カレル・アンチェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カレル・アンチェル
Karel Ančerl
KAncerl.jpg
基本情報
出生名 Karel Ančerl
出生 1908年4月11日
学歴 プラハ音楽院
出身地 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
トゥカピ
死没 1973年7月3日(満65歳没)
カナダの旗 カナダ オンタリオ州 トロント
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
共同作業者 プラハ交響楽団
プラハ歌劇場
チェコ放送交響楽団
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
トロント交響楽団

カレル・アンチェル (チェコ語: Karel Ančerl, 1908年4月11日 - 1973年7月3日) はチェコ指揮者である。

経歴[編集]

ボヘミア地方のトゥカピ出身。1925年から4年間にわたってプラハ音楽院でアロイス・ハーバに作曲を、ターリヒ指揮を学んだ。

1930年のミュンヘン現代音楽祭で初演された師ハーバの歌劇「母」の初演を指揮したヘルマン・シェルヘンのアシスタントを務めた事がきっかけとなり、ストラスブールの彼の指揮クラスで指導を受ける。またプラハでターリヒの指導も受け続け、本格的な指揮活動の一歩を踏み出す。1933年にはプラハ交響楽団の音楽監督に就任。

1939年にチェコがナチス・ドイツの支配下に入ると、ユダヤ系だったアンチェルはプラハ響を追われ、家族全員が1942年11月12日にはテレジーンの強制収容所に送られる。さらに1944年10月15日にはアウシュビッツに移送、収容所で家族は虐殺され、アンチェルのみが生還した。

チェコがナチの支配から解放された後、アンチェルは楽壇へ復帰を果たし、プラハ歌劇場の指揮者(1945年 - 1948年)、チェコ放送交響楽団の指揮者(1947年 - 1950年)を経て、1950年にはクーベリックの後任としてチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者に就任する。1948年の共産党政権成立に端を発したチェコのソ連衛星国化に反発したクーベリックが辞任・亡命して以来、低迷状態に陥っていたチェコ・フィルを立て直すべく、1950年首席指揮者として返り咲き「私の人生で最大の驚きだ。」とのコメントを残した。その後は順調に活動を続け、チェコ・フィルはターリヒ時代の栄光を取り戻す。

1959年、チェコ・フィルを帯同して来日公演を行ったが、偶然同時に来日していたカラヤンウィーン・フィルの演奏に勝るとも劣らぬ演奏を披露、日本の好楽家の間でも名声を確立した。また日本だけではなく世界中のツアーを敢行し、多数の熱狂的なファンを生み出すなど大成功を収めた。

ところが1968年、アンチェルがアメリカ演奏旅行中にいわゆる「チェコ事件」が起こり、チェコはソ連を中心としたワルシャワ条約機構軍の軍事介入を受ける。アンチェルは旅行先で帰国を断念、亡命の道を選び、同時にチェコ・フィルの常任指揮者も辞任する。

亡命後の1969年小澤征爾の後任としてカナダトロント交響楽団の常任指揮者に就任するも、そのわずか4年後、亡命先のトロントで悲劇的な生涯の幕を閉じた。

人物[編集]

演奏は常に引き締まって厳しさを湛えたものだが、それが冷たくならず香りや情感に満ちている。古典から現代曲まで幅広く網羅したが、ストラヴィンスキーマルティヌーなど近現代曲では無敵の強さを誇った。チェコの音楽の解釈でも、民族的な特徴を安易に強調することはない。

大の教育好き、トレーニング魔としても知られる。チェコ・フィルを立て直すために練習を徹底的に行い、時間終了後も指揮台に残ったり楽屋で練習に付き合ったり、奏者の技術向上へ多大な貢献をもたらした(似たタイプにエドゥアルト・ファン・ベイヌムがいる)。弟子には、ズデニェク・コシュラーマルティン・トゥルノフスキーイルジー・コウト等がいる。

トロント時代はレコーディングに恵まれなかったものの、グレン・グールドの協奏曲の伴奏を務めた映像が残っている。

外部リンク[編集]