ジャック・ブラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・ブラック
Jack Black
Jack Black
2011年
本名 Thomas Jack Black
生年月日 1969年8月28日(45歳)
出生地 カリフォルニア州サンタモニカ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 ターニャ・ヘイデン(2006年 - 継続中)
主な作品
ハイ・フィデリティ
スクール・オブ・ロック
キング・コング

ジャック・ブラックJack Black, 1969年8月28日 - )は、アメリカ合衆国俳優歌手

来歴[編集]

生い立ち[編集]

カリフォルニア州サンタモニカにて生まれる。父はイギリス系、母(旧姓コーエン)はユダヤ系。父は結婚後にユダヤ教へ改宗。ジャック自身もヘブライ語学校に通った[1][2]。10歳の時に両親は離婚。13歳の時にコマーシャルに出演している[3]カリフォルニア大学ロサンゼルス校在学中にティム・ロビンスの劇団「アクターズ・ギャング」に参加。後に大学を中退。

キャリア[編集]

1992年にティム・ロビンスの監督デビュー作『ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄』で映画デビュー。

1994年には俳優のカイル・ガスと共にコメディ・バンド"テネイシャスD(英:Tenacious D)"を結成。1999年にはテレビシリーズも放映された。その過激なパフォーマンスときわどいジョークが受け、ライブのチケットは毎回ソールドアウトだという。アルバム2枚とライヴDVDも発表している。2006年には映画化された。

2000年公開の『ハイ・フィデリティ』のオタク青年役でブレイクした。2001年公開の『愛しのローズマリー』で初主演を果たし、2003年公開の『スクール・オブ・ロック』は全米で初登場1位を記録する大ヒットとなった。

私生活[編集]

1997年から2005年までコメディアン兼女優のローラ・カイトリンガーと交際。2006年3月14日にチェリストのターニャ・ヘイデン(父親はジャズ・ミュージシャンのチャーリー・ヘイデン)と結婚[4]。同年6月10日に長男(サミュエル・ジェイソン)が[5]、2008年5月に次男(トーマス・ジャック)が生まれている[6][7]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1992 ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄
Bob Roberts
ロジャー・デイヴィス
1993 デモリションマン
Demolition Man
Wasteland Scrap
1994 ブラインド・ジャスティス
Blind Justice
兵士 テレビ映画
ネバーエンディング・ストーリー3
The Neverending Story 3
スリップ
1995 バイバイ・ラブ
Bye Bye Love
パーティのDJ
ウォーターワールド
Waterworld
パイロット
デッドマン・ウォーキング
Dead Man Walking
クレイグ
1996 クロス・エレメント
Crossworlds
スティーヴ ビデオ作品
バイオドーム
Bio-Dome
テネイシャスD
ケーブル・ガイ
The Cable Guy
リック
ザ・ファン
The Fan
放送局の技術者
マーズ・アタック!
Mars Attacks!
ビリー・グレン・ノリス
1997 ジャッカル
The Jackal
イアン・ラモント
モンタージュ/証拠死体
Johnny Skidmarks
ジェリー
1998 ラストサマー2
I Still Know What You Did Last Summer
タイタス・テレスコ クレジットなし
エネミー・オブ・アメリカ
Enemy of the State
フィードラー
1999 クレイドル・ウィル・ロック
Cradle Will Rock
シド
ラブレター/誰かが私に恋してる?
The Love Letter
漁師 クレジットなし
2000 ハイ・フィデリティ
High Fidelity
バリー
2001 マテリアル・ウーマン
Saving Silverman
JD
愛しのローズマリー
Shallow Hal
ハル
2002 オレンジカウンティ
Orange County
ランス・ブラムダー
アイス・エイジ
Ice Age
ジーク アニメ、声の出演
2003 スクール・オブ・ロック
The School of Rock
デューイ・フィン
2004 隣のリッチマン
Envy
ニック
俺たちニュースキャスター
Anchorman: The Legend of Ron Burgundy
スティーヴ・グラフ クレジットなし
シャーク・テイル
Shark Tale
レニー アニメ、声の出演
2005 キング・コング
King Kong
カール・デナム
2006 ナチョ・リブレ 覆面の神様
Nacho Libre
イグナシオ(ナチョ) 出演・製作
テネイシャスD 運命のピックをさがせ!
Tenacious D in The Pick of Destiny
JB 脚本・出演・製作
ホリデイ
The Holiday
マイルズ
2007 マーゴット・ウェディング
Margot at the Wedding
マルコム
ウォーク・ハード ロックへの階段
Walk Hard: The Dewey Cox Story
ポール・マッカートニー クレジットなし
2008 僕らのミライへ逆回転
Be Kind Rewind
ジェリー
カンフー・パンダ
Kung Fu Panda
ポー アニメ、声の出演
トロピック・サンダー/史上最低の作戦
Tropic Thunder
ジェフ・ポートノイ
2009 紀元1年が、こんなんだったら!?
Year One
ゼド
2010 ガリバー旅行記
Gulliver's Travels
レミュエル・ガリバー 出演・製作総指揮
2011 カンフー・パンダ2
Kung Fu Panda 2
ポー アニメ、声の出演
ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して
The Big Year
ブラッド・ハリス
ザ・マペッツ
The Muppets
ジャック・ブラック クレジットなし
バーニー/みんなが愛した殺人者
Bernie
バーニー・ティーダ英語版
2015 グースバンプス
Goosebumps
R・L・スタイン

