伝説のロックスター再生計画!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伝説のロックスター再生計画!
Get Him to the Greek
監督 ニコラス・ストーラー
脚本 ニコラス・ストーラー
原案 キャラクター創造
ジェイソン・シーゲル
製作 ジャド・アパトー
デヴィッド・ブシェル
ロドニー・ロスマン
製作総指揮 リチャード・ヴェイン
出演者 ジョナ・ヒル
ラッセル・ブランド
エリザベス・モス
ローズ・バーン
ディディ
コルム・ミーニイ
音楽 ライル・ワークマン
撮影 ロバート・D・イェーマン
編集 ウィリアム・カー
マイケル・セール
製作会社 レラティビティ・メディア
スパイグラス・エンターテインメント
アパトー・プロダクションズ
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年6月4日
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 $91,261,479[2]
テンプレートを表示

伝説のロックスター再生計画!』(でんせつのロックスターさいせいけいかく!、Get Him to the Greek)は、ニコラス・ストーラー監督・脚本による2010年のアメリカ合衆国のコメディ映画である。ストーラーの2008年の映画『寝取られ男のラブ♂バカンス』のスピンオフ作品であり、同作よりジョナ・ヒルラッセル・ブランドが再出演している。ブランドは引き続いてアルダス・スノー役であるが、ヒルは新キャラクターのアーロン・グリーンを演じる。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

ジョナ・ヒル(2010年5月)

カメオ出演[編集]

製作[編集]

寝取られ男のラブ♂バカンス』の公開から1週間後、ユニバーサル・ピクチャーズは新作映画『Get Him to the Greek』の企画を発表し、ジョナ・ヒルラッセル・ブランドニコラス・ストーラー(監督・脚本)、ジャド・アパトー(製作)と契約した[3]

ロンドンのキャヴンディッシュ・スクエアでの撮影の様子。

ラッセル・ブランドは2008 MTV Video Music Awardsの発表準備の際、クリスティーナ・アギレラピンクケイティ・ペリーらにカメオ出演の話を持ちかけた[4][5]

リハーサルは2009年4月27日より行われ、撮影は5月12日から始まった。ニューヨーク、ラスベガスロサンゼルスロンドンでロケが行われた。アパトーの作品がアメリカ以外で撮られるのはこれが初めてのことである[6]トラファルガー広場での撮影中、ブランドは、通行人によって噴水に突き飛ばされた[7]

公開[編集]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは183件のレビューで73%が支持し、平均点は6.3/10となった[8]

Metacriticでは39件のレビューで加重平均値は100点満点は65点となった[9]

興行収入[編集]

北米では公開初週末3日間で1757万955ドルを売り上げ、『シュレック フォーエバー』に次いで初登場2位となった[10]。イギリスは初週末に156万9556ポンドを売り上げ1位となった。

北米での累計興行収入は6097万74475ドルであり、音楽コメディ映画としては『スクール・オブ・ロック』に次ぐ記録となった[2]

サウンドトラック[編集]

Get Him to the Greek: Soundtrack
多数のアーティスト の サウンドトラック
リリース 2010年6月1日
ジャンル サウンドトラック
レーベル ユニバーサル・リパブリック
テンプレートを表示
専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典 評価
allmusic 星5つのうち3.5つ [11]
Pitchfork 星10つのうち5.5つ [12]
トラック・リスト
# タイトル 作詞 アーティスト 時間
1. 「Just Say Yes」   ジャーヴィス・コッカー、ジェイソン・バックル、ティム・マッコール、ロス・オートン インファント・ソロウ 2:18
2. 「Gang of Lust」   カール・バラー インファント・ソロウ 2:03
3. 「Furry Walls」   ダン・ベルン、マイク・ヴィオラ、ジャド・アパトー インファント・ソロウ 3:07
4. 「Going Up」   ジェイソン・シーゲル、ライル・ワークマン インファント・ソロウ 4:06
5. 「Bangers, Beans and Mash」   ジェイソン・シーゲル、ライル・ワークマン インファント・ソロウ 3:32
6. 「The Clap」   ダン・ベルン、マイク・ヴィオラ インファント・ソロウ 2:44
7. 「I Am Jesus」   ジェイソン・シーゲル、ライル・ワークマン インファント・ソロウ 2:39
8. 「Riding Daphne」   ジェイソン・シーゲル、ライル・ワークマン インファント・ソロウ 3:28
9. 「F.O.H.」   ジャーヴィス・コッカー、チリー・ゴンザレス インファント・ソロウ 3:52
10. 「Yeah Yeah Oi Oi」   ダン・ベルン、ミッチ・マリン インファント・ソロウ 2:52
11. 「African Child (Trapped in Me)」   Mike Viola インファント・ソロウ 3:06
12. 「Little Bird」   マイク・ヴィオラ インファント・ソロウ 3:24
13. 「Searching for a Father」   ジェイソン・シーゲル、ライル・ワークマン インファント・ソロウ 3:43
14. 「Supertight」   ジェイソン・シーゲル、ライル・ワークマン、ラッセル・ブランド ジャッキー・Q featuring アルダス・スノー 2:37
15. 「Ring Round」   グレッグ・カースティンイナラ・ジョージ ジャッキー・Q 2:25
合計時間:
46:10
デラックス・エディション・ボーナス・トラック
# タイトル 作詞 アーティスト 時間
16. 「ジャッキー・Q」   カール・バラー インファント・ソロウ 3:41
17. 「Pound Me in the Buttox」   ポール・クラーク、マシュー・ディック ジャッキー・Q featuring アルダス・スノー 3:31
18. 「Chocolate Daddy」   ライル・ワークマン、ロドニー・ロスマン チョコレート・ダディ 2:54
19. 「Fuck Your Shit Up」   ライル・ワークマン ジャンボ・シュリンプ 2:28

