ニコラス・ケイジのウェザーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニコラス・ケイジのウェザーマン
The Weather Man
監督 ゴア・ヴァービンスキー
脚本 スティーヴン・コンラッド
製作 トッド・ブラック
ジェイソン・ブルメンタル
スティーヴ・ティシュ
製作総指揮 ウィリアム・S・ビーズレイ
ノーマン・ゴライトリー
デヴィッド・アルパー
出演者 ニコラス・ケイジ
マイケル・ケイン
ホープ・デイヴィス
音楽 ハンス・ジマー
撮影 フェドン・パパマイケル
編集 クレイグ・ウッド
製作会社 エスケイプ・アーティスツ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年10月28日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $22,000,000[1]
興行収入 $19,039,770[1]
テンプレートを表示

ニコラス・ケイジのウェザーマン』(The Weather Man)は、2005年に製作されたゴア・ヴァービンスキー監督、ニコラス・ケイジ主演の人間ドラマである。

日本では劇場未公開。

概要[編集]

パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで知られる映画監督ゴア・ヴァービンスキーの作品である本作。『パイレーツ~』とはガラッと雰囲気が変わり、しっくりこない人生に肩を落とす気象キャスターの主人公の悲喜こもごもな日常を静かかつユーモラスに綴っている。主演にはアクションからシリアスな映画まで役をこなす実力派俳優のニコラス・ケイジ。その他、アカデミー賞受賞俳優のマイケル・ケインが彼の父親役を静かに演じて、雰囲気を盛り上げている。

あらすじ[編集]

シカゴの地元テレビ局で気象キャスターとして働くデイヴィッド・スプリッツ(ニコラス・ケイジ)。そこそこのギャラを稼ぎ、一見すると勝ち組に分類されるはずなのだが、町中では意味もなくファーストフードを投げつけられ、妻のノリーン(ホープ・デイヴィス)とは別居状態。おまけに有名作家である父のロバート(マイケル・ケイン)からは認められもせず、無機質なパッとしない毎日を送るデイヴィッドは自分に滅入っていた。しかしそんな彼に朗報が舞い込む。ニューヨークのテレビ局の全国ネット番組のウェザーニュースのオーディション話が来たのだ。これを機に家族との絆を取り戻そうと、ノリーンの元へ向かうが、ノリーンにはすでに新しい恋人がいた。娘のシェリー(ジェメンヌ・デ・ラ・ペーニャ)と息子のマイク(ニコラス・ホルト)との関係もどことなくぎくしゃくとしており、子供達も子供たちでそれぞれの問題を抱えていた。不器用な父親でありながらも、自分なりに奮闘してデイヴィッドは徐々に子供たちとの関係を築き始めていく。ことが好調に進み始めたころ、父親が病気であることを知る。

スタッフ・キャスト[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:ゴア・ヴァービンスキー
  • 製作総指揮:ウィリアム・S・ビーズレイ、ノーマン・ゴライトリー、デイヴィッド・アルパー
  • 製作:トッド・ブラック、ジェイソン・ブルメンタル
  • 脚本:スティーヴ・コンラッド
  • 音楽:ハンス・ジマー
  • 撮影:フェドン・パパマイケル
  • 編集:クレイグ・ウッド
  • 美術:トム・ダッフィールド

出典[編集]

  1. ^ a b The Weather Man (2005)” (英語). Box Office Mojo. 2010年11月16日閲覧。

外部リンク[編集]