サラ・ジェシカ・パーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サラ・ジェシカ・パーカー
Sarah Jessica Parker
Sarah Jessica Parker
生年月日 1965年3月25日(49歳)
出生地 オハイオ州ネルソンヴィル
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優・プロデューサー
ジャンル テレビ・映画
配偶者 マシュー・ブロデリック(1997年 - )
家族 長男: ジェームズ・ウィルキー(2002年 - )
娘:マリオン・ロレッタ・エルウェル、タビサ・ホッジ(2009年-)
主な作品
セックス・アンド・ザ・シティ

サラ・ジェシカ・パーカーSarah Jessica Parker, 1965年3月25日 - )は、アメリカ合衆国の映画・テレビ・舞台女優兼プロデューサー。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

オハイオ州ネルソンヴィル生まれ。父スティーヴン・パーカーは実業家兼ジャーナリスト、母バーバラ・パーカー(旧姓ケック)は幼稚園の教諭[1]。母はイングランド系およびドイツ[2][3]、父はニューヨーク市ブルックリン出身の東欧系ユダヤ人。父方のもともとの姓は「バーカーン」と称した。パーカー自身は自分を文化的・エスニック的にユダヤ系であると考えているが、とくに信仰活動は実践していない[4]。シンシナティにいた当時から母はニューヨーク式のライフスタイルに同化していたとパーカーは語っている。1968年に両親が離婚。その後母はトラック運転手でアカウント・エグセクティブのポール・フォーストと再婚。パーカーは3人の実兄姉および4人の異父弟妹とともにオハイオ州シンシナティニュージャージー州ニューヨーク市で育った(これら兄弟姉妹のなかには、ティモシー・ブリテン・パーカーとピッピン・パーカーの2人の俳優がいる)。子供の頃から歌とバレエを学び、「シンシナティ・バレエ」に所属した。

キャリア[編集]

8歳でテレビに初出演した子役出身。11歳の時にブロードウェイデビューし、13歳の時にミュージカル『アニー』で2年間アニーを演じた。1981年から出演したテレビシリーズ『Square Pegs』で人気となる。

1984年公開の『家族の絆』で本格的に映画に出演し、同年公開の青春映画『フットルース』で注目を集める。翌年公開の『ハイスクールはダンステリア』で映画初主演を果たす。以降は『L.A.ストーリー / 恋が降る街』や『エド・ウッド』などに出演。

1998年放送開始のテレビシリーズ『セックス・アンド・ザ・シティ』で、主人公のキャリー・ブラッドショーを演じ、人気を不動のものにした。この作品でゴールデングローブ賞主演女優賞(テレビ部門)を4度、エミー賞主演女優賞を2度受賞した。しかし、2011年2月26日、『セックス・アンド・ザ・シティ2』で他3名の主演キャストたちと同時にラジー賞最低主演女優賞最低スクリーンカップル・スクリーンアンサンブル賞を受賞した。

このキャリー役以降、アメリカではファッションリーダー的存在で彼女のスタイルを真似する女性が増出。また自身の香水ブランドを作り、ラブリーとコベットと言う名前の香水を販売[5]。2007年には自身のファッションブランド「Bitten」をはじめることを発表した[6]。2008年4月には日本コカ・コーラが発売するノーカロリーコカ・コーラのリニューアルと同時に彼女のイラストがデザインされた缶(250ml、350ml)とペットボトル(1.5LT)が発売された。また、同製品のCMにも出演している。ただしセリフはなく、登場しているだけである。

私生活[編集]

1984年から1991年まで俳優のロバート・ダウニー・Jrと交際していたが、ダウニーには薬物使用の問題があり、これが二人の関係に破綻をきたした。1997年に俳優のマシュー・ブロデリックと結婚、2002年10月28日に長男(ジェームズ・ウィルキー・ブロデリック)を出産。2009年6月23日、代理母出産で双子の女児が誕生した。名前はMarion Loretta Elwell(マリオン・ロレッタ・エルウェル)とTabitha Hodge(タビサ・ホッジ)。

資産[編集]

2010年12月、オズモールによるとニューヨークの高級住宅街アッパー・ウエスト・サイドにあるタウンハウスを2100万ドル(日本円で約17億円)で購入したという。このタウンハウスは約10メートル四方で天井の高さが約3メートルのリビングルームにベッドルームが8部屋、バスルームが5つ、ミニバスルームが5つ備えつけられた豪華なものだという。サラが購入した物件はこれで4軒目で、サラと夫のマシュー・ブロデリックは3人の子供達を育てるために理想の家を見つけようと1年近く探していたという。今年の始め頃には54ポンド・ストリートにある豪邸や2400万ドル(日本円で約20億円)のタウンハウス、またマドンナが以前に住んでいた家にも興味を持っていたが、マドンナ宅からの騒音が原因で近所の人たちがセレブ嫌いになり、その物件を購入するのは諦めたという。

2010年8月、米経済誌『フォーブス』が「ハリウッドで最も稼ぎのいい女優」を発表し、2,500万ドル(日本円で約22億5,000万円)を稼いで5位にランクインした。このランキングは映画などの出演料だけでなく、香水や洋服のプロデュースやCM契約などの金額を合わせて計算されている[7][8]

