マイク・マイヤーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・マイヤーズ
Mike Myers
Mike Myers
シュレック3』のロンドンプレミアにて
本名 Michael John Myers
別名 Michael Meyers
生年月日 1963年5月25日(51歳)
出生地 オンタリオ州スカボロー
国籍 カナダの旗 カナダ
ジャンル 俳優
コメディアン
脚本家
プロデューサー
活動期間 1975年 -
配偶者 Robin Ruzan (1993年 - 2007年)
Kelly Tisdale (2010–)
主な作品
ウェインズ・ワールド
オースティン・パワーズ』シリーズ
シュレック』シリーズ
受賞
エミー賞1989年

マイク・マイヤーズMike Myers1963年5月25日 - )は、カナダ出身のコメディアン俳優

プロフィール[編集]

初期[編集]

オンタリオ州スカボローにて、イギリス人(イングランド人スコットランド人アイルランド人の混血[1] )の両親の間に生まれる。父親はイギリス陸軍のコック、母親は元イギリス空軍[2]

キャリア[編集]

子供の頃からコメディアンになることを夢見て、高校卒業後にシカゴの名門コメディ劇団『セカンド・シティ』に参加。

1989年から『サタデー・ナイト・ライブ』にレギュラー出演し、多くのキャラクターを演じて人気を博し、エミー賞を受賞する。その中の一つのキャラクターを映画化した『ウェインズ・ワールド』がヒット。この映画では脚本も書いている。続編も作られたが、その後しばらく公の場に姿を現さなかった。

1997年からの『オースティン・パワーズ』シリーズで復帰。このシリーズでは脚本・製作も出掛けている。

2004年に『シュレック2』のプロモーションで、キャメロン・ディアスと初来日した際には、記者会見会場であるパークハイアット東京に日本側のキャストである浜田雅功藤原紀香が駆けつけた。

1997年と2008年のMTVムービー・アワードの司会を務める。

私生活[編集]

マイヤーズ自身はカナダ、アメリカ、イギリスの市民権を所持している[3]

アイスホッケーが趣味で、自分でもプレイしている。

1980年代に女優・ライターのロビン・ルーザンと交際をはじめる。二人はシカゴのホッケー場で出会った。1993年に結婚するが、2005年に離婚を申請[4]。2006年よりカフェのオーナーであったKelly Tisdaleと交際をはじめ、2010年に結婚[5]。息子と娘が一人づついる[6][7]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1992 ウェインズ・ワールド
Wayne's World
ウェイン・キャンベル 脚本・出演
1993 ハネムーンは命がけ
So I Married an Axe Murderer
チャーリー・マッケンジー/スチュアート・マッケンジー
ウェインズ・ワールド2
Wayne's World 2
ウェイン・キャンベル 脚本・出演
1997 オースティン・パワーズ
Austin Powers: International Man of Mystery
オースティン・パワーズ/ドクター・イーブル 脚本・出演・製作
1998 54 フィフティ★フォー
54
スティーヴ・ルベル
ピンク・ピンク・ライン
The Thin Pink Line
ティム・ブロデリック
1999 オースティン・パワーズ:デラックス
Austin Powers: The Spy Who Shagged Me
オースティン・パワーズ/ドクター・イーブル/ファット・バスタード 脚本・出演・製作
ミステリー、アラスカ
Mystery, Alaska
ドニー
2001 シュレック
Shrek
シュレック アニメ、声の出演
2002 オースティン・パワーズ ゴールドメンバー
Austin Powers in Goldmember
オースティン・パワーズ 脚本・出演・製作
2003 ハッピー・フライト
View from the Top
ジョン
ハットしてキャット
Dr. Seuss' The Cat in the Hat
ネコ
2004 シュレック2
Shrek 2
シュレック アニメ、声の出演
2007 シュレック3
Shrek the Third
シュレック アニメ、声の出演
2008 愛の伝道師 ラブ・グル
The Love Guru
グル・ピトカ 脚本・出演・製作
2009 イングロリアス・バスターズ
Inglourious Basterds
エド・フェネシュ将軍
2010 シュレック フォーエバー
Shrek Forever After
シュレック アニメ、声の出演

脚注[編集]

  1. ^ Elson, Peter (2002年7月27日). “Mike Myers: International Man of Mirth”. Liverpool Daily Post. 2008年10月23日閲覧。
  2. ^ Mike Myers Biography at”. TalkTalk. 2013年5月1日閲覧。
  3. ^ Paul Harrison (2005). Mike Myers. Heinemann-Raintree Library. p. 7. ISBN 978-1-4109-1088-2. 
  4. ^ Mike Myers, wife file for divorce: report”. MSN (2005年12月24日). 2011年3月4日閲覧。
  5. ^ Mike Myers secretly marries longtime girlfriend”. CTV (2011年3月4日). 2011年3月4日閲覧。
  6. ^ Mike Myers becomes first-time father to baby boy”. CTV News (2011年9月29日). 2011年10月1日閲覧。
  7. ^ Mike Myers Welcomes Daughter”. People (2014年4月11日). 2014年4月22日閲覧。


外部リンク[編集]