シュレック フォーエバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュレック フォーエバー
Shrek Forever After
監督 マイク・ミッチェル
脚本 ジョシュ・クラウスナー
ダーレン・レムケ
製作 ジーナ・シェイ
テレサ・チェン
製作総指揮 アーロン・ワーナー
アンドリュー・アダムソン
ジョン・H・ウィリアムズ
出演者 マイク・マイヤーズ
キャメロン・ディアス
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
撮影 ジュン・ヨンドク
編集 ニック・フレッチャー
製作会社 ドリームワークス・アニメーション
配給 アメリカ合衆国の旗 ドリームワークス
日本の旗 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年5月21日
日本の旗 2010年12月18日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $165,000,000[1]
興行収入 $752,600,867[1] 世界の旗
10.0億円[2] 日本の旗
前作 シュレック3
次作 長ぐつをはいたネコ
テンプレートを表示

シュレック フォーエバー』(Shrek Forever After)は、2010年のアメリカ合衆国アニメ映画。『シュレック』シリーズ最終章。

ストーリー[編集]

三人の子供達と妻フィオナと共に暮らすシュレックは、あまりにも平凡な生活に飽きていた。かつての自由気ままな暮らしが恋しくなったシュレックは、ある日魔法使いランプルスティルスキンと出会い、彼と「1日だけ元の生活に戻る」という契約を交わす。しかしランプルスティルスキンは実はペテン師で、シュレックは彼との契約によって自分が生まれていないパラレルワールドの「遠い遠い国」に飛ばされてしまう。そこではランプルスティルスキンが王として君臨し、怪物たちを虐げていた。誰も自分を知らない世界で一人孤独に暮らすこととなったシュレックだったが、ある時ランプルスティルスキンとの契約によって自分の過去が消え始めていること、契約を破棄しなければ最終的に自分の存在が消えてしまうことを知る。契約の破棄には「運命の人とのキス」が必要であることを知ったシュレックは自分の「運命の人」=フィオナを捜すが、やっと見つけたフィオナは怪物たちを率いるレジスタンスのリーダーとなっていた。シュレックはレジスタンスに入れられ、ランプルスティルスキンとの戦いに挑むことになる。

キャスト[編集]

キャラクター 原語版キャスト 日本語吹替
シュレック (Shrek) マイク・マイヤーズ 浜田雅功
フィオナ姫 (Princess_Fiona) キャメロン・ディアス 藤原紀香
ドンキー (Donkey) エディ・マーフィー 山寺宏一
長ぐつをはいた猫 (Puss in Boots) アントニオ・バンデラス 竹中直人
ランプルスティルスキン (Rumpelstiltskin) ウォルト・ドーン 劇団ひとり
ドリス (Doris the ugly stepsister) ラリー・キング ジョン・カビラ
ハロルド国王 (King Harold) ジョン・クリーズ 青野武
リリアン王妃 (Queen Lillian) ジュリー・アンドリュース 沢田敏子
オオカミ (Big Bad Wolf) アーロン・ワーナー 内海賢二
メイベル (Mabel the ugly stepsister) レジス・フィルビン 玄田哲章
ピノキオ (Pinocchio) コディ・キャメロン 飛田展男
クッキーマン (The Gingerbread Man) コンラッド・ヴァーノン 優希比呂
ケーキマン (The Muffin Man) コンラッド・ヴァーノン 仲野裕
スイーツ (Cookie the Ogre) クレイグ・ロビンソン 乃村健次
ブローガン (Brogan the Ogre) ジョン・ハム
グレッチェン (Gretched the Ogre) ジェーン・リンチ

評価[編集]

興行収入[編集]

北アメリカでは4359館で公開され、7125万ドル(約64億円)を記録し、初登場1位となった[1]

出典[編集]

外部リンク[編集]