2011年7月、『フォーブス』電子版が「ハリウッド女優の所得番付」を発表し、3000万ドル(日本円で約24億円)で1位となった。同誌はエージェントやマネージャー、プロデューサー、弁護士などに連絡を取り、2010年5月から2011年5月までの収入を調査したという。今回の収入は自身がプロデュースも手掛ける大ヒットドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の再放送や同ドラマの映画化2作目がヒットしたことなどが大きいという[9][10][11]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1984 フットルース
Footloose
ラスティ
家族の絆
Firstborn
リサ
1985 ハイスクールはダンステリア
Girls Just Want to Have Fun
1986 ナビゲイター
Flight of the Navigator
キャロリン
1987 ルーム・アップステアーズ/空き部屋あります
The Room Upstairs
テレビ映画
1988 ミッドナイト・プリズナー
Dadah Is Death
レイチェル・ゴールドマン テレビ映画
1990-1991 7人の検事
Equal Justice
ジョー・アン・ハリス テレビシリーズ、26エピソードに出演
1991 L.A.ストーリー/恋が降る街
L.A. Story
1992 ジェシカ/無垢なる願い
In the Best Interest of the Children
キャリー・ケイン テレビ映画
ハネムーン・イン・ベガス
Honeymoon in Vegas
ベッツィー/ドナ
1993 ホーカス ポーカス
Hocus Poconos
サラ・サンダーソン
スリー・リバーズ
Striking Distance
ジョー・クライストマン
1994 エド・ウッド
Ed Wood
ドロレス
1995 マイアミ・ラプソディー
Miami Rhapsody
グウェン
サンシャイン・ボーイズ/すてきな相棒
The Sunshine Boys
ナンシー・クラーク テレビ映画
1996 失恋セラピスト
If Lucy Fell
ルーシー
大いなる相続
The Substance of Fire
サラ
ファースト・ワイフ・クラブ
The First Wives Club
シェリー・スチュワート
ボディ・バンク
Extreme Measures
ジョディ
マーズ・アタック!
Mars Attacks!
ナタリー・レイク
1997 あなたに逢えるその日まで…
'Til There Was You
フランチェスカ
1998-2004 セックス・アンド・ザ・シティ
Sex and the City
キャリー・ブラッドショー テレビシリーズ、主演で94エピソードに出演
1999 ダドリーの大冒険
Dudley Do-Right
ネル
2000 イズント・シー・グレート
State and Main
クレア
2002 アイ ラブ ヒットマン
Life Without Dick
コリーン・ギブソン
2005 幸せのポートレート
The Family Stone
メレディス・モートン
2006 恋するレシピ 〜理想のオトコの作り方〜
Failure to Launch
ポーラ
2008 賢く生きる恋のレシピ
Smart People
ジャネット
セックス・アンド・ザ・シティ
Sex and the City: The Movie
キャリー・ブラッドショー 兼製作
2009 噂のモーガン夫妻
Did You Hear About the Morgans?
メリル・モーガン
2010 セックス・アンド・ザ・シティ2
Sex and the City 2
キャリー・ブラッドショー
2011 ケイト・レディが完璧な理由
I Don't Know How She Does It
ケイト・レディ
ニューイヤーズ・イヴ
New Year's Eve
キム
2012 glee/グリー
glee
イザベル・ライト テレビシリーズ、ゲストで34エピソードに出演

CM[編集]

その他[編集]

  • 日本のジュエリーメーカー、サマンサ・タバサと契約し、パーカー自身がデザインしたバッグやジュエリーを販売している。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.filmreference.com/film/48/Sarah-Jessica-Parker.html
  2. ^ Who Do You Think You Are? NBC transmitted March 5, 2010
  3. ^ [1] Sarah Jessica Parker on the Who Do You Think You Are? website
  4. ^ Pogrebin, Abigail (2005年12月26日). “Excerpt: 'Stars of David : Prominent Jews Talk About Being Jewish' by Abigail Pogrebin”. ABC News. http://abcnews.go.com/GMA/Books/story?id=1429337 2007年9月26日閲覧。 
  5. ^ sarahjessicaparkerbeauty.com
  6. ^ bittensjp.com
  7. ^ “最も稼いだ女優ナンバーワンはサンドラ・ブロック!−米フォーブス誌”. シネマトゥデイ. (2010年8月4日). http://www.cinematoday.jp/page/N0026027 2011年7月6日閲覧。 
  8. ^ “ハリウッド女優所得番付、1位はS・ブロック=米誌”. ロイター. (2010年8月4日). http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-16638520100804 2011年7月6日閲覧。 
  9. ^ “ハリウッド女優所得番付、1位はA・ジョリーとS・J・パーカー”. ロイター. (2011年7月6日). http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-22055820110706 2011年7月6日閲覧。 
  10. ^ “昨年最も稼いだハリウッド女優はアンジェリーナ・ジョリーとサラ・ジェシカ・パーカーで年間約24億円-米フォーブス誌”. シネマトゥデイ. (2011年7月6日). http://news.walkerplus.com/2011/0707/2/ 2011年7月13日閲覧。 
  11. ^ “ハリウッド女優の所得番付けトップ10を発表”. MovieWalker. (2011年7月7日). http://www.cinematoday.jp/page/N0033603 2011年7月13日閲覧。 

外部リンク[編集]