ランゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランゴ
Rango
監督 ゴア・ヴァービンスキー
脚本 ジョン・ローガン
原案 ゴア・ヴァービンスキー
ジェームズ・ウォード・バーキット
ジョン・ローガン
製作 ジョン・B・カールズ
グレアム・キング
ゴア・ヴァービンスキー
製作総指揮 ティム・ヘディントン
出演者 ジョニー・デップ
音楽 ハンス・ジマー
編集 クレイグ・ウッド
製作会社 ニコロデオン・ムービーズ
GKフィルムズ
ブラインド・ウィンク
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年3月4日
日本の旗 2011年10月22日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $135,000,000[1]
興行収入 $245,375,374[1]
テンプレートを表示

ランゴ』(原題: Rango)は、ゴア・ヴァービンスキー監督による2011年アニメーション映画である。

ストーリー[編集]

人間にペットとしていて飼われていたカメレオンジョニー・デップ)は、車での移動中に誤って水槽ごと放り出されてしまい、モハーヴェ砂漠で立ち往生してしまう。西部の精霊を探すアルマジロのロードキル(アルフレッド・モリーナ)に出会い、アカオノスリからの逃げ延びた次の日、カメレオンは悪夢から目覚めた。彼はサバクイグアナのマメータ(アイラ・フィッシャー)と出会った。彼女は動物たちによる西部開拓時代のような風貌の町「ダートタウン」で牧場主をしていた。

カメレオンと共にダートタウンに戻ったマメータは、この町が深刻な水不足に被われ、銀行に保存されている水も残りわずかとなっていたことを知った。一方カメレオンは酒場へと行き、そこで町の住人たちに自らをランゴと名乗り(瓶に書かれていたドゥ「ランゴ」から引用)、嘘の武勇伝を語り始めた。すると店に無法者のバッド・ビル(レイ・ウィンストン)が現れ、拳銃を渡され決闘する羽目になった。だが決闘開始直前に町をタカが襲撃してビルは逃げ出す。ランゴは逃げ回り、そして運良く空の給水塔を倒壊させてタカを潰した。この活躍により、ランゴは町長(ネッド・ビーティ)から保安官に任命された。住民たちはこれまで天敵のタカを恐れて町に来なかったガラガラヘビのジェイクの襲来を恐れつつ、水不足問題の解決を新たな保安官に期待した。

キャスト[編集]

役名 原語版声優 日本語吹替
ランゴ ジョニー・デップ 平田広明
マメータ(ビーンズ) アイラ・フィッシャー 東條加那子
プリシラ アビゲイル・ブレスリン 宇山玲加
町長 ネッド・ビーティ 玄田哲章
ロードキル アルフレッド・モリーナ 山路和弘
死神ジェイク ビル・ナイ 多田野曜平
西部の精霊 ティモシー・オリファント
バルサザー ハリー・ディーン・スタントン 糸博
バッド・ビル レイ・ウィンストン 辻親八
ドク スティーヴン・ルート 山野史人
メリマック 茶風林
スナグルズ 丸山壮史
アンブローズ イアン・アバークロンビー 牛山茂
傷ついた鳥 ギル・バーミンガム 高階俊嗣
ラッキー メイル・フラナガン ゆきじ
ワッフルズ ジェームズ・ウォード・バーキト 高木渉
パパ・ジョード 紺野相龍
アンジェリーク クローディア・ブラック 田中敦子
ビュフォード ブレイク・クラーク 森山周一郎
エルギン ジョン・コスラン・Jr 内田直哉
デリラ パトリカ・ダルボ 行成とあ
メイベル 田村聖子
フラン ジョージ・デルホヨ 田原アルノ
エルボーズ チャールズ・フレイジャー 佐藤せつじ
ボニー ベス・グラント 堀越真己
ジェディディア ライアン・ハースト 下山吉光
エゼキエル ヴィンセント・カーセイザー 桐本琢也
スプーンズ アレックス・マヌージャン 納谷六朗
ロックアイ ジョー・ヌネズ 斎藤志郎
スタンプ クリス・パーソン 田久保修平
ファーガス リュー・テンプル 青山穣
メロニー キム・ホワイトリー 仲村かおり
ターリー軍曹 ゴア・ヴァービンスキー ふくまつ進紗
クレヴィス 吉開清人

製作[編集]

本作はパラマウント映画が配給、ニコロデオン・ムービーズゴア・ヴァービンスキーの製作会社のブラインド・ウィンク、及びグレアム・キングのGKフィルムズが製作した。CGIアニメーションインダストリアル・ライト&マジック(ILM)が制作した。ILMがアニメ映画を手掛けるのは初めてのことである[2]。これまで実写作品を撮ってきたヴァービンスキー監督にとっては初めてのアニメ映画となる。音声を録音する際、俳優たちには「大西部を感じさせる手助けをするため」に衣裳をセットが与えられた。大作『パイレーツ・オブ・カリビアン』三作を手がけたヴァービンスキーは、『ランゴ』では「小規模」にしようと試みていたが、アニメ映画は予想以上に手間と時間がかかるものであったと彼は語った[3][2]

