チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
Česká filharmonie
1982年神戸公演}
1982年神戸公演
基本情報
出身地 チェコの旗 チェコ プラハ
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1896年 -
レーベル スプラフォンほか
公式サイト Česká filharmonie
メンバー
首席指揮者
エリアフ・インバル

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団チェコ語: Česká filharmonie)は、チェコ首都プラハを拠点とするオーケストラチェコを代表するオーケストラの1つ。本拠となるホールはプラハの「芸術家の家(ルドルフィヌム)」内にあるドヴォルザーク・ホール。


沿革[編集]

オーストリア・ハンガリー帝国時代のプラハ国民歌劇場の附属オーケストラが前身。1896年1月4日ドヴォルザークが自作を振ったときには、現在の名称が使われていたが、専任オーケストラとして独立するのは、1901年になってからである。1908年には、マーラーの指揮で自作の《交響曲第7番「夜の歌」》の世界初演が行われた。

世界的な名声を得るようになったのは、ヴァーツラフ・ターリヒ時代(1919年1931年および1933年1941年)である。ターリッヒの後任指揮者にラファエル・クーベリック1941年1948年)が就任し1946年にはプラハの春音楽祭がスタートするが、クーベリックは1948年のチェコスロバキア共産党を中心とした政権の成立(1948年のチェコスロバキア政変)を嫌い、西側へ亡命してしまった。後任にはカレル・アンチェル(1950年~1968年)が就任したが、そのアンチェルもチェコ事件によるチェコの改革運動挫折をきっかけに西側に亡命してしまうという、ソ連衛星国チェコスロバキアの悲劇を象徴するような事態が続いた。

その後ヴァーツラフ・ノイマン1968年1989年)の長期政権の下、地元の作曲家であるスメタナドヴォルザークの録音や世界各地へのツアーを通じて「東側」の名門オーケストラとしての地位を築いた。チェコの民主化後はイルジー・ビエロフラーヴェク(1990年~1992年)、ゲルト・アルブレヒト1993年1996年)と続いた。民主化直後の1990年のプラハの春音楽祭では、帰ってきたクーベリックとの歴史的な再共演を行い、翌1991年にはこのコンビで来日も果たしている。

1998年よりヴラディーミル・アシュケナージが首席指揮者であった。2003年9月1日から2007年9月8日までズデニェク・マーカルが首席指揮者を勤め、2009年よりエリアフ・インバルが首席指揮者に就任。2012年からはイルジー・ビエロフラーヴェクが20年ぶりに首席指揮者に復帰した。

2005年グラミー賞を受賞。

演目[編集]

スメタナ、ドヴォルザーク、ヤナーチェクマルティヌーといったチェコの作曲家の演奏で高い評価を得ているのはもちろんだが、ドイツ系ユダヤ人だがチェコ生まれのマーラーをはじめドイツ系、ロシア系などのレパートリーでも評価されている。プラハの春音楽祭の開幕日にチェコ・フィルが演奏する慣例になっているスメタナの「わが祖国」はチェコ・フィルにとって特別な演目であり、ターリヒ以降の歴代首席指揮者の名録音が存在する。なかでもクーベリック祖国復帰後の演奏会のライブ録音はドキュメントとしての価値もあって有名である(1990年プラハ、1991年東京)。

首席指揮者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]