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1995 Xファイル
The X-Files
ゼロ 第3シーズン「D.P.O」
1995-1996 ピケット・フェンス
Picket Fences
カーティス・ウィリアムズ 2エピソード
1997-2000 Tenacious D JB 6エピソード
2003 ウィル&グレイス
Will & Grace
アイザック・ハーシュバーン 1エピソード
2007 ザ・シンプソンズ
The Simpsons
マイロ アニメ、声の出演

日本語吹き替え声優[編集]

以前まで脇役を演じる際は江原正士塩屋浩三などが声を当てていたが、映画主演をするようになってからは高木渉が専任で声を務めている。

また、『カンフー・パンダ』では山口達也TOKIO)が声を務めている。

テネイシャスD[編集]

ジャック・ブラックとカイル・ガスによるシニカル・ギャグ・バンド。ファースト・アルバム作と2枚組DVDは日本でもエピックソニーからリリースされた。

  • 2001年 Tenacious D - テネイシャスDのデビュー・アルバム
  • 2004年 Complete Masterworks(DVD)- テネイシャスDの軌跡を収めた2枚組DVD
  • 2006年 In The Pick Of Destiny - セカンド・アルバム
  • 2012年 RIZE OF THE FENIX[8] - サード・アルバム (歌詞もさることながら国によってはジャケット画像にも規制が入っている)

脚注[編集]

  1. ^ Murray, Rebecca (2006年11月15日). “Kyle Gass and Jack Black Discuss "Tenacious D in The Pick of Destiny"”. About.com. 2006年11月20日閲覧。
  2. ^ Interfaithfamily”. 2007年3月24日閲覧。
  3. ^ Biography: Jack Black
  4. ^ Jack Black Elopes with Tanya Haden”. People (2008年11月8日). 2008年11月8日閲覧。
  5. ^ Stephen M. Silverman (2008年11月8日). “It's a Boy for Jack Black, Wife”. People. http://www.people.com/people/article/0,,1203366,00.html 2008年11月8日閲覧。 
  6. ^ “ジャック・ブラックに2人目の赤ちゃん誕生”. シネマトゥデイ. (2008年6月3日). http://www.cinematoday.jp/page/N0014052 2013年2月8日閲覧。 
  7. ^ Report: Jack Black Welcomes Son”. Us Weekly (2008年6月1日). 2008年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月8日閲覧。
  8. ^ “ジャック・ブラック率いるテネイシャスD、全米初登場4位に!自己最高記録!”. シネマトゥデイ. (2012年5月24日). http://www.cinematoday.jp/page/N0042451 2013年2月8日閲覧。 

外部リンク[編集]