本作には、『腰抜け二挺拳銃』、『荒野の用心棒』、『チャイナタウン』、『続・夕陽のガンマン』、『ウエスタン』、『キャット・バルー』、『赤ちゃん泥棒』、『ラスベガスをやっつけろ』などの多数の西部劇やその他ジャンルの映画の引用がある[4]

マーケティング[編集]

『ランゴ』のティーザー予告は2010年6月9日に公開された[5][6][7]。2010年6月28日にはランゴが写った第1弾ポスターが公開された[8]。2010年6月29日、2分に及ぶ予告編第1弾が公開された[9][10]。2010年12月14日には別の予告編が公開された[11]。2011年2月6日の第45回スーパーボウルでは30秒のスポットが流された[12]

評価[編集]

批評[編集]

『ランゴ』は批評家に好感触を得た。Rotten Tomatoesでは199個の評論家レビューのうち、88%が肯定的なものであった[13]。また、Metacriticでは35個のレビューで平均は75点であった[14]。『タイム』のリチャード・コルリスは、「知識豊富なユーモア」に讃辞を送り、声優たちを「完璧である」と述べた[15]。『シカゴ・サンタイムズ』のロジャー・イーバートは4つ星満点を与えた[16]

興行成績[編集]

2011年10月24日までに北米で1億2325万7581ドル、その他で1億1934万8156ドル、全世界で2億4260万5737ドルを売り上げている[1]。2011年公開作品としては『SUPER8/スーパーエイト』に次いで16位の成績である[17]

アメリカ合衆国カナダでは3917劇場で公開され、初日に960万8091ドル、初週末3日間で3807万9323ドルを売り上げ、ランキングで初登場1位となった[1]。また他33カ国でも同時公開され、週末に1677万243ドルを売り上げた[18]。2011年3月26日に北米興行収入は1億ドルに達した。2011年に北米で1億ドル突破した作品は本作が初めてである[19]

本作の成功を受け、2012年にドリームワークス・アニメーションとの配給契約が切れるパラマウント映画は新たに独自のアニメ部門を立ち上げる計画を発表した[20]

受賞歴[編集]

部門 候補者 結果
ティーン・チョイス・アワード[21] アニメ声優賞 ジョニー・デップ 受賞
ピープルズ・チョイス・アワード アニメ映画声優賞 ジョニー・デップ 受賞

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Rango (2011)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年2月27日閲覧。
  2. ^ a b Moody, Annemarie. "ILM Jumps to Features with Rango", Animation World Network, September 12, 2008. WebCitation archive.
  3. ^ Vejvoda, Jim. What Exactly is Rango?", IGN.com, June 30, 2010. WebCitation archive
  4. ^ Breznican, Anthony (2011年3月6日). “Johnny Depp's 'Rango': Its top six riffs on classic movies”. Entertainment Weekly. 2011年4月30日閲覧。
  5. ^ O'Hara, Helen. "First Baffling Rango Glimpse Is Here", Empire, June 09, 2010. WebCitation archive.
  6. ^ Gallagher, Brian. "Rango Announcement Teaser and Official Site Launch", MovieWeb.com, June 09, 2010. WebCitation archive.
  7. ^ Rango – Movie Trailers – iTunes
  8. ^ Billington, Alex. "Posters: Introducing: Johnny Depp as a Western Chameleon in Rango!", FirstShowing.net, June 28, 2010. WebCitation archive.
  9. ^ Young, John. "'Rango': A peek behind the scenes of Johnny Depp's epic lizard western", Entertainment Weekly, June 30, 2010. WebCitation archive.
  10. ^ "Rango Trailer Online: Fear, loathing and guitar-playing owls", Empire, 29 June 2010. WebCitation archive.
  11. ^ Raup, Jordan. "Theatrical Trailer For Gore Verbinski's 'Rango' Starring Johnny Depp", TheFilmStage.com, December 14, 2010. WebCitation archive.
  12. ^ "Rango (Big Game Spot) (2011)", VideoDetective.com, February 7, 2011. WebCitation archive.
  13. ^ Rango”. Rotten Tomatoes. 2011年10月24日閲覧。
  14. ^ Rango at Metacritic
  15. ^ Corliss, Richard. "Rango Review: Depp Plays Clint the Chameleon in Year's Coolest Film", Time, March 14, 2011
  16. ^ Ebert, Roger. Rango (review), Chicago Sun-Times, March 2, 2011
  17. ^ 2011 WORLDWIDE GROSSES”. Box Office Mojo. 2011年10月24日閲覧。
  18. ^ Segers, Frank. “'King's Speech' Nabs No. 1 at Int'l Weekend Box Office With $19.4 Million”. The Hollywood Reporter. 2011年3月9日閲覧。. WebCitation archive.
  19. ^ Weekend Report: 'Wimpy Kid' Blindsides 'Sucker Punch'
  20. ^ Semigran, Aly (2011年7月6日). “Riding high off the success of 'Rango,' Paramount Pictures to launch in-house animation division”. Entertainment Weekly. http://insidemovies.ew.com/2011/07/06/paramount-pictures-animation/ 
  21. ^ Ng, Philiana (2011年7月19日). “Teen Choice Awards 2011: 'Pretty Little Liars,' Rebecca Black Added to List of Nominees”. ハリウッド・リポーター. 2011年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月27日閲覧。

外部リンク[編集]