ナチョ・リブレ 覆面の神様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナチョ・リブレ 覆面の神様
Nacho Libre
監督 ジャレッド・ヘス
脚本 ジャレッド・ヘス
ジェルーシャ・ヘス
マイク・ホワイト
製作 ジャック・ブラック
デヴィッド・クローワンズ
ジュリア・ピスター
マイク・ホワイト
製作総指揮 スティーヴ・ニコライデス
出演者 ジャック・ブラック
音楽 ダニー・エルフマン
撮影 ハビエル・ペレス・グロベット
編集 ビリー・ウェバー
製作会社 ニコロデオン・ムービーズ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年6月16日
日本の旗 2006年11月3日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $80,197,993[1]
世界の旗 $99,255,460[1]
テンプレートを表示

ナチョ・リブレ 覆面の神様』(Nacho Libre)は、2006年に公開されたアメリカコメディ映画ジャック・ブラック主演。

ストーリー[編集]

修道院の給仕係を勤める修道僧のイグナシオ(ジャック・ブラック)はルチャリブレのレスラーに憧れていたが、プロレスを禁忌と定める修道院に身を置く彼にとっては無縁の世界であった。自分たちを厄介者扱いする修道僧や上司である神父の冷たい仕打ち、食費を十分に回してもらえないためお腹を空かせた孤児たちに満足な食事を作って上げることも出来ず、新しく孤児たちの教師として赴任してきたシスター・エンカルナシオン(アナ・デ・ラ・レゲラ)に密かな想いを寄せながらも何もできない、そんな無為な日々が続いていた。

しかしある日、ひったくりの男スティーブン(エクトル・ヒメネス)と出会ったことがきっかけで、彼とコンビを組み、覆面レスラー・ナチョとしてリングに上がるようになる。ルチャの試合が金になる(修道院のためになる=シスターのためになる)ことを知った彼らは試合を繰り返してお金を稼いでいく。しかし、負け続けてばかりで満足のいく試合を出来ないことに苛立つイグナシオは、金のためではなく純粋に勝利を掴みたいと、次第に闘争本能を募らせていく。そして戦いの果てに、ついにルチャのチャンピオン・ラムセス(セサール・ゴンザレス)への挑戦権を手に入れるのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
イグナシオ(ナチョ) ジャック・ブラック 高木渉
スティーブン(ヤセ) エクトル・ヒメネス 落合弘治
シスター・エンカルナシオン アナ・デ・ラ・レゲラ 魏涼子
ギレルモ リチャード・モントーヤ 岩崎ひろし
海辺のまじない師 ピーター・ストーメア 諸角憲一
ラムセス セサール・ゴンザレス 乃村健次
チャンチョ ダリウス・ロセ 横川貴大

スタッフ[編集]

応援ソング[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c Nacho Libre (2006)” (英語). Box Office Mojo. 2010年8月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]