伝記映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初期の伝記映画『巨星ジーグフェルド』(1936年)の一幕

伝記映画(でんきえいが)は映画のジャンルのひとつで、歴史上の偉人など、実在の人物の生涯もしくは半生を描いた映画を指す[1][2]。ほとんどの作品は完全な伝記や史実に基づくものではなく、制作者が多少の創作や脚色をくわえることが一般的である[2]

伝記映画は、映画の草創期であるサイレント映画の時代からおおく製作されていたが、トーキーが映画の主流となっていった1930年代に、アルフレッド・ワーカーの『ロスチャイルド』(1934年)、ロバート・Z・レナードの『巨星ジーグフェルド』(1936年)、ウィリアム・ディターレの『科学者の道』(1936年)や『ゾラの生涯』(1937年)が、アメリカ合衆国の映画賞であるアカデミー作品賞で受賞ないしノミネートを果たすといった評価を得て、この時期にジャンルとして確立した[2][3]。それ以降に製作された伝記映画にはデヴィッド・リーンの『アラビアのロレンス』(1962年)や、ケン・ラッセルの『恋人たちの曲 悲愴』(1970年)などがある[3]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 畑暉男、「伝記映画」 『映画の事典』、山田和夫監修 合同出版、1978年NCID BN05228271 
  • スティーヴ・ブランドフォード、バリー・キース・グラント、ジム・ヒリアー; 杉野健太郎、中村裕英訳、「伝記映画」 『フィルム・スタディーズ事典 - 映画・映像用語のすべて』 フィルムアート社、2004年ISBN 4-8459-0464-0 
  • 山下彗、井上健一、松﨑健夫、「伝記映画」 『現代映画用語事典』 キネマ旬報社、2012年ISBN 978-4-87376-367-5 

関連項目[編集]