ジャド・アパトー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャド・アパトー
Judd Apatow
Judd Apatow
2012年のトライベッカ映画祭にて。
生年月日 1967年12月6日(46歳)
出生地 ニューヨーク州ショセット
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1985年 -
配偶者 レスリー・マン(1997年 - )
主な作品
40歳の童貞男
無ケーカクの命中男/ノックトアップ

ジャド・アパトーJudd Apatow, 1967年12月6日 - )は、アメリカ合衆国映画監督映画及びテレビプロデューサー脚本家

来歴[編集]

生い立ち[編集]

ニューヨーク州ショセット出身。両親はユダヤ系で、父親は不動産開発業者、母親はサウサンプトンのコメディクラブで働いていた。兄(ロバート)と妹(ミア)がいる。12歳の時に両親が離婚。

キャリア[編集]

17歳の時にスタンダップ・コメディアンとしてキャリアをスタートさせる。高校卒業後、南カリフォルニア大学に進学し、ロサンゼルスに移る。この時のルームメイトはアダム・サンドラーだった。

コメディアンとして成功せず、テレビの脚本を手掛けるようになる。ベン・スティラーの『The Ben Stiller Show』やラリー・サンダースの『The Larry Sanders Show』、『フリークス学園』で批評家から高い評価を得た。

映画でも『俺たちニュースキャスター』や『ディック&ジェーン 復讐は最高!』などの製作・脚本を手掛け、2005年にスティーヴ・カレル主演の『40歳の童貞男』で映画監督デビューを果たす。同作品が1億ドルを超えるヒットとなり、全米脚本家組合賞オリジナル脚本賞にもノミネートされた。

私生活[編集]

1997年に女優のレスリー・マンと結婚。妻と二人の娘(アイリス、モード)はアパトーの作品にも出演している。家族はロサンゼルスで暮らしている。

主な作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

  • The Ben Stiller Show (1992年 - 1993年) 出演・脚本・製作総指揮
  • The Larry Sanders Show (1993年 - 1998年) 監督・脚本・製作総指揮・コンサルティング
  • The Critic (1994年 - 1995年) 脚本・コンサルティング
  • フリークス学園 Freaks and Geeks (1999年 - 2000年) 製作総指揮
  • Undeclared (2001年 - 2002年) 原案・監督・脚本・製作総指揮

外部リンク[編集]