペラの公演会場の一つである。オペラおよびバレエ管弦楽の公演が行われている。

概要[編集]

フランス革命200年を記念し、革命勃発の地であるバスティーユ広場の西側にあった旧ヴァンセンヌ郊外線バスティーユ駅1859年開業、1969年12月14日パリ高速地下鉄RER A線の発足により廃止)の跡地に建設。1982年に当時のフランソワ・ミッテラン大統領によって建設計画が始まり、1989年7月13日に落成した。こけら落としの初公演は1990年3月17日ベルリオーズのオペラ『トロイアの人々』。

設計は47ヶ国1700人の建築家によるコンペの結果、1984年11月10日ウルグアイカナダ人の建築家カルロス・オットーフランス語版のプランを採用することが決定し、同年より着工した。

外観はガラス張りのモダニズム様式の建物で内部は地上7階地下6階建てで、座席数は2703。舞台装置はコンピューター制御と外観、設備とも現代建築の粋を集めたものとなっている。

世界最大の9面舞台を持ち、遮音壁で区切ることにより、上演中でも他の演目のリハーサルができる。

ロビーにはジャン・ティンゲリーニキ・ド・サンファル夫妻のオブジェ作品が飾られている(同夫妻による別の作品「可動噴水彫刻」が、同じくパリのポンピドゥーセンター脇のストラヴィンスキー池にある)。

オペラ・バスティーユの完成後、旧オペラ座のガルニエ宮は一時期バレエや管弦楽の公演に限られた。しかし現在ではガルニエ宮でもオペラ公演が行われている。

外部リンク[編集]

座標: 北緯48度51分07秒 東経2度22分14秒 / 北緯48.85194度 東経2.37056度 / 48.85194; 2.37056