ジャッカル (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャッカル
The Jackal
監督 マイケル・ケイトン=ジョーンズ
脚本 チャック・ファーラー
製作 マイケル・ケイトン=ジョーンズ
ジェームズ・ジャックス
ショーン・ダニエル
ケヴィン・ジャール
製作総指揮 テレンス・クレッグ
ハル・リーバーマン
ゲイリー・レヴィンソン
マーク・ゴードン
出演者 リチャード・ギア
ブルース・ウィリス
音楽 カーター・バーウェル
撮影 カール・ウォルター・リンデンローブ
編集 ジム・クラーク
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年11月14日
日本の旗 1998年6月20日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
日本の旗 日本
言語 英語
ロシア語
製作費 $60,000,000[1]
興行収入 $159,330,280[1]
テンプレートを表示

ジャッカル』(原題: The Jackal)は、1997年製作のアメリカ映画。ある暗殺者とそれを防ごうとする者達との戦いを描いたアクション映画1973年の映画ジャッカルの日』のリメイク作品である。

あらすじ[編集]

弟をロシア内務省(MVD)とアメリカ連邦捜査局(FBI)の合同捜査チームに射殺されたチェチェン・マフィアのボス、テレクは報復として凄腕の殺し屋ジャッカルに7000万ドルでアメリカ要人の暗殺を依頼する。神出鬼没で素性も何もかも不明なジャッカルを捕まえるため、チームの指揮を執るFBI副長官プレストンとMVDコスロヴァ少佐は刑務所に収監中のIRAのスナイパー、デクラン・マルクィーンに協力を求める。デクランは全面恩赦とジャッカルの顔を知る女性テロリスト、イザベラを保護することを条件にこれを受ける。実はデクランはジャッカルに恨みがあり、イザベラとの間にできたお腹の中の子供を殺された過去があった。

チームの捜査を巧みにかわしながら、ついにジャッカルはアメリカ入りする。標的の見当もつかない中、ジャッカルはイザベラが保護されている家を襲撃、コスロヴァらを殺害する。そしてジャッカルはデクランに「お前は女を守れない男だ」と挑発するメッセージを残す。

デクランは悲嘆にくれるが、メッセージから標的は大統領夫人であると見破り、プレストンと共に夫人の遊説会場に乗り込む。遠隔操作による狙撃から大統領夫人を間一髪で助けたデクランは、会場から逃げ出すジャッカルの後を追う。そして地下鉄構内での追跡と攻防の末、デクランはジャッカルを射殺する。

事件は無事終結したが、デクランの全面恩赦は認められず、再収監されることになる。しかし、プレストンはわざとデクランを逃がし、彼はどこかへ消える。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVDVHS 日本テレビ
ジャッカル ブルース・ウィリス 磯部勉 野沢那智
デクラン・マルクィーン リチャード・ギア 田中秀幸 津嘉山正種
プレストンFBI副長官 シドニー・ポワチエ 田中信夫
コスロヴァ少佐 ダイアン・ヴェノーラ 塩田朋子 弥永和子
イザベラ・ザンコーナ マチルダ・メイ 湯屋敦子 山像かおり
イアン・ラモント ジャック・ブラック 塩屋翼 江原正士
ウィザースプーン J・K・シモンズ 青野武
ドナルド・ブラウンFBI長官 ジョン・カニンガム 北川勝博 小島敏彦
テレク デイヴィッド・ハイマン 糸博 佐々木梅治
ガッツイ・ムラド ラビル・イスヤノフ 秋元羊介
ダグラス スティーヴン・スピネラ 堀川仁
役不明 - 家中宏小室正幸長克巳佐藤祐四伊藤和晃久保田民絵笠井律子加納詞桂章柳沢栄治鈴木勝美後藤史彦海老原英人岡本章子黒田弥生
演出 - 蕨南勝之、翻訳:平田勝茂、調整:高橋慶美
役不明 - 宮本充沢田敏子千田光男円谷文彦廣田行生天田益男八十川真由野磯辺万沙子喜多川拓郎小川隆市石塚理恵大黒和広、柳沢栄治、高橋智子水野光太佐藤ユリ
演出:松川陸、翻訳:武満真樹、録音:浜松町スタジオ、調整:兼子芳博、効果:南部満治

リメイク問題[編集]

映画『ジャッカルの日』のリメイク作品という触れ込みであるものの、ストーリーはほぼオリジナルで共通点は少ない。そのため、当初はオリジナルと同じタイトル"The Day Of The Jackal"とする予定であったが、翻案に違和感を覚えたオリジナルの監督であるフレッド・ジンネマンがクレームをつけ、"The Jackal"へと変更された。

また、原作者フレデリック・フォーサイスも翻案に同意せず、スタッフに名を連ねることを拒否した。ただし、オリジナルで脚本を担当したケネス・ロスは唯一同意し、結局この映画は『The Jackal』というタイトルで「1973年の映画『The Day Of The Jackal』の脚本のリメイク」として製作されるに至った。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b The Jackal (1997)” (英語). Box Office Mojo. 2010年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]