SUPER8/スーパーエイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SUPER8/スーパーエイト
Super 8
監督 J・J・エイブラムス
脚本 J・J・エイブラムス
製作 スティーヴン・スピルバーグ
J・J・エイブラムス
ブライアン・バーク
製作総指揮 ガイ・リーデル
出演者 ジョエル・コートニー
エル・ファニング
音楽 マイケル・ジアッキーノ
撮影 ラリー・フォン
編集 メリアン・ブランドン
メアリー・ジョー・マーキー
製作会社 バッド・ロボット・プロダクションズ
アンブリン・エンターテインメント
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年6月10日
日本の旗 2011年6月24日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $50,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $127,004,179[1]
日本の旗 17.2億円[2]
世界の旗 $259,936,677[1]
テンプレートを表示

SUPER8/スーパーエイト』(Super 8)は、2011年公開のSF映画監督脚本製作J・J・エイブラムス。他に、スティーヴン・スピルバーグブライアン・バークがプロデューサーとして参加。

ストーリー[編集]

1979年オハイオ州。ある夜、主人公・ジョー・ラムを含む6人は、自主制作のゾンビ映画を作るため、スーパー8mmカメラを持って線路のすぐ近くで撮影をしていた。しかし、映画の撮影中に線路上でアメリカ空軍の物資を運んでいた貨物列車と線路を走っていた一台の車が激突し、後の大事故となる。列車が大炎上するほどの大事故であったが、ジョー達は奇跡的に全員無事であった。

電車に衝突した車の運転手、ジョー達の通う学校の生物教師であるウッドワードは、ジョー達に「今見たことを決して誰にも言ってはいけない。そうしなければ君達と、君達の親も殺される」と意味深な言葉を残したが、その言葉の真意はわからないまま時間は過ぎていった。そして、その夜から街では、住民が失踪、犬が逃げ出す、停電が続くなどの奇怪な事件が続出し、仲間のアリスも何者かに攫われてしまった。

騒動の原因であると推測された貨物の正体はジョー達が撮影した映画に偶然映っており、それを知ったジョー達は謎を解明するために学校へ忍び込み、ウッドワードの記録を辿る。記録では謎の貨物の正体とは高度な技術と超能力を持った宇宙人であった。ウッドワードはそれの研究機関の一員であり、その宇宙人を軍の手から離そうと考えていたのである。

アリスを攫った者の正体を知ったジョー達は、アリスを探すために街で調査を行い、列車から脱走した貨物、すなわち宇宙人の隠れ家を発見する。宇宙人はそこで捉えた人間を食し、地球から出るための準備をしていた。そこにはアリスもとらわれており、間一髪でアリスを救出できたジョー達は地上へ。

ジョー達が地上へ出た頃に宇宙人は既に地球から出るための準備を完成させており、地球を脱出した。アリスは父と、ジョーも父と再会を果たし、親子としてもそこに邂逅があった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジョー・ラム ジョエル・コートニー 本城雄太郎
アリス・デイナード エル・ファニング 小幡真裕
チャールズ・カズニック ライリー・グリフィス 宮坂健太
ケアリー ライアン・リー 高田優輝
マーティン ガブリエル・バッソ 小林廉
プレストン ザック・ミルズ 小清水一揮
ジャック・ラム カイル・チャンドラー 木下浩之
ルイス・デイナード ロン・エルダード 松山鷹志
ネレク大佐 ノア・エメリッヒ 大川透
ウッドワード グリン・ターマン 楠見尚己 
ダニー デヴィッド・ギャラガー 佐藤せつじ
カズニック夫人 ジェシカ・タック 寺内よりえ
カズニック氏 ジョエル・マッキノン・ミラー 石住昭彦
プルイット保安官 ブレット・ライス 金子由之
マキャンドレス トム・クイン 後藤哲夫
ロスコ マイケル・ヒッチコック 丸山壮史
オーバーマイヤー リチャード・T・ジョーンズ 斉藤次郎
バビット夫人 テリ・クラーク 込山順子
ジェン アマンダ・ミシェルカ 東條加那子
ブリーン ボー・ナップ 粟野志門 
ティナ ケイティー・ロウズ 藤本教子
ルーニー トーマス・F・ダフィー 玉野井直樹
ヘルナンデス マルコ・サンチェス 広田みのる
ペグ ブリット・フラトモ 嶋村侑
イーディ デイル・ディッキー 片貝薫
ミルナー ベン・ギャビン 茶花健太
タリー ジェームズ・ハーバート 松本忍
ブレークリー ジャック・アクセルロッド 真田五郎
イジー ダン・カステラネタ 安達貴英
ベンジー ジェイド・グリフィス 安蒜太人
女性キャスター アマンダ・フォアマン 小林美奈
クーパー ブルース・グリーンウッド[3]

