レベル・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レベル・ウィルソン
Rebel Wilson
Rebel Wilson
2012年
本名 Rebel Elizabeth Wilson
生年月日 2月3日
出生地 シドニー
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
職業 女優
コメディアン
活動期間 2003年 - 現在

レベル・ウィルソンRebel Wilson,1986年2月3日 - ) は、オーストラリアの女優、コメディアンである。

来歴[編集]

1986年にオーストラリアシドニーに生まれる。3人兄弟がおり、両親はプロの犬の調教師だった。数字に強かったことからもともとは数学者になるつもりだったが、進学したニューサウスウェールズ大学において法学と演劇を専攻。国際ロータリーの会員でもあり、アンバサダーとして南アフリカ共和国にも1年滞在した。しかし、マラリアにかかってしまったことで帰国。地元の「Australian Theatre for Young People」でさらに演劇を学び、ニコール・キッドマンが設立した若き俳優志望の学生への奨学金を得たことで2003年ニューヨークへ渡る。ニューヨーク滞在中は即興コメディ集団のセカンド・シティへ所属。また、持ち前のコメディセンスを生かし、脚本・プロデュース・スタンダップコメディアンと様々な能力を発揮。後に自身が執筆した脚本のミュージカルをメルボルンで上演したあたりから好評を得始め、太った体格を生かしてオーストラリア国内のシットコムやテレビドラマなどへ出演を重ねる。中でもオーストラリア国内ではコメディドラマ『PIZZA』への出演で知られており、その他にもオーストラリアがロケ地となったニコラス・ケイジ主演の『ゴーストライダー』へ出演するなどして着々とキャリアを重ねていった。2009年にはショートフィルムフェスティバルのTropfestにおいて最優秀女優賞を獲得している。

後に活動の場をアメリカへ移し、ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメントと契約。渡米後に出演した『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』でクリステン・ウィグ演じる主人公のだらしないルームメイトを演じた。どう作品自体は大ヒットを記録し、ウィルソン自身もシットコムやテレビへの露出も徐々に増えていき、ARIAミュージック・アワードではホストを務めたほか、イベントなどにおける露出も増え、アメリカ国内でのキャリアも順調に重ねている。太った体格を生かすキャラクターを演じることが多く、キルステン・ダンスト主演の『バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!』では、仲良し同級生の美女を差し置いて一番初めに結婚してしまう主人公の友人をユーモラスに演じている。2013年MTVムービー・アワード2013ではホストを務めた。2013年から米国で放映されたコメディ・シリーズ・ドラマ『Super Fun Night』では主演に抜擢された。また2011年には有名ダイエット会社のJenny Craigのオーストラリア部門におけるスポークスマンに任命されている。

私生活[編集]

2012年に『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』において自身の兄役を演じたイギリス出身のコメディアンマット・ルーカスウェスト・ハリウッドでの同棲が報じられている。ルーカス主演の2012年の『スモール・アパートメント ワケアリ物件の隣人たち』へも出演している。

出演作品[編集]

映画[編集]

声の出演[編集]

テレビドラマ[編集]

  • Pizza (2003 - 2007)
  • World Record Pizza (2006)
  • The Wedge (2006 - 2007)
  • Monster House (2008)
  • City Homicide (2009)
  • Rules of Engagement (2010)
  • Workaholics (2011)
  • Super Fun Night (2013)

外部リンク[編集]