ホリデイ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホリデイ
The Holiday
監督 ナンシー・マイヤーズ
脚本 ナンシー・マイヤーズ
製作 ナンシー・マイヤーズ
ブルース・A・ブロック
製作総指揮 スザンヌ・ファーウェル
出演者 キャメロン・ディアス
ケイト・ウィンスレット
ジュード・ロウ
ジャック・ブラック
音楽 ハンス・ジマー
撮影 ディーン・カンディ
編集 ジョー・ハッシング
製作会社 コロンビア映画
ユニバーサル映画
レラティビティ・メディア
Waverly Films
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年12月8日
日本の旗 2007年3月24日
上映時間 135分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $85,000,000[1]
興行収入 $205,135,324[1]
テンプレートを表示

ホリデイ』(The Holiday)は、2006年アメリカ映画。『恋愛適齢期』のナンシー・マイヤーズ監督による、休暇中にお互いの家を交換する「ホーム・エクスチェンジ」を題材にしたロマンティック・コメディ

アメリカでは2006年12月8日に公開され、週末興行成績で初登場3位になった。日本では2007年3月24日日劇3系列ほかで公開され、全国週末興行成績で初登場4位となった。

ストーリー[編集]

会社のクリスマスパーティーで、ロンドンの新聞社に勤めるコラムニストのアイリス(ケイト・ウィンスレット)は、恋人で同僚のジャスパー(ルーファス・シーウェル)が他の女性と婚約したことを知る。一方、ロサンゼルスに住み、ハリウッド映画予告編の製作会社を経営するアマンダ(キャメロン・ディアス)も、恋人のイーサン(エドワード・バーンズ)の浮気に気づき、別れることにした。

いくら悲しくても涙を流せないでいたアマンダは、休暇を取って旅に出ることを決め、インターネットでイギリスサリーの小さな村シェア (Shere) にある素敵なコテージを見つける。そのウェブサイトは休暇中にお互いの家や車などを交換する「ホーム・エクスチェンジ」のサイトで、見ていたのは同じく恋に破れたばかりのアイリスの家だった。

意気投合した二人は、早速お互いの家を交換することにして旅立つ。そこで、アマンダはアイリスの兄グレアム(ジュード・ロウ)と、アイリスはイーサンの友人で映画音楽の作曲をしているマイルズ(ジャック・ブラック)や、近所に住む引退した脚本家のアーサー(イーライ・ウォラック)たちと出会う。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
アマンダ キャメロン・ディアス 朴璐美
アイリス ケイト・ウィンスレット 林真里花
グレアム ジュード・ロウ 鉄野正豊
マイルズ ジャック・ブラック 小森創介
アーサー イーライ・ウォラック 永井一郎
イーサン エドワード・バーンズ 吉見一豊
ジャスパー ルーファス・シーウェル 森田順平
マギー シャニン・ソサモン

キャッチコピー[編集]

  • 人生に一度だけ、誰にでも運命の休暇がある

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b The Holiday (2006)”. Box Office Mojo. 2010年8月29日閲覧。

外部リンク[編集]