製作[編集]

エイブラムスによると、時代設定は1979年であり、スピルバーグがアンブリンで1970年代から1980年代に監督した『未知との遭遇』や『E.T.』といったSF映画に対するオマージュないしはトリビュート的な作品である[4]。ストーリーはエイブラムスとスピルバーグが共同で作成した[5]

時代を反映する要素として、1970年代のアメリカのポピュラー音楽が劇中で多用されているほか、冷戦にまつわるソビエト連邦への不信感や、ヒッピーなどに関する描写もある。また、作中のニュースでスリーマイル島原子力発電所事故に言及している場面もある。ちなみに、ルービックキューブも出て来るが、アメリカでの実際の発売は1980年である。

当初、2008年の映画クローバーフィールド/HAKAISHA』の続編か前章になると報道された[6]が、エイブラムスはすぐさまそれを否定した[7]

予告編の映像は同年4月に撮られた[8]

本撮影は2010年9月にウェストバージニア州で始まった[9]

公開[編集]

2010年5月7日にアメリカで公開された映画『アイアンマン2』で、ティーザー予告が初上映された[10]。2月6日の第45回スーパーボウルのテレビ中継時には30秒のスポットが流れた[11]。2011年3月11日、twitter及び同日に北米で封切られた『世界侵略: ロサンゼルス決戦』の上映時にて新たな予告編が公開された[12]。またその夜にはポスターと壁紙が公開された[13]。北米公開日は2011年6月10日、[14]。日本公開は2011年6月24日。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Super 8 (2011)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年6月1日閲覧。
  2. ^ 2011年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  3. ^ Rich, Katey (2011年6月13日). “Bruce Greenwood's Secret Role In Super 8 Revealed”. Cinema Blend. 2011年6月13日閲覧。
  4. ^ Everything We Know About JJ Abrams' Super 8 (So Far)” (英語). /Film (2010年5月6日). 2010年5月20日閲覧。
  5. ^ A Shot by Shot Description of the SUPER 8 Teaser Trailer; Steven Spielberg Is Producing, J.J. Abrams Is Directing” (英語). Collider (2010年5月4日). 2010年5月20日閲覧。
  6. ^ We've Got Details on J.J. Abrams's Secret Movie Trailer for Super 8” (英語). New York (2010年5月4日). 2010年5月20日閲覧。
  7. ^ J.J. Abrams's Cloverfield-esque Super 8 Has ‘Absolutely Nothing to Do With Cloverfield’” (英語). New York (2010年5月5日). 2010年5月20日閲覧。
  8. ^ We have the details on the spooky Abrams-Spielberg project” (英語). heatvisionblog (2010年5月6日). 2010年5月20日閲覧。
  9. ^ J・J・エイブラムス監督&S・スピルバーグ製作SF「Super 8」、キャストが明らかに”. allcinema (2010年9月21日). 2011年2月11日閲覧。
  10. ^ QuickTime HD Trailer Debut for J.J. Abrams' Secret Alien Project 'Super 8'!!
  11. ^ Super 8 Super Bowl Trailer Breakdown” (英語) (2011年2月7日). 2011年2月11日閲覧。
  12. ^ J.J. Abrams’ ‘Super 8′ Theatrical Trailer” (英語). The Film Stage. 2011年3月30日閲覧。
  13. ^ J.J. Abrams’ ‘Super 8′ Poster” (英語). The Film Stage. 2011年3月30日閲覧。
  14. ^ Super 8 Viral Marketing Ramps Up” (英語) (2010年7月16日). 2011年2月11日閲覧。

関連項目[編集]

  • ゾンビ (映画):作中に本作のポスターが登場。主人公達が作っていた自主制作のゾンビ映画の中に監督のジョージ・A・ロメロに由来する名前の会社が登場する。
  • ハロウィン (映画):1作目のポスターが作中に登場。
  • スリーマイル島原子力発電所事故:作中にこの事故に関連したニュースがテレビやラジオで放送されている。
  • エリア51
  • Portal 2:ゲーム付属のおまけとして、Super8のインタラクティブトレーラー(予告編の中の人物を操作して、別視点から予告編を見ることができるという内容のトレーラー)が入っている。

外部リンク[編集]