ウォーク・ハード ロックへの階段

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォーク・ハード ロックへの階段
Walk Hard: The Dewey Cox Story
監督 ジェイク・カスダン
脚本 ジャド・アパトー
ジェイク・カスダン
製作 ジャド・アパトー
ジェイク・カスダン
クレイトン・タウンゼンド
製作総指揮 ルイス・モートン
出演者 ジョン・C・ライリー
音楽 マイケル・アンドリュース
撮影 ユタ・ブリースウィッツ
編集 タラ・ティムポーン
スティーヴ・ウェルチ
製作会社 レラティビティ・メディア
アパトー・プロダクションズ
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 2007年12月21日[1]
日本の旗 劇場未公開
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000[2](概算)
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $18,317,151[2]
テンプレートを表示

ウォーク・ハード ロックへの階段』( - かいだん、原題:Walk Hard: The Dewey Cox Story)は、2007年に公開されたアメリカ映画。監督はジェイク・カスダン、脚本は彼とジャド・アパトーが担当した。また、テンプテーションズなどが本人役でカメオ出演している。

本作は、2005年に公開されたジョニー・キャッシュ伝記映画ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』のパロディ映画で、架空の歌手デューイ・コックスの半生を描く。日本では、劇場未公開でDVDスルーとなった。

ストーリー[編集]

ミュージシャンで現在71歳のデューイ・コックスは、久々のコンサートの前に自分の人生を振り返っていた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
デューイ・コックス ジョン・C・ライリー 江原正士
ダーリーン・マディソン・コックス ジェナ・フィッシャー 小林沙苗
サム ティム・メドウス 多田野曜平
8歳のデューイ コナー・レイバーン 星野亜門
ネイト・コックス チップ・ホーメス 柴井伶太
コックスの父親 レイモンド・J・バリー 内田直哉
コックスの母親 マーゴ・マーティンデイル 西宏子
イーデス クリステン・ウィグ 雨蘭咲木子
ブルース歌手 デヴィッド・エドワーズ 山口りゅう
セオ クリス・パーネル 里卓哉
デイヴ マット・ベッサー 山口りゅう
シュワルツバーグ デヴィッド・クラムホルツ 里卓哉
ボビー・シャド クレイグ・ロビンソン 岡林史泰
ルハイム ハロルド・ライミス 山口りゅう
ステージマネージャー エド・ヘルムズ
ゲイル ジェーン・リンチ 西宏子
ドレイデル・ルハイム サイモン・ヘルバーク 山口りゅう
バディ・ホリー フランキー・ミューニズ
エルヴィス・プレスリー ジャック・ホワイト 里卓哉
ジェリー・ガルシア アダム・ハーシュマン
本人 テンプテーションズ N/A
本人 エディ・ヴェダー 里卓哉
本人 ジャクソン・ブラウン N/A
本人 ジュエル
本人 ゴーストフェイス・キラ
本人 ライル・ラヴェット
マリファナを吸う女性 オデット・アナブル 小林沙苗
ネイトの幽霊 ジョナ・ヒル[3] 山口りゅう
ジョン・レノン ポール・ラッド[3] 多田野曜平
ポール・マッカートニー ジャック・ブラック[3] 岡林史泰
ジョージ・ハリスン ジャスティン・ロング[3] 里卓哉
リンゴ・スター ジェイソン・シュワルツマン[3] 山口りゅう
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー ジェリー・ベッドノブ[3] 宝亀克寿

スタッフ[編集]

  • 監督:ジェイク・カスダン
  • 製作:ジャド・アパトー、ジェイク・カスダン、クレイトン・タウンゼンド
  • 製作総指揮:ルイス・モートン
  • 脚本:ジャド・アパトー、ジェイク・カスダン
  • 撮影:ユタ・ブリースウィッツ
  • 音楽:マイケル・アンドリュース
  • 編集:タラ・ティムポーン、スティーヴ・ウェルチ
  • 製作会社:レラティビティ・メディア、アパトー・プロダクションズ
日本語版スタッフ
  • 吹替演出:久保宗一郎
  • 吹替翻訳:田尾友美
  • 吹替制作:東北新社

脚注[編集]

  1. ^ Release dates for Walk Hard: The Dewey Cox Story”. IMDb. 2012年4月15日閲覧。
  2. ^ a b Box office / business for Walk Hard: The Dewey Cox Story”. IMDb. 2012年4月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e f クレジットなし

外部リンク[編集]