デッドマン・ウォーキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デッドマン・ウォーキング
Dead Man Walking
監督 ティム・ロビンス
脚本 ティム・ロビンス
原作 シスター・ヘレン・プレイジョーン
製作 ジョン・キリク
ティム・ロビンス
ラッド・シモンズ
製作総指揮 ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
出演者 スーザン・サランドン
ショーン・ペン
音楽 ヴィッド・ロビンス
撮影 ロジャー・A・ディーキンス
編集 リサ・ゼノ・チャーギン
製作会社 ポリグラム・フィルムド・エンターテインメント
ワーキング・タイトル・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 グラマシー・ピクチャーズ
日本の旗 ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年12月29日
日本の旗 1996年8月3日
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $11,000,000
興行収入 $39,363,635[1]
テンプレートを表示

デッドマン・ウォーキング』(Dead Man Walking)は、1995年に制作されたアメリカ映画

死刑廃止論者である修道女ヘレン・プレジャンのノン・フィクション作品(『デッドマン・ウォーキング』徳間文庫)の映画化。

俳優のティム・ロビンスが監督・脚本を務めた作品で、主演は彼のパートナーのスーザン・サランドン。サランドンはこの作品でアカデミー主演女優賞を受賞した。また、ショーン・ペンはベルリン国際映画祭で男優賞を受賞した。

「デッドマン・ウォーキング」とは死刑囚が死刑台に向かう際、看守が呼ぶ言葉である。

ストーリー[編集]

貧困地区でアフリカ系アメリカ人のために働く尼僧(Nun,字幕に従った。)のヘレン(スーザン・サランドン)は、あるきっかけで死刑囚のマシュー・ポンスレット(ショーン・ペン)と知りあう。彼の罪状は、二人のティーンエイジカップルの殺人及び強姦。彼は無罪を主張するが認められず、死刑が執行されることになる。ヘレンは彼のスピリチュアルカウンセラーとなり、その死を見届けることになるが、最後まで死刑執行を回避しようと手をうつ。死刑当日。刑の執行の午前0時まで、知事への嘆願の返事を待ち続ける二人。結局、上訴審は却下。死が決まったマシューに勇気を与えられんことを、と、ヘレンは神にひとり祈る。最後の面会でマシューはヘレンからあずかった聖書に名前と日付を入れて渡し、犯行の事実を告白した。「ウォルターを撃って殺したのは自分だ。レイプは自分もしたが、ホープを刺したのは相棒だ。今は二人の死に責任を感じる。昨夜は二人のために祈った」。午前0時数分前。迫りくる死の恐怖のためか、すすり泣く。ヘレンは護送されるマシューの肩に手をかけて寄り添う。マシューの最後の言葉は、処刑に立ちあった被害者の遺族への謝罪だった。マシューの葬儀。彼はヘレンらの教会の墓地に葬られり。

基本的に死刑廃止論の立場で描かれているが、本作には被害者の両親等死刑賛成派の意見も描かれている。過去の犯行シーンと現在の死刑囚のシーンが時々いりまじる。本編を通して描かれるのは、「許し」とも重なる「愛」と「死刑制度の是非」である。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ東京
シスター・ヘレン・プレイジェーン スーザン・サランドン 寺田路恵 藤田淑子
マシュー・ポンスレット ショーン・ペン 大塚芳忠 家中宏
ヒルトン・バーバー ロバート・プロスキー 富田耕生 辻村真人
アール・デラクロア レイモンド・J・バリー 糸博 水野龍司
クライド・パーシー R・リー・アーメイ 益富信孝 糸博
ファーリー牧師 スコット・ウィルソン 岩田安生
  • 日本語吹替:VHS・DVDに収録されたもの。後に発売されたBlu-rayには収録されていない。

参考文献[編集]

  1. ^ Dead Man Walking”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年11月25日閲覧。

外部リンク[編集]