サウンドトラック未収録曲:

  1. "And Ghosted Pouts (Take the Veil Cerpin Taxt)" by マーズ・ヴォルタ
  2. ロンドン・コーリング」 by ザ・クラッシュ
  3. アナーキー・イン・ザ・U.K.」 by セックス・ピストルズ
  4. 20センチュリー・ボーイ」 by T・レックス
  5. "Rocks Off" by ローリング・ストーンズ
  6. "Another Girl, Another Planet" by オンリー・ワンズ
  7. "Strict Machine" by ゴールドフラップ
  8. "Ghosts N Stuff" by デッドマウス featuring ロス・スワイヤー
  9. "Personality Crisis" by ニューヨーク・ドールズ
  10. "Girls on the Dance Floor" by ファーイースト・ムーヴメント
  11. "Come on Eileen" by デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ
  12. "Cretin Hop" by ラモーンズ
  13. "Stop Drop and Roll" by フォックス・ホット・タブス
  14. タッチ・マイ・ボディ」 by マライア・キャリー
  15. "Love Today" by ミーカ
  16. "Fuck Me I'm Famous" by DJ Dougal and Gammer
  17. "What Planet You On" by Bodyrox featuring Luciana
  18. "Inside of You" by Infant Sorrow (which was originally featured in Forgetting Sarah Marshall).
  19. "Licky feat. Princess Superstar (Herve Remix)" by Larry Tee

参考文献[編集]

  1. ^ Fritz, Ben (2010年6月3日). “Movie projector: 'Get Him to the Greek' and 'Killers' aiming for No. 2 against 'Shrek'”. Los Angeles Times (Tribune Company). http://latimesblogs.latimes.com/entertainmentnewsbuzz/2010/06/get-him-to-the-greek-and-killers-aiming-for-no-2-against-shrek.html 2010年6月4日閲覧. "Greek cost Universal and its financing partners Relativity Media and Spyglass Entertainment about $40 million to make." 
  2. ^ a b Get Him to the Greek”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年9月14日閲覧。
  3. ^ Siegel, Tatiana (2008年4月22日). “Apatow, Stoller speak 'Greek'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117984458.html 2008年7月31日閲覧。 
  4. ^ Christina Aguilera Kissed Russell Brand?”. Aguilerabuff.com (2008年9月7日). 2011年8月24日閲覧。
  5. ^ Hogan, Dave (2008年9月10日). “Brand: MTV want me back next year”. The Sun. 2011年5月29日閲覧。
  6. ^ Exclusive Nick Stoller Interview”. Collider.com (2008年12月17日). 2011年8月24日閲覧。
  7. ^ Firth, Niall (2009年8月8日). “That's not in the script: Russell Brand pushed into fountain by passer-by while filming movie”. The Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1205180/Russell-Brand-pushed-fountain-passer-filming-new-film-London.html 
  8. ^ Get Him to the Greek Movie Reviews, Pictures”. Rotten Tomatoes. 2010年7月11日閲覧。
  9. ^ Get Him to the Greek (2010): Reviews”. CBS. Amazon.com. 2010年5月5日閲覧。
  10. ^ "Shrek" laughs its way past two new comedies”. yahoo.com (2010年6月6日). 2010年6月6日閲覧。
  11. ^ Get Him to the Greek - Infant Sorrow - Allmusic
  12. ^ Infant Sorrow Get Him to the Greek OST”. Pitchfork Media. 2012年2月10日閲覧。

外部リンク[編集]