ライオンと魔女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ライオンと魔女』(ライオンとまじょ、原題:The Lion, the Witch and the Wardrobe )は、C・S・ルイスによる児童文学「ナルニア国ものがたり」7部作のうち、最初に執筆・出版された作品。1950年に出版された。ナルニア年代記として時系列順にみると、『魔術師のおい』に続いて2番目にあたる。原題を直訳すれば「ライオンと魔女と衣装箪笥」である。岩波書店から出版されている日本語版の翻訳は瀬田貞二による。

概要[編集]

戦乱を避け田舎に疎開したペベンシー家の4人きょうだいは、疎開先の古い屋敷の空き部屋にあった衣装ダンスから別世界の国・ナルニアに引き込まれる。そこは魔法が生き、けものたちがしゃべり、神話的生き物や妖精の住む世界であった。子供たちは不思議なライオン、アスランに導かれてナルニアを支配する白い魔女から住人たちを解放しようと奮闘する。

『ライオンと魔女』をはじめとする「ナルニア国ものがたり」は聖書を下敷きとしており、ライオンはキリストの、きょうだいを裏切って魔女の手に渡そうとする弟エドマンドは“罪を犯す人間”のメタファーになっている。また物語では「予言」が大きな役割を果たす。魔女の支配が打ち破られる条件の予言、ナルニアの解放と救い主であるアスラン到来の予言、裏切りの贖いに関する予言など。しかし説教くささはなく、幻想的な冒険物語となっている。

ルイスは、当初『ライオンと魔女』の続編を書くつもりはなかったが、出版社や読者の要望を受けてシリーズ化したと言われている。『ライオンと魔女』は、友人の娘であるルーシィ・バーフィールドに捧げられている。

登場人物[編集]

  • ペベンシー家のこどもたち
    • ピーター:「アダムのむすこ」長男。
    • スーザン:「イブのむすめ」長女。
    • エドマンド:「アダムのむすこ」二男。
    • ルーシィ:「イブのむすめ」二女。
  • 学者先生(ディゴリー・カーク):4人が疎開のために預けられた屋敷の主人。最初にナルニアに行った一人。
  • タムナス:フォーン。ルーシィを見逃したために魔女ののろいを受けて石にされる。
  • アスラン:ライオン、「海のかなたの大帝の息子」でナルニアの創造主、「王の王」。救い主としての登場、受難、復活はキリストのメタファ。
  • 白い魔女(Jadis):ナルニアを冬に閉じ込めている支配者。
  • サンタクロース:白い魔女が冬をもたらしたため、ナルニアのある世界から締め出されていた。

日本語版[編集]

映画[編集]

ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女を参照。

ラジオドラマ[編集]

ニッポン放送で、2005年12月26日から30日まで23:00-24:00に朗読劇の特別番組が放送された。ルーシー役は本仮屋ユイカが演じた。