アンドリュー・アダムソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドリュー・アダムソン
Andrew Adamson
生年月日 1966年12月1日(48歳)
出生地 オークランド
国籍 ニュージーランドの旗 ニュージーランド

アンドリュー・アダムソンAndrew Adamson, MNZM, 1966年12月1日 - )は、ニュージーランドオークランド出身の映画監督映画プロデューサー脚本家、映像技術者。

来歴[編集]

キリスト教宣教師の両親と11歳のときにパプアニューギニアへ移住。18歳でオークランドへ戻る。パシフィック・データ・イメージズ(PDI:現在のPDIドリームワークス)で仕事を見つけアメリカ合衆国ロサンゼルスへ移住する。PDIで技術者として働き『トイズ』、『エンジェルス』などの制作に参加する。その後、視覚効果技術者として『バットマン フォーエヴァー』、『評決のとき』、『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』などの制作に参加する。また多くのコマーシャル(CM)映像も撮影している。

2001年に公開した『シュレック』で監督を務め世界的なヒットを記録。新設されたアカデミー長編アニメ映画賞を受賞。2004年に公開した『シュレック2』では監督・脚本を務め、同作品も世界的なヒットと興行収入を記録した。『シュレック3』では製作総指揮という形で参加する。

2005年公開の『ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女』では監督・脚本・プロデューサーを務め、映像化不可能といわれたC・S・ルイス原作『ナルニア国物語』第1作『ライオンと魔女』の映像化に成功し高い評価を得る。同作品はアカデミーメイクアップ賞英国アカデミー賞メイクアップ部門賞他、世界各地で多くの映画賞を受賞した。

2008年公開の『ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛』でも監督・脚本・プロデューサーを務め、2010年公開の『ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島]』、『シュレック フォーエバー』でもプロデューサーを務める。

映画界への貢献により2006年にニュージーランド・メリット勲章を授与されている。夫人との間に2女。

フィルモグラフィ[編集]

主な受賞歴[編集]

外部リンク[編集]